【リレーアタック対策】国産車メーカーそれぞれの防止策は?

リレーアタックの被害がテレビなどで
報道されているけど、うちの車は国産車で
なにか対策をした方がいいのかなぁ。

簡単に出来る対策とかあるかなぁ。

スポンサードリンク

【リレーアタック対策】国産車メーカーそれぞれの防止策は?

国産車メーカーそれぞれの車種に対する
リレーアタックの対策方法をしらべました。

各社、ともに共通する部分が多く
どれも簡単です。

なお、リレーアタックの手口についての
詳細は別ページで解説していますので、

そちらを御覧ください。

リレーアタックの手口と簡単な対策5選

スポンサードリンク

リレーアタック対策 スズキ車の場合

スズキ車のリレーアタック対策を行うには、
解錠の元となるスマートキーの電波を遮断するのが、
現実的かつ効果的な方法です。

具体的には、電波を遮断するポーチなどに
スマートキーをしまうのがベストで、
リレーアタック防止用の商品が市販されています。

スマートキーはコンパクトサイズなので、
専用のポーチ以外にも収まりますが、
やはり簡単かつより確実な方法を選ぶなら、
市販の電波遮断ポーチに入れるのがベストです。

電波遮断ポーチを使用する際は、
実際に車のドアの前に立って、スマートキーが
反応しないかチェックする必要があります。

もしもの事態に効果がなければ
意味がありませんから、

対策を行う時は必ずテストを行いましょう。

手元にグッズがない、でも今直ぐ対策する
必要がある場合は、蓋つきの空き缶でも

代用できるので、こういったアイテムを
使うのも1つの手です。

スポンサードリンク

リレーアタック対策 三菱車の場合

リレーアタック対策の基本は電波の遮断なので、
三菱車もやはり電波遮断を行うのが理想的です。

ポーチに入れたり空き缶を使うのも良いですが、
ハンドルロックのようなアイテムを使うのも良い方法です。

ハンドルロックは文字通り、ハンドルを
物理的にロックして動かなくするもので、

アナログながらもセキュリティレベルの
向上に有効です。

ただ、車ごと牽引される盗難には無効ですから、
あくまでもリレーアタック対策として
検討するのが賢明だといえます。

強引な盗難の対策も行うのであれば、
スマートキーと連動するセキュリティ向上も
一緒に行うのが良いでしょう。

正規の手順以外で解錠したり、
大きな振動を与えるとサイレンがなるので、
盗難防止にとても効果的です。

スマートキーの電波遮断と並行して
対策を行えば、相乗的に更に優れた効果が得られます。

スポンサードリンク

リレーアタック対策 ホンダ車の場合

リレーアタックへの対応は手間が掛かるものですが、
ホンダ車の場合も面倒がらずに対策を講じることが不可欠です。

電波を遮断するポーチや空き缶に入れたり、
スマートキー連動セキュリティの搭載も基本ですが、

いわゆるアルミホイルで包むという方法も
同様に役立ちます。

一見するとスマートには思えませんし、
決して格好良くはありませんが、

しかし対策としては非常に現実的です。

ポイントは、複数枚を重ねて
スマートキー全体を包むこと。

そして電波を発信する部分に穴を開け、
カバーするように同じくアルミホイルで
フタを作ります。

格好良さはないので人前では
使いにくいものの、

大切な愛車のホンダ車を守る効果は優れます。

盗難目的のリレーアタックは、
何が何でも車を奪おうとする人達が
編み出した悪知恵で、

対抗しても対応してくるのが特徴です。

ところが、スマートキーから電波が
発信されなければこの悪知恵は使えませんから、

やはり根本的な対策が重要というわけです。

スポンサードリンク

リレーアタック対策 マツダ車の場合

マツダ車でリレーアタック対策をするには、
小物を入れるポーチを電波遮断タイプにするか、

キーケースをスマートキー対応のものを
選ぶのが基本です。

あるいは、スマートキーの電池を抜いて
電波を止め、使えなくしてしまうようにすると、
リレーアタックは完全に無効化されます。

それでも物理的に牽引する盗難には無力ですから、
マツダ車も追加のセキュリティアイテムで
対応する必要性が高まります。

各種のセンサーで異常を感知して知らせる機能は、
強引な手口の盗難に有効な対策で、
隙を作らない1つの方法となります。

いずれかの方法だけでは、残念ながら
不十分でリスクが残りますが、

このように併用することで
対策効果がアップします。

盗難を目論む悪人は何処に潜んでいても
おかしくないですし、

車を降りて離れた直後にリレーアタックを
仕掛けるケースもあるので、

常に警戒を心掛けて油断しないことが大切です。

スポンサードリンク

リレーアタック対策 スバル車の場合

スバル車でリレーアタック対策をしたい。

そういう時は純正のスマートキー連動
セキュリティユニットを搭載した上で、

電波遮断も行うのが合理的です。

スマートキー連動セキュリティユニットは、
スバルに限らず各社が販売していますし、

市販の社外品もありますが、
無難なのは純正品を選ぶことです。

純正品ならほぼ確実にリレーアタック対策効果が
発揮される上に、メーカーが効果や有用性を
保証してくれるので安心です。

後はスマートキーのロックボタンを押しながら
解除ボタンを2回押して、

インジケータが4回点滅すると
ドアノブにロックが掛かります。

この状態だと電波が発信されなくなりますから、
覚えておくと気軽に対策できるので便利です。

ただし、うっかり電波OFFを忘れると
気づかない内に車が盗難に遭うリスクが高まるので、

確実性を高めるにはポーチなどの
物理的な電波遮断が必要です。

関連記事⇒リレーアタックの手口と簡単な対策5選
関連記事⇒トヨタ ハリアーのリレーアタック防止策
関連記事⇒リレーアタック対策缶の材質にブリキは本当に有効か?
関連記事⇒リレーアタックを缶で防げるのか?調べてみた
関連記事⇒家の鍵がLIXILリシェントの場合、リレーアタックされるのか?
関連記事⇒【リレーアタック対策】外車におけるそれぞれの防止策とは

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA