リレーアタック対策缶の材質にブリキは本当に有効か?

リレーアタックという新しいクルマの窃盗方法が
話題です。

今まで力づくで盗んでいたものが、
技術の進歩で簡単になるという

皮肉なことですが。

そんなリレーアタック対策としてブリキ缶が
注目されていますが、本当に有効なのでしょうか。

スポンサードリンク

【リレーアタックとは】

スマートキーの機能を使った盗難方法です。
スマートキーは通信エリアを(70~100cm)しか届かない
電波を常に出していて、

車に近づきドアノブを触るとキーの有無を車が認識して、
ドアの解錠ができるとても便利な仕組みになっています。

その常に出ている電波を違法な中継器で増幅して
受信機に飛ばし、スマートキーから出ている電波と
同じ電波を受信機から出してドアを解錠し、
エンジン始動までしてしまうという盗難方法です。

当然ですがエンジンが始動してしまえば
そのまま自走で盗まれてしまいます。

(中略)

リレーアタックは買い物など外出先で狙われることも
多いとニュースなどで報道されていますが、
在宅中も外から電波を受信できてしまったら
簡単にエンジン始動までができてしまいます。

参照サイトhttp://www.trendworks.jp/

リレーアタック対策をしていないと
いつ愛車が盗まれてしまうのか
心配になってきますね。

ここではリレーアタック対策としてブリキ缶が
材質として使えるのかどうか調べてみました。

スポンサードリンク

【なぜブリキが電波を遮断するのか?】

リレーアタック対策として金属缶を
使われる人もいらっしゃいます。

ブリキに限らず電気を通す導体は
電波を遮断する能力が高いです。

その中でもリレーアタック対策缶として
使われるのはスチールとアルミですが、

腐食対策に塗料が塗ってあると
電気が通しにくくなり

電波の遮断性が落ちます。

リレーアタック対策缶として使うなら
できるだけ塗料が塗っていない
100均に売ってあるものがいいです。

スチールもブリキも電気を通しますが
ブリキは鉄にスズメッキしたものなので
電気伝導率の材質としては

ブリキに軍配があがりそうですね。

スポンサードリンク

【ブリキ缶で最適なサイズは?】

リレーアタック対策缶として使うなら
サイズというよりも隙間のある無しが
重要になってきます。

リレーアタック対策を缶で材質を
実証しているサイトを見かけますが、

おすすめはアルミ箔(アルミホイル)なので
100均で買ったブリキ缶にアルミホイルを巻いて

実際にスマートキーを入れて
車に接近した状態でも解錠されないことを
試されることをおすすめします。

ブリキ缶の蓋や本体にアルミホイルを巻いてみて
隙間をなくしリレーアタック対策できるよう
工夫してみましょう。

スポンサードリンク

【本当におすすめ素材はアルミホイル】

アルミホイルの電波遮断性は材質としてすごいです。
携帯電波を完璧に防いで圏外にすることも
できます。

ただ、ここでもリレーアタック対策としては
隙間が無いことが重要になってきますので

リレーアタック対策缶でおすすめするように
アルミホイルを巻いてみてください。

●ナニカで読んだか見たかしたんですが、アルミホイルでスマートフォンなどの端末を包むと、圏外にできるという話。試してみたら、あらホント、アッサリとスマートフォンが電波圏外となり、通話できなくなりました。アルミホイルやるな!
とかミョーに感心しました。
参照サイト:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/korekori/1012284.html

 

スポンサードリンク

まとめ

ブリキ缶はリレーアタック対策として有効なのですが
隙間があると、そこから電波が漏れてしまいますので

実際にご自身のスマートキーを使用して
解錠されないことを確認しないといけません。

解錠されてしまったら、アルミホイルで
隙間を埋めるように工作して

リレーアタック対策に万全になってください。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

関連記事⇒リレーアタックの手口と簡単な対策5選
関連記事⇒トヨタ ハリアーのリレーアタック防止策
関連記事⇒リレーアタックを缶で防げるのか?調べてみた
関連記事⇒家の鍵がLIXILリシェントの場合、リレーアタックされるのか?
関連記事⇒【リレーアタック対策】外車におけるそれぞれの防止策とは
関連記事⇒【リレーアタック対策】国産車メーカーそれぞれの防止策は?

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA