TOEIC対策用アプリ3選と『金フレ』『銀フレ』の紹介

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

TOEIC対策におすすめのアプリと参考書を
ご紹介します。

スポンサードリンク

TOEIC対策用アプリ 3選

最近、さまざまなTOEIC対策用アプリがリリースされており、
世はまさにTOEICアプリ戦国時代。

 

その中でもひときわ優秀なサービスを
3つ紹介していきたいと思います。

 

まず、「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」。
大手のリクルートが運営しているだけあって、
安心安全のサービスが提供されています。

 

7日間無料でおためしが出来る上、
本登録後も月額1980円。

 

スクールに行くより遥かに安い金額で
独学をサポートしてくれます。

 

そのクオリティは素晴らしく、
リスニング・リーディング対策もスマホひとつで
ばっちりできます。

 

2つ目に紹介するのが、「abceed analytics」。

こちらは特急シリーズをはじめとした
TOEICの鉄板参考書の音声・マークシートを
全て収録しています。

 

倍速再生機能もあるため、リスニングの
高地トレーニングやシャドーイング練習にも最適です。

 

アプリ自体は無料なため、特急シリーズを
愛用している人は併用を強く推奨します。

 

3つめ、「mikan」という英単語の
有料アプリを紹介します。

 

これはTOEICのみに特化したわけではなく、
大学受験や英検の各級、TOEFLにも対応しています。

 

ですが、TOEIC単語もばっちり網羅しているので
安心してください。上記の二つを利用して、
サブアプリとして使用するのが望ましいでしょう。

 

・「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」
・「abceed analytics」
・「mikan」

 

スポンサードリンク

『金フレ』『銀フレ』とは

TOEICを勉強している人が一度は聞いたことのある
『金フレ』という参考書。

 

一体どういうものなのでしょうか?

 

金フレは正式名称『TOEIC L&Rテスト 出る単特急 金のフレーズ』
という参考書です。

 

執筆者は有名講師のTEX加藤さんで、
なんとTOEICを何年も受け続け、
ずっと990点満点をマークしている方なんです。

 

そんな人が書いたTOEIC専門の単語帳
ということもあり、本当に良く試験に出題されます。

 

TOEICを実際に受けていると分かるのですが、
「あ!これ金フレに載ってた!!」という単語に
10個以上は出会います。

 

毎月TOEICを受験し、常に最新の傾向を
追い続けているTEX加藤先生だからこそ書ける
珠玉の単語帳。

 

単に単語だけを羅列するのではなく、
TOEICで頻出のコロケーション(熟語)で
掲載してくれているんです。

 

さらに、iOS対応のアプリもリリースされているため、
紙の参考書が苦手な方もゲーム感覚で勉強することができます。

 

Androidの方は、TOEIC対策アプリ「abceed analytics」と
連携することで金フレを電子端末で勉強できます。

 

スキマ時間にこれをやるだけで、
TOEICのスコアは間違いなく上がります。

 

また、金フレが難しいと感じる初学者には、
その基礎版『銀のフレーズ』も出版されました。

 

ぜひ一度覗いてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

ネットの声

 

 

 

スポンサードリンク

まとめ

アプリもいいですが、紙の参考書の金フレは
本当におすすめです。

本屋さんで一度立ち読みしてください。

なんとなくオーラが伝わって来ますから

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒TOEICおすすめ筆記用具
関連記事⇒TOEIC集中力持続法
関連記事⇒TOEICリスニングスコアアップのコツ
関連記事⇒TOEIC受ける意味
関連記事⇒TOEICスコアが上がらない人の特徴

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA