リレーアタックを缶で防げるのか?調べてみた

リレーアタックについて、
盗難防止策として缶を使って電波を遮断して
リレーアタック防止にする方法について

詳しく調べてみました。

ちなみにリレーアタックをご存知なくて
ついでにリレーアタック対策も詳しく知りたい

という方はこちらの記事をご覧くさい。

リレーアタックの手口と簡単な対策5選

スポンサードリンク

リレーアタック防止策に使えそうな缶の種類

リレーアタックの対策に使えそうな缶の種類を
見てみましょう。

一般的にある缶は

『アルミ缶』『ブリキ缶』『スチール缶』

この3つです。

その缶の中でお菓子に多く使われているのは
『スチール缶』です。

 

飲料用に『アルミ缶』がよく使われていて

『ブリキ缶』はプランターなど、おしゃれな小物として
多く使われています。

 

どれも蓋付きの缶は密閉性があり、
とくにスチール缶はお菓子の劣化を防ぐために
よく用いられる缶の種類です。

スポンサードリンク

リレーアタック対策で使えそうな100均の缶

リレーアタックの対策で使えそうな缶で
100均の物といえば、

『蓋付きのもの』です。

ただし、塗装がされていない
蓋付きの物がおすすめです。

電波を防ぐには電気を通す必要が
ありますので、

塗装されているものは
選ばないでください。

あと、ガラスもだめです。

100均で有名な『セリア』でしたら

スズメッキのスチール缶がありましたので
そちらもおすすめです。

参照:https://iemonocatalog.com/coffee-cans-itemlist/

 

それと、100均の物はどうしても
作りが甘いので隙間がある事が多いです。

 

その時はアルミホイルで隙間を防ぎましょう。

 

スポンサードリンク

リレーアタック対策の缶でアルミは有効か?

リレーアタック対策でアルミの缶は使えるのか。

いろいろ調べたところ『使えます』

アルミは電気伝導率が高く、
電波を遮断してくれます。

ただし、一番の問題は
「隙間があるかどうか」です。

実際にリレーアタック対策として
アルミ缶を使用する場合には

必ず実験して見る必要があります。

アルミ缶に鍵を入れて、車に近づき
解錠できなければokですが、

もし、解錠してしまったら
アルミ箔で巻くなどして

隙間をなくす必要があります。

スポンサードリンク

リレーアタック防止策の缶でスチールは有効か?

リレーアタック盗難防止でスチール缶は使えるのか?

スチール缶はお菓子の保存容器としても
使われているので、

一番お手元にある可能性が高いです。

また、スチールはアルミほどではないですが
電気を通すので電波遮断に期待できます。

なので、リレーアタックの対策にスチール缶が
使えるのですが、

やはりここも『隙間の有無』が重要に
なってきます。

本来スチール缶は空気を通さず保存できるので
湿気対策にもなります。

ですが、運搬途中や様々な事を経由して
本体に歪みが生じて蓋との隙間が生じてしまうと

そこから電波が漏れ入ってしまいます。

なので、実際にスチール缶をリレーアタックの
対策として使用する際には

事前に試して見る必要があります。

実際にスマートキーをスチール缶に
いれてみて、

車に近づき解錠されなければ
問題なく使用できますが、

 

もし、解錠できてしまったら
アルミホイルで巻くなどして

隙間対策を施さなければいけません。

スポンサードリンク

リレーアタック対策に缶は効果なし?

リレーアタックの対策缶として

アルミ缶やスチール缶を使ったのだけど
実際に試してみると

解錠できてしまうことがあります。

これは、何度も申し上げている通り
缶の本体と蓋に隙間がある場合

そこから電波が漏れて入ってしまったのが
原因である可能性が高いです。

これを防ぐには、缶の蓋と本体に
アルミホイルを巻くなどして

隙間対策を施す必要があります。

蓋と本体にくまなく巻くことで
隙間を減らして電波を遮断しやすくなります。

ちなみにアルミテープは必ず
導電性アルミテープにしてください。

 

台所に貼るような一般的なものは
使わないでください。

一般的なアルミテープだと糊の部分が
電気を通さないので

あまり意味を持たないようです。

スポンサードリンク

リレーアタックを防止!缶 おすすめ

リレーアタックに対抗するために
金属缶がおすすめですが、

逆におすすめしない缶を言いますと
100均の缶はおすすめしません。

どうも作りがしっかりしていないので
スマートキーが反応する場合が多いようです。

 

 

先の動画では2重にして電波遮断できましたが、
100均の缶では電波遮断しきれない場合が多いようです。

おすすめは乾燥保存が前提のクッキー缶です。

いずれにしても動作確認する必要がありますが、
100均のものよりは気密性が高いです。

スポンサードリンク

まとめ

リレーアタックに対抗するために
金属缶は有効ですが、

隙間が空いていると電波が漏れますので
必ず動作確認が必要です。

キーが解錠してしまう場合は
アルミホイルで缶の蓋と本体を巻いて

隙間を少なくしていきましょう。

簡単にリレーアタックは防げますので
キチンと対処して愛車を守りましょう。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

関連記事⇒リレーアタックの手口と簡単な対策5選
関連記事⇒トヨタ ハリアーのリレーアタック防止策
関連記事⇒リレーアタック対策缶の材質にブリキは本当に有効か?
関連記事⇒家の鍵がLIXILリシェントの場合、リレーアタックされるのか?
関連記事⇒【リレーアタック対策】外車におけるそれぞれの防止策とは
関連記事⇒【リレーアタック対策】国産車メーカーそれぞれの防止策は?

 

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA