これだけ分かれば大丈夫!ラグビー初心者のための超初級ルール解説

日本ではラグビーは、サッカーや野球に比べて
メジャーとは言い難いですが、

それでも徐々に人気は高まっています。

また、馴染みが薄いので、ルールを覚えるのが
一苦労だと思います。

「ラグビーのルールって難しそう」
「イマイチ理解できていない」

そんな初心者でも、ここを押さえれば
あとは芋づる式に理解できるというぐらい

情報を削ぎ落として解説してみます。

ラグビーのルール 超初級編

 

●15人vs15人で行う

●試合時間は前半・後半 40分ずつ

●得点は、トライで5点、その後のキックで2点

●最もよくある反則(ノックオン、スローフォワード)

・ノックオン
前方にボールを落とす反則

・スローフォワード
前方のパスをする反則

ノックオンやスローフォワードは
相手ボールのスクラムからリスタートします。

●危険なタックルはもちろん反則

●試合終了をラグビーでは「ノーサイド」と呼ぶ

これは敵と味方の区別がなくなり
全員が仲間であるということと

危険なタックルとは

肩より上へのタックルをハイタックルと呼び、
危険な行為と見られている。

・頸部、頭部へのタックル
・腕を伸ばして相手に打ち付ける

重い反則とみなされれば、
相手のペナルティキックでリスタート

ペナルティキックが入ると3点

スポンサードリンク

ラグビーのルール 初級編 不正行為

 

『ノットストレート』
ラインアウトから意図的に味方の方にボールを投げる行為

 

『オフサイド』
ラックやモールなど、密集状態で前や横から入る行為
(必ず後ろから参加する)

 

『ノットリリースザボール』
倒れてからボールを離さない行為

倒れたプレイヤーは次のいずれかをする。

・すぐに立ち上がる
・ボールをパスするなど(蹴ってはだめ)
・ボールを離す

スポンサードリンク

ラグビーのルール 初級編 密集状態

 

ラグビーには2つの密集状態がある
ラックとモール

密集をつかった戦術はラグビーの
面白さのひとつです。

『モール』
立った状態でできる密集

ボールを持って味方がしっかり組み合うため
前に進みやすい

ラインアウト後にモールをつくり
一気にトライを狙う戦術につながる

『ラック』
タックルで倒れた後などボールが地面にある状態での密集

激しく体をぶつけてボールを奪い合う
そのため、じわじわ陣地を進めていく戦術につながる

スポンサードリンク

ラグビーのルール 初級編 タッチについて

 

ラグビーではボールがフィールドの
外にでることをタッチと呼びます。

キックによるタッチ後の
リスタートについて解説します。

22メートルラインの外側からのキック

22メートルラインの外側からキックして
直接タッチになった場合

蹴った地点までもどり
相手ボールのラインアウトでリスタート
(ダイレクトタッチとよぶ)

陣地を稼ぐことはできないので
キックとしては失敗

22メートルラインの外側からキックして
バウンドしてからタッチになった場合

タッチになった地点から
相手ボールのラインアウトでリスタート

これはかなり陣地を稼ぐことができるので
キックとしては成功

22メートルラインの内側からのキック

22メートルラインの内側から
キックしてタッチになった場合

バウンドにかかわらずタッチ担った地点から
相手ボールのラインアウトでリスタート

ラグビーではタッチキックをうまく利用して
陣地を取っていこことが重要です

スポンサードリンク

スクラムについて

スクラムの目的は、軽度の反則や競技の中断があった後に、
ボール獲得のための争奪でプレーを再開すること

 

ノックオンやスローフォワード
正しくモールが終了しなかった場合に
スクラムをすることが多い

 

スクラムは8人vs8人で組み
ボールの投入は反則をしていない
チームが投入する。

 

ボールを投入するのは
スクラムハーフがする。

参考:ラグビーのポジション

 

スポンサードリンク

最後に

できるだけ情報を最小限に抑えました。

まずはこのぐらいの情報量で抑えて

何かわからないことが出るたびに
調べてるといいでしょう。

 

たくさんラグビーのことをしって
ラグビーを楽しみましょう。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA