【北朝鮮】今後の展開は、金正恩の亡命で終了!亡命先も判明!

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

 

このところ、国内では解散総選挙のことで
すっかり北朝鮮の話を聞かんくなったけど

アイツらにも、もちろん動きがありました。

 

黒電話あらためエリンギヘッドこと
『金正恩』の亡命です。

かねてより、

 

「ああ、北朝鮮情勢って出口が見えんくなったなぁ」
「これからどないなるんやろな」
「もう、軍事オプションしかないんやろか」

「いっそ、金正恩一族が亡命でもしてくれたら、戦争せんでもええねんけどな」

って思っていたら、願いが叶いそうです。

 

良かったよぉぅ。

週刊現代の10月7日号にこんな記事がありました。

『金正恩 極秘ルートで最後はロシアに亡命』

 

記事は、筑波大学の中村逸郎教授の手記ですが、
中村逸郎教授はロシア政治を専門に教えている先生です。

ときどきテレビにも出演されています。

ちょっとオカマっぽい先生です。

虚栄の帝国ロシア 闇に消える「黒い」外国人たち [ 中村逸郎 ]

 

さて、この記事で中村教授は次のように述べています。

~ここから~

北朝鮮は完全にロシアの手中にあって、
この間の水爆実験も、事前にロシアがお膳立てした実験だった。

 

それが証拠に、実験開始の数日前に、
ロ朝国境17kmにある村、ハサン村には避難命令が出てる。

 

8月24日に万景峰号が突然運行停止になったけど
あれも水爆実験の被害に合わないための処置。

 

日本の報道では「万景峰号が停泊料を払わなかったから」
と報じられたけれど、実は全然違ったようだ。

 

ついでに言うと、実験場から100kmしか
離れていない中国には全く通知されてなかった。

 

この事からも、北朝鮮と中国は
きっぱり決別したような感じ。

~ここまで~

 

さて、北朝鮮が完全にロシアに乗っ取られてるのは
分かったけれど、

 

どうやって亡命するのか。

 

そして亡命先はどこになるのか。

 

その事も記事には書いてありました。

スポンサードリンク

北朝鮮からロシアには地下通路が存在する

北朝鮮とロシアの国境付近には
秘密の地下通路が引かれているそうなんやって。

 

この鍵を握るのがウラジオストックに本社がある

「ロシア極東山岳建設」

という会社。

 

 

もとはソ連時代の国土交通省の組織の一つで、
プーチンが大統領になって平壌を訪問したときに
民営化された「プーチン系の企業」。

 

この会社が北朝鮮のインフラを整備している。

 

この会社がもっとも得意なのが

「トンネル建設」

地下道を作るのが得意なんよな。

 

これは想像でしかないけれど、
あの核実験場をつくったのもこの会社ちゃうかって
言われてるねん。

 

はっきり言って北朝鮮には、地下に核実験場を作る
技術や金なんてないし。

 

地下に実験場を建設したんやったら
おそらくこの会社で間違いないわ。

 

ほいでこの、「ロシア極東山岳建設」ちゅう会社は
ロ朝間の鉄道建設も引き受けてるんよ。

羅先(ラサン) - ハサン間の約54km。

この54kmの鉄道は、先代の金正日が
ロシアに2回訪問してるねんけど、

2001年と2002年に訪問したときに
決めたことらしいわ。

 

その後、ロシアが北朝鮮の羅津港(ラジン港)を
49年間借りるという条件で2008年に着工。

2013年9月にラジン港で開通式が行われている。

 

 

ここで不可解なことが一つ。

 

2008年に着工して、出来たのが2013年。

 

5年もかかってる。

 

その地位域にすでにあった日本統治時代の鉄道を
再利用するだけなのに5年もかけている。

「ロシアってそんなに仕事遅いんかいな」

って思うのですが、

 

実はただの鉄道じゃない。

その下には鉄道と同時に地下通路も
建設されてたのです。

 

有事の際には金一族を亡命させるための
地下通路を作っていたのです。

 

鉄道建設と同時に建設したので
アメリカのスパイ衛星にも見つからない。

 

金正恩が強気でミサイルを打ったり
核実験できるのは、

『いざとなったら、いつでも逃げる準備が整っているから』

ということなんやわ。

スポンサードリンク

中国から見捨てられた金一族

 

実は、北朝鮮の地下通路はもう一つ存在してた。

 

金正日の邸宅から約60km。
黄海に面した港、「南浦」に続く地下通路があった。

有事の際にはこの通路を使って南浦に行き、
空路か海路で中国に亡命する算段だった。

 

実際にブッシュJr大統領が北朝鮮を

「悪の枢軸」

 

と非難したときに、中国に亡命する計画を提示したところ
中国は2つの条件を突きつけた。

 

一つは、中国国内には3ヶ月までの滞在とすること

2つ、米韓以外の第三国に向かうこと

 

この条件であれば滞在中の身の安全は保証する。

と言うものだった。

 

つまり、中国にとって金一族は厄介者やねんな。

 

もし、金一族の亡命を認めたら、

国際的にみても独裁者を匿(かくま)ったと
非難を受けることになるので、

はっきり言って邪魔者だった。

 

この時期から金一族としては、
中国を見限っていた。

中国を見限り、ロシアにたよるしかなかった。

 

金正恩の叔父であるチャ・ソンテクを粛清したのも、
親中派を掃討することになったのも、

そういう経緯があったからやねんなぁ。

 

ほいでやな。

 

ロシアに亡命したとしても、
やっぱり中国が懸念したように

「うわー!独裁者を匿っとるやんけー!!」

 

という国際非難を受けないようにする必要があった。

 

そこで、金正恩を逃がす場所に指定してきたのが

『スヴァールバル諸島』

やねん。

スポンサードリンク

スヴァールバル諸島とは

 

 

スヴァールバル諸島ってどこやねん?って
思うわな。

 

スヴァールバル諸島っていうのは、

 

北極海にある群島の事で、

 

第一次世界大戦のときに、ロシアやノルウェーら
たくさんの国が領有権を主張したために

 

戦後のパリ講和会議で、スヴァールバル諸島を
永久非武装地帯としてん。

 

 

このスヴァールバル条約には40カ国以上が加盟してるねんけど、
加盟した国は誰でもいつまでも住むことが出来る特殊な地域やねん。

 

普通、海外に滞在するにはビザとか必要やけど、
そういう許可がいらない地域が地球上に2つあるねん。

 

一つは「南極」

そしてもう一つが、この「スヴァールバル諸島」。

 

一応ノルウェー領ということになってるねんけど、
いろんな国の人が自由に使っている。

もちろん日本人も住んでいいみたい。

スヴァールバル諸島は、北極圏にあるノルウェー領の群島。
北極海のヨーロッパ寄りに位置し、東はバレンツ海、
西にあるグリーンランドとの間はフラム海峡、
南西はグリーンランド海、南東はノルウェー海に囲まれている。

人口:2642 (2012年)
面積:61,020 km2

出典:ウィキペディア

 

さて、このスヴァールバル諸島に北朝鮮が
ロシアに後押しされる形で昨年加盟したんや。

 

北極海なんて、北朝鮮とは何の縁もないのに
突然加盟したとなると、

これはもう亡命先として選んだとしか思えない。

 

 

しかも、スヴァールバル諸島のロシア人居住区に
大邸宅の建設が進んでいるんですわ。

スポンサードリンク

なぜロシアは北朝鮮に肩入れするのか

 

ロシアはなんで、北朝鮮に肩入れするのか。

想像できるのは米中への牽制といったところやろうか。

 

特に極東地域にはロシア人が600万人しか
住んでいないのに対して

 

中国はロシア国境付近には億単位で住んでいる。

 

しかもロシア経済は制裁も受けてるし
とても脆弱な状態。

 

襲われたらひとたまりもない。

 

めちゃくちゃ危機感を持ってるわけやね。

 

東アジアにシリアのような国を作りたいのは
彼らの悲願でもあるわけや。

 

 

北朝鮮に核技術もミサイル技術も提供して
亡命先まで提供してくれたら

そら、北朝鮮も信用して頑張るわな。

 

 

そんで、もう一つ野望があって、
ロシアから北朝鮮を辿って韓国に

天然ガスのパイプラインを引く計画。

これを実現したい。

 

 

韓国が李博明大統領のときにも提唱されたけど、
その時の李博明もノリノリでこの計画に前向きやったけど、

 

結局、エネルギーが北朝鮮経由ってことは、

 

北朝鮮に命運を預けてるようなもんなので
計画は頓挫したままやった。

 

 

せやけど、ここに来てムン・ジェイン大統領になって、
この計画が再燃した。

 

 

ムン・ジェインが突然、人道支援として8億円、
北朝鮮に渡す話というのは

 

 

要するに、パイプラインのインフラ代というわけやったのね。

 

 

天然ガスを安くうって、ロシアなしでは
韓国のエネルギー事情が成り立たなくなった頃に

 

 

政治的に強く出て、朝鮮半島を支配下において
『東アジアのシリア状態』にしたかったのね。

 

 

やっぱロシアはえげつなく恐ろしいところやで。

 

おそロシアっていうのはマジでそうなんやな。

 

今後の北朝鮮の行方

 

今後の北朝鮮のことやけど、

とりあえず金一族を亡命させて、
そのあとは中国とロシアの分割統治かな。

 

 

しかし、ロシアが韓国と接すると言うとことは
在韓米軍とも接することになるから、

ロシアとしては、米軍撤退を要求してくるやろな。

まぁ、絶対に揉めるな。

 

 

金一族の亡命には、もう少し
パズルのピースが整わないとあかんな。

 

それにしても日本としては
なんとしても拉致被害者の救出をしてほしいわ。

 

まとめ

金一族が亡命するには、
在韓米軍を撤退する必要がありそうやな。

 

そうなると、韓国はあっちゅうまにロシアに
飲み込まれるやろな。

 

38度線が下がるのは日本にとっては
めちゃめちゃマイナスやねんけど。

 

でも、スッキリはするなぁ。

うーん、

もう少し情勢が進まないと
イマイチ見えてこないなぁ。

最後まで読んでくれておおきに!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA