トヨタ ハリアーのリレーアタック防止策

トヨタ ハリアーのリレーアタック防止策をまとめました。

基本的な防止策は別記事を
参照してください

リレーアタックを用いた車の盗難自体は減ってきていますが、
特定車種を狙った事件はまだまだあるようです。

スポンサードリンク

電子キーを節電モードにする

基本的なリレーアタックの防止策は、電子キーから出る電波を
ケースやポーチなどで覆い、

電波を飛ばさない方法が主流ですが、
電子キーからでる電波そのものを

節電モードで抑えてしまうという方法です。

取扱説明書から節電モードの設定方法を
引用します。

電子キーの節電モードについて

節電モードに設定すると、
電子キーによる電波の受信待機を停止し、

電子キーの電池の消耗を抑えることができます。

電子キーの『ロックボタン』を押しながら
『アンロックボタン』 を2回押し、

電子キーのインジケータが4回光ることを
確認してください。

節電モード中は、
『スマートエントリー』『スタートシステム』を
使用できません。

節電モードを解除するには、電子キーの
いずれかのスイッチを押してください。

長期問使用しない電子キーは、
節電モードにしておくことをおすすめします。

 

これだと電池の節約にもなりますし、
なにより特別になにかを用意する必要がありません。
リレーアタックを防止するという点では、
一番簡単なおすすめの方法です。

 

スポンサードリンク

ハリアーの盗難防止イモビライザーでリレーアタックも防止

盗難防止イモビライザーでリレーアタックも防止出来ます。

有名な『VIPER』を設置すると
こんな感じで盗難が困難になります。

 

しかし、いくらイモビライザーを設置しても
外見からよく分かりませんね。

実際にリレーアタックによる盗難にあうと
警報音が本当にうるさいですし
近所迷惑にもなります。

差し支えなければ、まずは防犯ステッカーなどで
リレーアタックを行おうとする輩に対して
威嚇してみるのも良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

遠隔監視カメラで時々チェック

家に車を止めていても、いつリレーアタック窃盗の
プロが来るか分かりません。

駐車場に監視カメラの設置をおすすめします。

防犯で一番最強なのは、
常に監視されている状況でしょう。

ハンドルロック以外だと、
防犯カメラは最強ツールだと思います。

遠隔監視カメラ 一覧

 

スポンサードリンク

感想

ハリアーは盗難もそうですが、
車上荒らしも多いみたいですね。

トヨタ系で言えばプリウスとハイエースが
ダントツで多い車種ですが、

だからといってハリアーは
安心というわけではありませんので

何らかの対策は必要と思います。

毎年、盗難の多い都道府県は
次の10箇所です

茨城、大阪、千葉、愛知、埼玉
神奈川、栃木、三重、兵庫、東京

 

上記にお住まいの方は特に
注意が必要でしょう。

 

きちんと防止すれば
リレーアタックは怖くありません。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

関連記事⇒リレーアタックの手口と簡単な対策5つ

 

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA