海洋プラスチックゴミ問題の原因と対策について調べた。きっと解決できます!

海洋プラスチックゴミ問題が近年、
国際的な課題となっています。

日本政府は使い捨てプラスチック製品の
削減や再利用を徹底する総合的な戦略

「プラスチック資源循環戦略」の策定を
急いでいますが、

海洋プラスチックゴミ問題とは
どのようなものか、

またその対策などを調べてみました。

スポンサードリンク

海洋プラスチックごみ問題について

海洋プラスチックのゴミ問題は
今世界中で話題にあがっています。

プラスチックは自然界には存在しないもので、
自然と調和することはない物質です。

人間が人工的に生み出したもので、
本来は存在するはずがないものです。

プラスチックは非常に便利で加工しやすいものなので、
様々な業界で利用されています。

コンビニエンスストアやスーパーの包装、
お弁当の箱、ペットボトルやストローなども
全てプラスチックを使用しています。

これらのゴミを海に廃棄したりすることで
海は汚れていき、水質汚染にもつながります。

プラスチックゴミが原因で魚やサンゴ礁などにも
悪影響を与えていて、

自然界は今までになかったトラブルが起きています。

魚は餌と間違えて飲み込んでしまったり、
サンゴ礁はプラスチックごみによって傷が付いたり、
病気に感染することがあります。

特に紫外線などで劣化したプラスチックは
海の生物に悪影響を与えるので、

プラスチックゴミを取り除くだけではなく、
プラスチックの使用自体を控える必要があるでしょう。

スポンサードリンク

プラスチックゴミ問題の対策

今行われている対策としてはストローの廃止です。

ストローは飲み物を飲む時に
口元を気にしないので便利ですが、

なくても問題ないものなので
廃止していこうという動きになってます。

ストローを廃止するかわりに
害のない素材を使用したストローの普及や、

my箸のように自分だけのものを持つことで
ごみを減らすことが出来ます。

プラスチックは便利で使い勝手が良いので、
あっという間に普及して

今は当たり前のようみんなが使っていますが、
これからは徐々に減らしておく方向に世界が動いていきます。

それと同時にごみ自体の数を
減らすことも大切になります。

無駄な包装はなくしていき、
買い物した時はビニール袋を使うのではなく、

自分で入れ物を用意することが
当たり前になっていくことでしょう。

このような運動は日本よりも
ヨーロッパで進んでいて、

環境を考えてごみを出さない運動を
積極的に行っています。

スポンサードリンク

今後、期待される「生分解性プラスチック」

海洋プラスチックごみ問題の根本原因としては
プラスチックが自然界で分解されないことも
一つの要因です。

その対策としては「生分解性プラスチック」への期待が
高まっています。

生分解性プラスチックはトウモロコシなどの
植物油を原料に作られており、

微生物による分解が可能です。

ただ、現在はまだ高価で、通常のプラスチックの
3~5倍の値段になっています。

これがもっと大量生産されれば
ごみ問題も解決の方向に進むと思われます。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

感想

プラスチックの使用が減ると
産油国は嫌がるかもしれませんね。

しかし、環境問題は国際問題なので、
そういうのは無視して進めて欲しいです。

生分解性プラスチックやリサイクルなど
出来るところから進めていきましょう。

あと、お店などプラスチックの箸はやめて
日本の間伐材をつかった割り箸の復活も
良いかも知れませんね。

他に、マイストローなんてのも
意外で面白いですね。

流行るかも知れません。

 

最後まで読んでいただき
有難うございました!

スポンサードリンク

 

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA