親の介護で退職、20代ニートは抵抗がある?

親の介護をするために、退職すると
20代でニートになることになるので、

・社会的信頼を失うのではないか
・生活に困るのではないか
・周りの人に冷たい目で見られるのではないか

などなど、つい思ってしまいがちです。

そこで、今回はニートのメリットとデメリット、
ニートでも介護をしながら、お金が稼げる

在宅ワークについて紹介させていただきます。

ニートなのに、お金が入ると聞いて
違和感を感じてしまう人もいるかも知れませんが、

慣れると体力的にも精神的にも負担がなく
親の介護を続けられます。

この記事は以下のサイトを参考にさせていただきました。

【参照サイト】

・https://president.jp/articles/-/17223
・https://www.zabroow.com/entry/sengen

スポンサードリンク

ニートのメリットとデメリット

メリット

メリットとしては、
やはり朝早くに出勤しなくてもよい点が大きいですね。

特に低血圧で朝は疲労感を感じやすいという人は
非常に大きなメリットとなるのではないでしょうか?

仕事でも疲労感を感じ、ようやく仕事が終わりやっと
家で休めると思ったら次は親の介護が待っています。

疲労感+親の介護はつらいですよね。
しかし、退職して仕事から解放されると疲労感なく
親の介護ができますので、

気持ち的には楽に介護をができるというのが
メリットであります。

デイサービスで一時的に親を介護施設に預ければ
その時間で趣味や副業ができ、

お小遣いや、頑張れば生活資金を
稼ぐことができます。

副業の詳細については、
デメリットの次に紹介させていただきます。

デメリット

デメリットはやはり、安定的な収入が無くなることです。

企業に勤めていると毎月生活できる程度の
資金を受けとることができるので、

その点は非常に大きいですね。

また、会社の忘年会や新年会などのイベントを
楽しんでいたという人は、

そのような楽しみが一切無くなってしまうので、
生きがいがなくなり、

上司や部下との交流の場が無くなってしまうので、
今までにはなかった孤独感を感じやすく
なってしまうかもしれません。

あなたが退職するとなると、
今まで貯めてきた貯金を崩しながら、

親の年金で暮らすことになりますので
精神的にも辛くなってしまうかもしれません。

貯金も無くなってしまうと親の年金だけで、
家計を支えていかないとだめなので
きつくなってしまいます。

そうならないために、
在宅ワークという方法で家計を支えるという
選択肢を考慮してはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

介護をしながら在宅ワークをするのもあり

近年注目されている『在宅ワーク』

この在宅ワークにはさまざまな種類があります。

ブログを作って収入を得たり、インターネットに載せる記事の
依頼をこなしたりして収入を得たり、

イラストを書いて収入を得たり、電話越しで悩み相談などを
しながら収入を得たり、

ハンドメイド作品を売りながら収入を得たり、
物販をしながら収入を得たりと

さまざまな方法でお金を稼いでいる人がいます。

このような、在宅ワークは別名『副業』といわれており、
サラリーマンをしながらこのような副業をして
お小遣い稼ぎをしている人だっているのです。

退職したら本業として頑張らないといけないので
ここでは副業ではなく在宅ワークといわせていただきます。

在宅ワークを始めるには

最初に在宅ワークを掲載しているアプリをダウンロードします。

アプリがダウンロードできたら
次に振り込み口座情報などの必要事項を記入します。

必要事項が記入できたら、
募集している案件に片っ端から応募していきます。

あとは、相手側から契約がきたら
無事に契約終了です。

納品できるまで精一杯頑張りましょう。

あと、パソコンからの仕事では
『ココナラ』が有名ですね。
↓↓↓

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

まとめ

親の介護でニートになっても在宅ワークという形で
介護をしながらお金を稼ぐという方法がある点について
紹介させていただきました。

在宅ワークなら、アルバイトや派遣といった
時間に縛られるという形ではなく、

自分のペースで働けるため安心して、
お金を稼ぐことができます。

しかし、最初から仕事があるとは限りませんので
退職したばかりのころはアルバイトや派遣といった
短時間労働をしながら親の介護をする方法をおすすめいたします。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA