【リレーアタック対策】外車におけるそれぞれの防止策とは

リレーアタックの対策は外国の車だと
国産車と違ってくるのかな?

すでに対応済みのスマートキーだったり
するのだろうか?

スポンサードリンク

【リレーアタック対策】外車におけるそれぞれの防止策とは

有名な外国産車のメーカーでは、すでにリレーアタックに対応している
スマートキーだったり対策装置が入っているメーカーもありました。

リレーアタックの対策自体は電波を遮断するようにすれば
問題ないので、ご自身でできるのですが、

メーカーがすでに対応しているのは嬉しいですね。

各社、どのようになっているか調べました。

ちなみにリレーアタックの簡単な対策は
別記事に書いています。

リレーアタックの簡単な対策5選

スポンサードリンク

リレーアタック対策 BMWの場合


自動車の盗難方法の1つである「リレーアタック」は、スマートキーを制御するスマートキーリレーに攻撃を与えることで、純正キーレス連動機能を持っているセキュリティーは簡単に解除されてしまいます。BMWのリレーアタック対応機能は現時点で搭載されていないため、所持しているオーナー自身で対処を行う必要があります。純正のスマートキーは電波を盗まれないように電波を通さない専用の箱に収めておくことが大切ですし、市販されている携帯電話を圏外にするためのアイテムなども有効だとされています。
BMWは輸入車などを使用している方も多いため、左ハンドル仕様のタイプが多いです。左ハンドルは特にスマートキーリレーを利用した盗難の被害にあいやすいといわれているので、電波を飛ばさない対策と同時に、ブレーキペダルとハンドルを固定してロックする専用のセキュリティ商品を利用することが対策として効果的です。

 

スポンサードリンク

 

リレーアタック対策 アウディの場合

自家用車がアウディを利用しているというご家庭は多いですが、リレーアタックによる自走盗難を防ぐ対策として「暗証コード式デジタルキーパッド」を装備する方法が注目されています。この暗証コード式デジタルキーパッドとは、エンジンを始動する前にキーパッドに任意で設定した暗証コードを入力します。LEDの点滅が早くなることで、その間にエンジンが始動することが出来る仕組みとなっています。入力が違ってしまうともちろんエンジンをかけることができないので、自走で盗難されてしまうトラブルを未然に防ぐことが出来るメリットがあります。純正のスマートキーリモコンの電波を飛ばさないように、個別に対処をする方法と合わせて、車のエンジンをかけられないように二重に対策をとっておくことで、大切なアウディの車を自分でしっかり守ることが出来るようになります。

スポンサードリンク

 

リレーアタック対策 メルセデスの場合

メルセデス・ベンツで使用されているキーレスゴーはリレーアタックの問題の対処として、2018年7月以降に生産された新車のキー又は、新型Aクラスには、キーが置かれた後に約2分経過すると自動でキーから電波を発信しなくなる機能が内蔵されているので、自宅にそのまま置いてある場合は盗難の心配を防ぐことが出来ます。これはドアロックに関する機能停止によって起こっており、1時間半後にエンジン始動を制限する機能も搭載されています。そのためインストルメントクラスタに「キーを認識できません」と表示されていると、エンジン停止状態から始動しようとした場合に、エンジンがかからない状態になります。再度エンジン起動をする場合には、場所を動かすか指定の場所に置く頃によって機能が解除される仕組みです。
旧タイプを利用している場合は鍵自体を電力消費低減モードにすることや、金属製のボックスに入れて対策をすることが大切になります。

スポンサードリンク

リレーアタック対策 フォルクスワーゲンの場合

フォルクスワーゲンのリレーアタック対策方法には、通常使用しているスマートエントリー機能をオフにすることで、電波受信を防ぐ効果があるといわれています。スマートエントリー機能のオフ方法はキーの施錠ボタンでドアロックをかけてから、5秒以内に車両のドアハンドルの施錠センサーをタッチすることで、スマートキーを所持していてもドアハンドルの施錠・解錠センサーが反応しなくなります。通常の動作に戻したいと言う場合には、キーの解錠ボタンでロック解除をするだけなので、簡単にリレーアタック対策を行うことが出来ます。
他にもスマートキーの電波を物理的に遮断する方法として、市販されている電磁波遮断ポーチを用意してポーチの中にスマートキーを入れておくと効果的に電波を遮断することが出来るので安心です。ポーチ型の携帯灰皿でも効果があるといわれています。

スポンサードリンク

リレーアタック対策 フィアットの場合

フィアットのリレーアタック対応機能は現時点で搭載されていないため、所持しているオーナー自身で対処を行う必要があります。この車種は一部の車を除きスマートキー採用の車が増えてきているため、キーが放っている常時微弱な電波を利用し中継機を使ってドアを開けて、エンジンをかけ自走盗難を行うリレーアタックの盗難被害が近年問題になってきています。
そこでフィアット所持のオーナーが行うべきなのが、普段使用しているスマートキーの電波を直接遮断してしまうためにも電磁波遮断ポーチを用意してキーを入れておくか、スチール缶などの金属の入れ物の中に入れておくと、電波ジャックを未然に防ぐことが可能です。また二重の対策としてハンドルロックを行っておくことも盗難を防ぐ対策として効果的なので、カー用品店で利用しやすい商品を選んでおくことをおすすめします。

関連記事⇒リレーアタック 簡単な対策 5選

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA