モバイルバッテリー 普通ゴミで捨てると違法?正しい廃棄方法とは

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

モバイルバッテリーって、大体2年ぐらいで
出力が落ちてきますね。

まぁ、そのぐらいが寿命でしょうか。

で、

捨てるにあたって、普通ごみで出しても
問題ないんかなぁって

思ったりしますよね。

アカンよ、アキマセンよ。

きちんとした捨て方しましょうね。

スポンサードリンク

もし、普通ごみで捨ててしまったら・・・

リチュウムイオンバッテリーを圧迫すると
発火する恐れがあります。

たまにゴミ収集車の圧縮のときに
発火したりするそうです。

 

ゴミ回収業者さんも大変ですわ。

 

車が燃えるなんて、結構な
危険と隣合わせやな。

 

人の命い関わる重大な話なので
次から述べる方法でキチンと捨てましょう。

スポンサードリンク

モバイルバッテリーの正しい廃棄方法は

モバイルバッテリーの正しい処分の仕方は
メーカーに回収してもらうことです。

 

ただ、直接メーカーに持っていくのではなく
お近くの『リサイクル協力店』に持っていき
回収BOXに入れればOKです。

 

お近くの『リサイクル協力店』は
こちらのリンクから探すことができます。

 

JBRC「リサイクル協力拠点」
https://www.jbrc-sys.com/brsp/a2A/itiran.G01

 

 

JBRCとは

2001年4月施行の「資源有効利用促進法」にて、電池メーカー、機器メーカー、輸入事業者などに
小型充電式電池の回収、再資源化など が義務付けられ、JBRCが発足。
約350法人がJBRCの会員となり、全国的に小型充電式電池のリサイクル活動を
推進しています。回収再資源化費用はJBRC会員が負担しています。

 

回収リサイクルシステム

スポンサードリンク

普通ごみで捨てるのは違法?

モバイルバッテリーを普通ごみで出すのは
違法なのでしょうか?

これについて検索してみましたが、
特に出てきませんでした。

 

もしかしたら、地方の条例であるかも知れませんが
違法とかに関係なく正しい廃棄をするべきだと思います。

 

消費者側についての法律は見つけられませんでしたが、
業者には回収義務が法律で定められています。

 

経済産業省のHPでは、「資源有効利用促進法」に基づき
小形二次電池のリサイクルが義務付けられています。

 

小形二次電池のリサイクル
小形二次電池は、資源有効利用促進法により平成13年4月から、
小形二次電池メーカーと小形二次電池を使用する機器メーカーに、
回収・リサイクルが義務付けられています。

●小形二次電池とは
充電式電池のことで、使い切りの乾電池とは違って、
充電して繰り返し使えるのが特徴。
携帯電話やコードレス電話、ノートパソコンなどに使われています。

●リサイクルの対象となる小形二次電池
ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、
小形制御弁式鉛蓄電池が対象となります。
電池に表示されたリサイクルマークで
見分けることができます。マークは次の4種類です

出典:経済産業省ホームページ
http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/02/index05.html

 

スポンサードリンク

まとめ

モバイルバッテリーは小型なんで、
つい一般ごみで出しても大丈夫かなぁ~

 

なんて思ってしまったりしますが、
発火騒ぎがニュースでもあるぐらい

危険なものなので、キチンとした
廃棄方法を心がけたいものです。

 

家電量販店でも受け取ってくれますし、
リサイクル協力拠点も全国ありますので
ぜひご利用ください。

メーカーとか関係なく引き取ってくれますし
もちろん基本無料ですよー。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒モバイルバッテリーが発火する理由と対処法

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA