ペット信託とな何なのか?費用と手続き方法をしらべた

高齢化社会が進むに連れて
晩婚化による少子化も加速しています。

ただ、犬や猫を飼うことで、
子供のいない寂しさをなくすことが出来ます。

そこで心配なのが、もし自分に万が一があると、
飼っている犬や猫はどうなるのか。。。

そんな不安を解消するのが「ペット信託」になります。

スポンサードリンク

ペット信託とは

ペット信託というのは、飼い主に万が一のことが起きたときに
ペットの世話をする飼育費用を信託しておくことです。

自分がいなくなった時に、残されたペットのことを
考えると非常に不安です。

飼い主が、死亡したり病気による長期の入院や
老人福祉施設に入所した時など、

ペットが孤立した存在となってしまいます。

そんな時に信託の契約が事前にしてあると、
お世話をしてくれることになった施設機関や

新しいペットオーナーなどの委託者に、
ペットの育成費としてお金を渡すことができるのです。

スポンサードリンク

ペット信託の費用は?

ペットの養育費用として、種類によって差がありますが、
犬で平均で年間約40万円ほどかかります。

猫だと約20万円くらいかかります。

ペット委託は遺言などと違い、第三者の介入を通して
ペットに確実に費用を残すことができます。

ペット信託に残せるお金は、相続の財産とは
別になるので確実にペットに養育費を残せるのです。

ペット信託の手続き

手続きの方法としては、多くの場合は弁護士や
司法書士などがペット信託を請け負ってくれます。

それら信託の管財人が、ペット信託契約により
飼い主にもしものことがあった場合に、

ペットの委託者に飼育費用やペットの病院代を
支払い管理するのです。

ペット信託は、負担付死因贈与や一般遺言よりも、
手続きの方法上で費用がよりかかります。

ですが、飼い主が認知症になり物事の判断が
厳しくなったり施設に入院することになった時や
急に亡くなったりした場合に、

ペット信託をしていた場合のほうが
万全に対応してもらえます。

大切なペットのことを考える時に、
自分が元気なうちに安心できる対策を

とっておこうと思うのは当然のことです。

ペット信託は、自分に何かあった時に、
確実にペットに対して愛情のある健康な環境で
養育してもらえる安心のシステムといえます。

ペット信託に関することは、弁護士事務所や
NPO法人のオフィスなど無料で

相談にのってもらえるところも多いので、
それらの機会を利用するのもいいでしょう。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

感想

子供がいないご家庭で、
ペットを飼おうかどうか迷っている人には
とても朗報ですね。

一人暮らしで寂しいけど
犬猫を飼ってしまうと

万が一が心配という場合も
問題を解決できますので、

とてもよいシステムだと思います。

最後まで読んでいただき
有難うございました!

スポンサードリンク

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA