具智元はどんなラグビー選手?wikiプロフィールと凄さを紹介します

2019年ラグビーワールドカップ日本代表選手

具智元選手についてのご紹介です。

韓国出身の具智元選手ですが、お父様は
日本の実業団でラグビー選手を経験されていました。

そんな具智元選手も影響を受けて、
現在は日本代表選手です。

 

そんな具智元選手の素顔に迫ってみます。

スポンサードリンク

具智元のwikiプロフィールとは

具智元は、1994年に生まれた韓国ソウル出身のプレイヤーで、身長184cm、体重122kgです。父が元ラグビー韓国代表ということもあり、幼少期より常にラグビーが傍にありました。その父が日本の実業団でも活躍していたこともあり、日本には少なからず縁があります。今でこそ韓国代表の選手ですが、過去に20歳以下日本代表に選出された経験があります。具智元には兄がおり、その兄がラグビーをやっていたのを見て自分も始めたいという気持ちになりました。それが小学校6年生の時です。その兄とともにラグビーが盛んなニュージーランドに留学し、中学2年時に日本に住むようになります。

 

このニュージーランドから日本へという流れは、父の勧めだったとも言われています。こうして見ると、日本のラグビー環境がいかに充実しているかを窺いしることができ具智元の父も、日本のレベルの高さを感じていたのです。拓殖大学でもラグビーを続け、2014年に日本代表の練習生として声がかかりますが、これはケガで辞退せざるを得なくなってしまいました。晴れて日本代表として舞台に立ったのは、2017年のトンガ代表戦でこの時は先発出場を果たすなど今後も期待されている選手なのです。

スポンサードリンク

 

具智元の凄さとは

 

具智元が日本でプレーをするに当たって、国籍が日本とは違うことを理由に、コーチなどは他の選手からいじめられたり嫌がらせをされるのではないか、と心配していたと言われています。しかし、日本も韓国も儒教の国でお互いの上下関係や礼儀をきちんと守る国でもあるため、そのような嫌なことはこれまで一切ありませんでした。具智元は、国が違くてもスポーツには関係がない、と吹っ切れて練習や試合に臨んでいたのです。この点から見ても、かなりメンタルの強い選手であることが窺えます。気持ちが強いだけでなく、もちろんプレーも秀逸です。

 

数あるラグビーのプレーの中でも、特にスクラムを大事にしており、スクラムはこのスポーツの基本でチームを支える土台とも言えるもので、自分がしっかり支えないとという思いで黙々と練習に励んでいます。具智元のポジションはプロップですが、父もそうであったためまさに親子でチームを支えてきたと言えるのです。元々、大学時代よりスクラムやタックルが表かされてはいましたが、世界の強豪相手としのぎを削る中で攻撃のスイッチを入れるパスなども磨かれていくなど、ラグビーファンの間では何でもできる選手として愛されているのです。

 

スポンサードリンク

ネットの声

 

具智元選手の活躍を見逃したならスカパー!で

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA