親の介護で退職するときの挨拶の考え方とスピーチ例文

親の介護が大変なので、退職しようと決めたけど
退職スピーチで何を話せばよいのかわからない。

退職当日はどのように振る舞えばいいのか。

 

手土産などは持参したほうがよいのかなど、
色々考え過ぎて夜も眠れないほど悩んでいる
という方はいると思います。

 

悩み過ぎて、悩み過ぎて困っている
何か改善策はないだろうか。

安心してください。用意しています。

 

こちらの記事では、退職日にやるべきこと、
挨拶スピーチの話す内容について紹介させていただきます。
ぜひご覧ください。

この記事は以下のサイトを参考にさせていただきました。

【参照サイト】
・https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/42534/

スポンサードリンク

退職日にやるべきこと

退職日は、お世話になった感謝の気持ちを
行動で示すことが大切であることがいえます。

 

感謝の気持ちを行動で示すためにも、
普段よりも早く出勤することを心がけましょう。

 

このような行動が感謝の表れとして、
今まで一緒に働いてきた上司、先輩、同僚、後輩に伝わります。

 

始業前

始業時間になるまでは、これまでに自分が
使ってきたデスク周りの掃除をします。

 

必要ないものは処分して、会社から借りているものは
返せるように整理をしましょう。

 

自分で購入して使っていたものについては、
持ち帰れるようにカバンに入れておきます。

 

会社にお礼する気持ちを忘れずに
片付けをおこないます。

 

始業時間中

始業時間が始まりましたら、
忙しくなさそうなタイミングを見計らって
お世話になった上司に挨拶をします。

 

今までの感謝と、これからに対する
前向きな気持ちを伝えましょう。

引き継ぎ

午前中から夕方にかけては、
業務の引き継ぎの最終確認をおこないます。

 

すでに退職日当日までに業務を整理して
引き継ぎしておくことが理想です。

あとに残された人たちが困らないように
リスト化して引き継ぎ漏れを防ぎましょう。

 

引き継ぎが完了したら、
漏れやミスはないかの最終確認を
しっかりとおこないます。

 

会社に申請が必要な書類もあるので、
事前に確認しておくとよいでしょう。

 

終業1時間前

終業時間から1時間ほど前になりましたら、
お世話になった上司や同僚に

 

退職の挨拶メールを送ります。
目安は終業時間の1時間前です。

 

※9時~18時の勤務時間であれば、
17時ご頃がベストタイミングです。

 

退職スピーチのタイミング

終業時間になりましたら、感謝を込めて
退職のスピーチをします。

 

終業時間になった時にスピーチの時間を
設けてもらえる会社が大半ですが、

事前にスピーチするタイミングを
確認しておくとよいでしょう。

 

終業時間が過ぎたら、在籍する部署内の方々など、
お世話になった上司、先輩、後輩に退職の挨拶周りをします。

 

この挨拶の際にお菓子を配ると
好印象を最後に残すことができます。

お菓子選びの基準としては、

・1人あたり100円~300円相当のお菓子
・個包装してあるお菓子
・賞味期限が長いお菓子’’

以上の3点を基準にして選びましょう。

 

一人ひとり配るのが大変であれば、
部署単位で購入して、

あとで配ってもらっても良いでしょう。

>>>挨拶やお礼に最適なお菓子

 

スポンサードリンク

退職スピーチの考え方

最初に退職スピーチのマナーについて紹介します。

マナー 1 批判的な意見はしない。

退職理由は、必ずしも前向きな内容ばかりではないと思います。
親の介護だと余計にネガティブな理由が含まれると思いますが、

ネガティブな意見は、会社に残る人達の気分を
下げてしまう形になりますので、

これまでお世話になった会社への感謝を伝え、
お互いが気持ち良くなるように

ポジティブな挨拶内容にしましょう。

 

マナー 2 ゆっくりと。ハキハキと話す。

人前に立つとどうしても緊張のあまり、
早口になったり小声になったりしてしまうことでしょう。

しかし、そのようにしていると
伝えたい感謝の気持ちが相手に届きません。

ゆっくりとハキハキと話すようにすると、
感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

 

マナー 3簡潔に話す。

思い出のエピソードがたくさんあり
話したいと思う気持ちはわかります。

 

しかし、長々と話すのはよくありません。

 

聞く側の社員が疲れてしまうだけではなく
帰宅時間が遅くなってしまいます。

 

そのため、スピーチは3分以内を目安に
考えるとよいでしょう。

 

次に挨拶スピーチの例文を紹介させていただきますので、
ぜひ参考にしてください。

スピーチの例

’みなさま、お忙しい中、私のためにお集まりいただき、ありがとうございます。一身上の都合により、本日をもちまして退職させていただきます。私は新卒で入社して丸3年。当初は学生の気持ちが抜けず、多くのご迷惑をかけたことと思います。正しい敬語を使えないことからはじまり、業績も伸び悩む時期も長くありましたが、見捨てずに向き合い続けてくれたみなさまからのご指導のおかげで成長することができました。特に配属直後に教育を担当していただいた上司の◇◇さんをはじめ、先輩方には感謝してもしきれません。社会人として、営業として、多くのことを学ばせていただきました。ここで培った経験は、私の人生にとって財産です。この経験を今後も活かしていくことがみなさまへの恩返しになると信じ、頑張っていきたいと思っています。お世話になったみなさまのご活躍とご健康を心よりお祈りしています。本当にありがとうございました。’’

例文で約400字ありますので、
文字数の目安といたしましては、

300字から400字が丁度よい
長さであると思います。

スポンサードリンク

ネットの声

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

まとめ

退職日の過ごし方や退職スピーチの
内容について紹介させていただきました。

退職日については、上司や同僚、後輩に
感謝の気持ちをしっかりと伝え、

今までのお礼の気持ちをはっきりと伝えましょう。

また、挨拶スピーチが長すぎると、
職場の方々の帰宅時間が遅くなってしまいますので

挨拶スピーチは3分後程度、
300字から400字程度にまとめておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA