ピナレロ ドグマ F12の批評をチェック!F10からの変更点はここ! 

最近、ロードバイクに興味が出てきました。

運動不足の解消もしたかったのと
単純にロードバイクのかっこよさに
憧れたので、専門雑誌をみてみると

ちょうど 「ピナレロ F12」が
発表されたとあったので、

詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

ピナレロ ドグマ F12の批評

 

チームスカイのオールラウンドバイクとして、
ツール・ド・フランスをはじめ

世界最高峰の口ードレースで、輝かしい
実績を残してきたドグマFシリーズ

とりわけF10は2シーズンでグランツールを
4度制覇する快挙も達成。

これはまさに完成形とも言える域に
達したとの評価も挙がっています。

チームスカイがチームイネオスと
新たにスタートするタイミングに、

さらにブラッシュアップしたドグマF12が
満を持して発表されました。

ディスクブレーキとリムブレーキの
両モデルが同時進行で進められた
新生ドグマFプロジェクト。

優れたエアロダイナミクス、軽さ
剛性を備えつつも、

オールラウンダーとしての持性を
維持することが聞発の至上命題とLて
進行した。

これによりケーブル類をすべて内蔵化し、
フレームとフォークの形状を最過化する
ことで時速40km走行時において
8ワットのドラッグを軽滅した。

また剛性についてもBBとチェーンステー部分で
10%向上。ディスクモデルではブレーキング時の
フォークのねじれを40%軽減、

リムブレーキモデルではダイレクト
マウント採用で制動力を高めた。

ボジションの調整範囲も広げ、
さまざまなコンポーネントに対応
するなどの汎用性も確保。

より強力なスーパーウエポンとして
ドグF12は誕生した。

出典:bicycleclub 2019 7月号

 

スポンサードリンク

 

ケーブル類が完全に内部に入ってるんですね。
スリムではなく、ちょっとふっくらした印象ですね。

これで空力がよくなるのかなぁ。

でも、ケーブル類が目立たないのはいいですね。

とくに手元がすっきりすると、
ライディングに集中できそうです。

ピナレロ F12の入荷予定日

予約を受け付けている店舗さんが多数あります。
bicycleclub 7月号の情報では、
初回入荷が6月末のようです。

完成車から先行して発売されるドクマ12。
初回入荷が6月末で、いち早く手に入るのは、

リムブレーキモデルが
「ウラノスブラック×レッド」と「ブラックオンプラック」

ディスクプレーキモデルは
「ウラノスブラソク×レッド」。

チームイネオスなど、ほかの力ラーは
順次追加される。

 

ピナレロの中古ロードバイクを一覧でチェック!

 

 

スポンサードリンク

 

F10からの変更点 3つ

ぱっとみた外見はF10とあまり変わらないが
よく見ると違います。

その3つの違いをチェック!

前作F10を上回る流体力学デザイン

ケーブルを完全に内蔵できる
『モスト・タロンウルトラハンドルバー』
を新採用して、前作よりも2%の空気抵抗を軽減。

オンダフォークも形状変更により15.7%の
空気抵抗を軽減。

フレームについても見直しが行われ、
走行性能を維持したまま、

あらゆる面で空気抵抗の軽減が図られている

非対称的な構造を突き詰め
軽量化と剛性を向上

ドライブ側に大きくかかる負荷を
打ち消す非対称フレームを

最適化しながら継続して採用。

チェーンステーの断面も重量を増やさず、
45%大きい2次断面モーメントを確保した。

また上部ヘッドパーツはケーブル内装に
対応するため1-1/2″に変更し剛性も向上。

汎用性や各種コンポーネントの互換性を向上

ダウンチューブのEリンクはDi2だけでなく、
力ンパニョー口EPSやスラムEタップ、機械式も含め
すぺてのコンポーネント対応に進化。
ヘッドスべーサーもケーブルを外すことなく
追加や取リ外しが可能な分割タイプ
を採用した。ケープルを完全に内
蔵しても整備性は維持される

 

スポンサードリンク

みんなの感想

 

 

 

 

 

 

ピナレロの中古ロードバイクを一覧でチェック!

 

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA