片親家庭が知っておきたい医療費助成と子供扶養手当

今回は片親家庭に知ってもらいたい
助成金と手当の話です。

活用できる補助は少々面倒でも
積極的に活用していきましょう。

片親家庭が受けられる医療費助成と子供扶養手当

 

結婚しても3分の1のカップルが
離婚されるとされている時代、

 

結婚せずにシングルマザーの道を
選ぶ人も増加しています。

 

 

実は離婚した敬虔をもつ片親家庭では、
とりわけシングルマザーのご家庭では
低収入になる傾向があります。

 

 

収入が少ないと生活費の捻出に工面するだけでなく、
子どもが体調を崩したときの病院代を支払うのも
困難になることが想定されます。

 

 

このような生活困窮に陥りやすい片親家庭では、
収入面をカバーする児童扶養手当と、

 

 

医療面では都道府県などの自治体が取り組んでいる
医療費助成などが用意されています。

 

 

経験的に、行政機関はこれらの給付を
親切に教えてくれるとは限りません。

 

 

生活面での不安を少しでも払拭できるように、
児童扶養手当や医療費助成のポイントを抑えておきましょう。

 

スポンサードリンク

児童扶養手当と医療費助成

児童扶養手当とはかつては母子家庭と
よばれていましたが、

 

 

父子家庭も給付対象になっているので
片親であれば受給できる可能性があります。

 

スポンサードリンク

 

この手当ては離婚や死別によって、
ひとり親になってしまったり

 

 

両親を亡くしてしまったときに、
「18歳未満の者を養育している者」に対して
現金を支給するという制度です。

 

 

両親のいずれかが死亡した場合だけでなく、
両親のどちらかが重度の障害を負ってしまったときも
対象になるのです。

 

 

婚姻しないで出産をしたシングルマザーも
支給対象になっています。

 

 

毎月の支給額ですが、毎年の消費者物価指数に
よって変動する物価スライド制が採用されているので、

 

 

年々微妙に変動しており所得の
多寡によって制限を受けます。

 

 

基本的には1人目には全額支給の場合、
月額42330円、2人目は10000円・
3人目以降は6000円となっているわけです。

 

スポンサードリンク

例えば片親が年収130万円以下であれば
満額の支給を受けることが出来ます。

 

 

ただしここで注意すべきなのは、
所得制限は世帯を同じくする家族全体で
判断されるということです。

 

 

もう一点は離婚相手などからの
養育費をうけていると、

 

 

その分も所得に合算されるということです。

 

 

医療費助成は都道府県などの自治体が主体になって、
病院での自己負担金や入院時の入院費用や
食事費用などを助成するというものです。

 

 

自治体単位での取り組みなので、
差異がありますが

 

 

多くの自治体で実践しているのは
小学校就学前の年齢の子どもが

 

 

病院での自己負担金の支払いが
免除されるというものです。

 

 

調べてみると小学校入学から中学までは、
違った形の助成をうけることができるようです。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

最後に

こういう社会保障はこちらから情報を
取りに行かないと教えてくれませんので

 

積極的に取りに行くことをおすすめします。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA