数秒でくしゃみを止める簡単な方法

毎年二月の終わりぐらいから四月にかけて
花粉がよく飛ぶ傾向がありますが、

花粉に敏感な人は頻繁に
くしゃみが出るはずです。

家にいる場合や外で歩いている場合に
くしゃみが出ることは問題ないものの、

部屋の中に入り会議や映画館などで
くしゃみを頻繁にしてしまうと
注目を浴びてしまいます。

場合によっては、ひんしゅくを買う
場合も少なくありません。

そこで、どのようにしてくしゃみを数秒で
防ぐかを理解しておけば、

ひんしゅくを感じることなく安心して
その場にいることができるでしょう。

スポンサードリンク

くしゃみを抑える3つの方法

その1 鼻の下を押さえる

1つ目は「鼻の下を強く押さえる」です。

鼻の下の部分に人さし指や薬指などを
添えて強く上に押すとくしゃみが出る神経が
圧迫されることになります。

 

一度そのような状況になったとき
強く推してみると良いです。

 

見た目は間抜けかもしれませんが、
いちいち自分のことを気にしている人は
ほとんどいないはずですので

堂々とやって問題ありません。

 

ただ、あまり強く行ってしまうと
鼻血が出ることもありますので

 

ほどほどの力にしておきましょう。

 

普通であれば、そこまで強く行う
ことはありませんが、

 

出る瞬間は非常に緊張した状態です。

 

思わず力が入ってしまっても
不思議ではありません。

 

2.ツボを押さえる

次に、これを止める方法として
ツボをおさえることが重要になります。

いったいツボがどこにあるのか
知っている人は少ないかもしれません。

 

実は、ひじの内側のところに
ツボがありますので

この部分を押さえてみると良いです。

 

内側のところに筋肉がありますが、
強く押さえることで止まることが
多くなりますので

もし、差し支えなければ押さえてみて
実験をしてみるとよいかもしれないです。

3.鼻呼吸

三つ目の方法は、鼻呼吸をして
思い切り空気を吸い込むことで
回避することができます。

人間は、クシャミが出そうになった瞬間は
どことなくわかります。

 

鼻がむずむずしてきていかにも
これからクシャミが出そうに感じるでしょう。

 

この時に、思いきり息を吸い込みます。
吸い込むのは一瞬だけでなく

完全にこれ以上吸いこむことが
できないところまで行えば、

クシャミ自体を止めることが可能です。

 

少し大変で、何度も行うと変な人に
思われてしまうかもしれませんが

 

あまりにも頻繁にクシャミが出るならば
いずれかの方法を試すのが良いです。

 

一番不自然でないやり方は、ひじの部分の
つぼを押さえることになるでしょう。

この部分は、押す場所を発見するまでに
時間がかかるかもしれませんが、

ツボの場所を一度発見してしまうと非常に楽です。

 

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

感想

くしゃみって人によって発する音が
違ってません?

基本は「はっくしゅん!」
もしくは「はっくしょん!」

ですよね。

 

私の知人は「へぐひ!」

です。

 

他には

「へっふん!」
「ちゅん!」
「しょい!」

などなど。

たくさん集めてみると
面白いかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

ビジネスマンに贈る花粉症対策は
花粉症をサプリメントでなんとかしたい!
市販薬で花粉症をなんとかしたい

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA