クレーンゲーム詐欺の摘発された場所と手口を調べてみた

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

 

先日、大阪と京都のゲームセンターで
詐欺行為の疑いで摘発されました。

<詐欺容疑>クレーン景品取れず ゲームセンター社長ら逮捕
クレーンゲーム機を景品が取れない設定にして
客から料金をだまし取ったとして、大阪府警は23日、
大阪市と京都市でゲームセンターを運営する
「アミューズメントトラスト」(大阪市浪速区恵美須東3)社長、
大平剛史容疑者(33)=大阪市住吉区沢之町2=と、
25~36歳の従業員の男女5人の計6人を詐欺の疑いで逮捕し、
大阪・ミナミや日本橋、新世界などの5店舗を家宅捜索した。
クレーンゲーム機を巡り詐欺容疑で立件するのは全国で初めて。
(毎日新聞)

 

京都市のゲームセンターについては
ツイッターで場所の情報がいっぱいありました。

あとで掲載しておきます。

 

新世界のゲームセンターでしたら
ユーチューバーのジョーさんが

身銭を切って手口に引っかかってましたね。

 

扉を開けて、筐体の奥の方に
謎のスイッチがあって、

それをオン・オフすることで、
操作していたようです。
(7:22あたり)

 

あんなに怪しい動作していたら
そら疑われるわな。

 

もうちょっと無線とかで
操作されていたら

 

気が付かなかったかもしれません。

 

この他にも手口は無いのか調べてみました。

スポンサードリンク

詐欺の手口

クレーンゲームの詐欺では、
平均的に3~5万円も使ってしまうらしいです。

ときには10万円も超える被害があるとか。

お客さんが満足できる内容ならいいけど
詐欺だとちょっとねぇ・・・。

クレーンゲームの詐欺

改めてジョーさんが体験した詐欺を
まとめると

・店に入ったと途端にサービス券を渡される
・高額商品を展示している
・ゲームの説明を丁寧にしてくれる
・失敗するとサービスしてくれる
・レクチャーも丁寧にしてくれる
・大金を使って落ち込んでいると、サクラの男性から声をかけられる

最後の「サクラの男性に声をかけられる」ってのは
怖いですね。

被害は自分だけじゃないっていう安心感を
持たせて疑惑を払拭させる手口でしょうか。

確率機の詐欺

クレーンゲーム機以外にも

確率機と呼ばれる筐体も問題です。

「プライズマシン」とか「プライズゲーム」とか
言われています。

お店側で金額とか回数とか設定をして、
その数値に到達するまで

景品はゲット出来ない仕組みです。

クレーンゲームの確率機は、
金額設定によってアームの強さが
変わってくるそうですね。

アニメキャラのグッズなど、
ファンとしてはどうしても欲しい景品だと

こういうゲームも売れるんですね。

なんかちょっと問題ですよね。

自制心を持たないと
どんどんやられちゃいますよ。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

確率機 コツ ネットの声

スポンサードリンク

まとめ

最近は全然ゲームセンターにいっていないけど
改めて今のクレーンゲームを見ると
景品も種類が豊富ですね。

 

 

大人になってくると、フィギュアとかの
飾り物よりも、巨大お菓子の方が興味あるな。

 

あと、格闘ゲームが流行っていた頃は
毎日のように行ってたけど、

 

最近はゲームセンター自体が減ってきましたね。

 

 

家庭用ゲームとの差が少なくなってきたから
なのでしょうか。

 

 

ゲームセンターが生き残るには
クレーンゲームでお客を寄せるしか
方法がないのかなぁ。

 

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

関連記事⇒リレーアタックの手口と防ぎ方を解説

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA