親の介護で20代なのに退職してもいいのか?

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

親の介護が急に必要になったので仕事を辞めないといけなくなった。
さすがに介護と仕事の両立は難しいので、退職しようと思っている。

しかし、今まで構築してきたキャリアや
周りになんて言われるのかわからないので迷っている。

そんな20代って、結構いるらしい。

たしかに、親の介護で退職しますという言葉を
上司の人に伝えることって大事だけど勇気がいりますからね。

そこで、今回は親の介護を理由に20代で退職するメリット
またデメリットなどについて紹介させていただきます。

スポンサードリンク

親の介護を理由に退職するメリットとデメリット

メリット

 

メリットとしては、親が住み慣れた自宅で
生活を送ることができる点があげられます。

老人ホームだと暮らしになかなか慣れることができず、
また知らない人に介護されているという罪悪感から
ストレスが溜まりがちになってしまい

ヘルパーさんとのトラブルになりがちであります。

しかし、子どもに自宅で介護されると
安心して生活を送ることができるのであります。

これまで、育ててきて貰った恩返しをしたいという人にとっても、
そばで見守ることのできるいわゆる在宅介護は非常によいことがいえるでしょう。

費用面においても自ら介護する分、
介護費用がかからないこともメリットとしてあげられ
介護費用の分で家のリフォームや旅行といった
楽しみを作ることができるのです。

仕事を続けながらの介護だと、
仕事といった負担を背負いながらまた介護という負担がのし掛かって来て、
ストレスがたまってしまいうつ病になってしまうリスクが増えてしまいます。

仕事を辞めると、介護だけに集中できるため
少し気持ちが楽に生活できるといえます。

デメリット

デメリットは、介護者の精神的・肉体的負担が
大きいことであることがいえます。

介護は24時間つづくいあば重労働であります。
介護保険サービスや老人ホームなどにあるデイサービスなどを
上手く活用しながら、無理のない範囲で介護をしましょう。

退職したのだから介護は24時間しなければならない。
親の介護は子どもがしっかりとみないといけない。

という考えに押し潰されてしまいますと、
楽しみが無くなっていき、介護うつになってしまいます。

介護うつになってしまいますと
気力がなかなか取り戻すことができません。

夜間に状態が急変した場合などの
対策も必須であるため寝不足には注意したいところです。

退職したからといって24時間1人で面倒みるのは
大変な作業ですので、保険や周りの助けを借りるなど
して負担のかからない介護を目指しましょう。

スポンサードリンク

介護を理由に退職するのはアリ

アリです。世の中企業したから退職する人もいますし、

またやりたい事が見つかったので退職する人、
引っ越しや結婚、子育てをきっかけに退職する人もいるので、全然アリです。

退職する理由は人さまざまであります。

退職届けを提出する際は少し勇気がいるかもしれませんが、
上司の人に理由をきちんと説明すれば退職届けを受理してくれます。

退職した後は、両親どちからかの扶養に加入すると
年金や健康保険の料金は実質かなりお得になりますので
扶養手続き方法を確認しても良いでしょう。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

まとめ

親の介護を理由に退職するのは勇気が入りますが、
上司にしっかりと説明することによって、

退職届けを受理してもらえる確率が高くなりますので、
退職理由の説明は上司に細かくしておくとよいことがいえるでしょう。

退職の手続きが終わると両親いずれかの雇用に
入っておくことをおすすめいたします。

そのようにすることで、
保険や年金をお得に受けとることができるからです。

介護を理由に転職する際は、
自己都合退職で退職手続きを進めるようにしましょう。

介護は負担が大きいので、1人で背負わないで
保険やデイサービスを活用するなどをして
負担の少ない介護を目指すことを心がけましょう。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA