山田章仁はどんなラグビー選手?wikiプロフィールと凄さを紹介

2019年ラグビーワールドカップ日本代表選手候補だった

山田章仁選手の紹介です。

残念ながら日本代表は逃しましたが、
山田選手はとても華のある選手なので、

今後も動向が気になる選手なので
取り上げました。

 

はたして山田章仁選手はどんな人なのか?

その素顔と凄さを紹介します。

スポンサードリンク

山田章仁のwikiプロフィールとは

福岡県北九州市で生まれ育った山田章仁選手は、5歳から当時YMCAラグビースクールだったヤングベアーズでラグビーを始めています。その後、鞘ヶ谷ラグビースクールから小倉高校に進学して慶應義塾大学総合政策学部に進みました。

 

選手としての経歴では小倉高校からアマチュアとカウントされており、本格的な選手としての活躍は2008年に
プロ契約したホンダヒートからです。2010年にはパナソニックに移籍し、2012年にはアメリカンフットボールの秋季リーグに出場しています。

 

しかしプロ契約していなかったためにアマチュア扱いされており、他の事情もあって以降はリーグに出場していません。それ以外は日本代表メンバーに選出されるなど順風満帆で、現在はNTTコミュニケーションズ
シャイニングアークスに所属しています。ラグビーのポジションはウィングとフルバックで、日本代表キャップは25です。

 

2015年にはハーフモデルの山田ローラさんと結婚し、その翌年の2016年9月22日には男児と女児の双子を授かりました。この山田ローラさんは、有名なタレントのローラではないので要注意です。

 

 

スポンサードリンク

 

山田章仁の凄さとは

 

山田章仁選手の凄さと言えば多彩なプレーとそれによる攻撃力の高さです。50mの距離を5秒で走り去る健脚にタックルを受けても倒れない強靭な肉体、さらには軽やかなステップなど選手としてのステータスは高いうえに万能性があります。いわゆるオールマイティというスタイルで、その独創的なプレーイングに「山田がボールを持てばスタンドが沸く」と言われているほどです。

 

実際に2016年11月に行われた日本代表とウェールズ代表の試合で山田章仁選手の見せたプレーはその場にいた観客を魅了しただけでなく、山田章仁選手の凄さが分かる動画としても紹介されています。

 

他にもラグビー日本代表の元ヘッドコーチであるエディー・ジョーンズ氏も「山田は大舞台に強く、トライも取れる」と評価しているほどです。攻撃力と防御力、そして臨機応変な対応を可能にする機動力などが特徴的な山田章仁選手ですが、トライを察知する能力すなわち一瞬の判断力も素晴らしいとされています。

 

要するに独特の嗅覚を持っており、それもまた多彩な攻撃を可能にしているわけです。基本的な肉体のステータスに判断力、そして察知する力は他の選手にはなかなかない能力といっても過言ではありません。

 

スポンサードリンク

 

ネットの声

 

 

山田章仁選手の活躍はスカパー!で

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA