【北方領土】2島返還のメリットと返還に向けたロシアの裏事情とは

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

北方領土問題が進展しそうです。

ロシアのプーチン大統領が日ソ共同宣言を基礎に
平和条約を結ぼうと言ってきました。

これにはプーチン大統領の支持率低下と
中国の北極海進出という

ロシアの国内問題が大きいようですね。

スポンサードリンク

日ソ共同宣言とは

日ソ共同宣言とは、正式には
日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言」

という長ったらしい名称です。

1956年にモスクワで結ばれた外交条約です。

まず国交回復を先行させ、平和条約締結後にソ連が歯舞群島と
色丹島を日本に譲渡するという前提で、
改めて平和条約の交渉を実施するという合意がなされた。

 

平和条約そのものが、なかなか締結出来ませんから
2島も進みませんでした。

歯舞群島と色丹島は、住んでいる人も少なく
領土も小さいため、返還という点では

とても現実的でしたが、日本国内にも
4島一括返還を主張する人が少なくないので

北方領土問題が全く進みませんでした。

 

私個人の意見としては、2島先行返還なんて
結局は口実で、ここで幕引きを言われる可能性もあると
思っていませんでいたし、

ロシアってそもそも信用できないので、
いつまでもモメてもいいのかなって思っていましたが、

 

2島を返還する理由がロシアの経済状況に
あると言うことであれば、

今後、他の2島に関してもチャンスはまだまだ
残っていると考えられるので

残り2島は継続協議ということであれば
先行返還もいいと思えるようになりました。

 

スポンサードリンク

2島返還のメリットとは

2島返還のメリットはいろいろあります。

まずは漁場が増えることです。

現在は北海道と国後島にある中間線まで
漁場として利用できますが、

もし2島返還ができれば、歯舞と色丹まで
漁場が増えますので、

とてもメリットと言えるでしょう。

 

他には観光地としても魅力ですね。

 

70年間、日本人が行けなかって場所なので、
これは行ってみたいスポットになりますね。

 

個人的な気持ちとしては色丹島に行ってみたいです。

 

スポンサードリンク

2島返還 ロシアの狙いとは

ロシアの国内問題として、

・年金改革によるプーチン氏の支持率下落
・中国の北極海への進出

これらの問題に対して、
協力してくれそうなのが日本なんですね。

 

経済協力と安全保障に関しては
信頼できるパートナーでしょう。

 

ロシアとしては米軍基地を
2島に置かなければ安心ですし。

 

米軍もアラスカ基地がありますので、
わざわざ2島に置く必要もありません。

 

しかし、日本も憲法を改正しないと、
ロシア軍と共同であの地域を保護するなんて
出来ませんので、

日本側の改革も必要になってくると思います。

 

スポンサードリンク

歯舞群島と色丹島に住むロシア人はどうなるのか?

すでに色丹島や歯舞群島に住んでいる人たちは
どうなるのでしょうか。

今、言われてるのは2つのパターン

・そのまま住む
・ロシア領に引っ越す

そのまま住むパターンですと、
日本にすむ外国人という扱いか、

日本に帰化するということが
考えられます。

 

ロシア領に引っ越す場合は
引っ越し代金を日本側が払うことになるでしょう。

色丹・歯舞に住んでいるロシア人が
どれだけいらっしゃるか不明ですが、

おそらく2000人もいないでしょう。

 

仮に2000人として、
一人あたり1億円支払っても2000億円。

 

あの地域の水産資源を考えれば
ぜんぜん惜しくない出費です。

 

あ、そんな事を考えれば、
平和条約が締結された途端に色丹に
引っ越すロシア人が増えるかも知れませんね。
(お金目当てで・・・)

スポンサードリンク

まとめ

2島返還で話が終わらなければいいですが、
返還の理由がロシアの経済状況ってことを考えれば
今後もチャンスはありそうなので、

ひとまずはOKじゃないでしょうか。

ま、なにより平和的な話でいいと思います。

あと、2島返還+αがあるという話もあります。

国後、択捉に日本人が自由に行き来でき、
かつ住むこともできるという。

 

主権こそ返ってきませんが、
実質的に帰ったのと同じようなものだと思います。

ま、現実路線として、こういう解決しか
ないようにも思えます。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒なぜロシアと平和条約が締結されなかったのか

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA