八村塁もおすすめ!北陸製菓の白えびビーバーってどんな味?

先日、NBAウィザーズに入団した八村塁選手が
ご自身の故郷の富山県民が愛する銘菓

『白えびビーバー』をチームメイトに配って
好評を博していました。

さて、その白えびビーバーってどんなものなのか?
いろいろ調べてみました。

 

スポンサードリンク

北陸製菓の白えびビーバーとは?

白えびビーバーは北陸製菓が作った
「ビーバー」という米菓のアレンジバージョン

ビーバーは富山県民が全国区だと勘違い
するぐらい広く知られている商品です。

 

昭和45(1970)年に誕生してから、
50年近くも石川県民がこよなく愛するお菓子です。

ビーバーは、平成25(2013)年に
製造会社の倒産によって一時販売中止となったものの、

復活を求める地元民の熱烈な声に応える形で、
平成26(2014)年に再び店頭に並ぶことになりました。

現在、レシピを受け継ぎ、ビーバーを製造
しているのが北陸製菓です

北陸製菓は100年近い歴史を持ち、
「ハードビスケット」や「シガーフライ」など

ヒット商品を多く生み出しています。

当初は、少しの環境の変化でも影響を受ける
ビーバーの味を再現するのに随分苦労したそうです。

出典:https://co-trip.jp/article/147030/

 

『ビーバー』の名前の由来は970年に開催された
大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯に

似ているところから命名されたそうです。

ちなみにビーバー人形とはこれの事です。
似てますか?
↓↓↓

ちなみに、白えびビーバーは普通のビーバーに比べると
生産数が少ないため、店で見かけると大変ラッキーなんだそうです

 

スポンサードリンク

白えびビーバーってどんな味?

白えびビーバーってどんな味なのでしょうか?

まずはベーシックタイプの「ビーバー」の
お味はというと

北陸産のもち米に日高昆布を練り込んだ生地を高温で揚げ、
サクサクのあられを作ります。

味付けは、鳴門の塩だけと極めてシンプル。

塩味と昆布の旨みが引き立てどれだけ食べても
飽きない味がビーバーの魅力です。

出典:https://co-trip.jp/article/147030/

 

なるほど。

昆布と塩味か。

昆布の旨味成分に塩味を加えるというシンプルさ。

これは味の比率がぴったり来ると、たしかに
キャント・ストップあんどエンドレスになる
ことうけあいですね。

そのキャント・ストップ&エンドレス必至な味に
「白えび」という富山湾の宝石ともいわれる

白えびの香りと甘みが加わるんですね。

キャント・ストップ&エンドレス&リピート確定
ネバーエンディングスナックというわけですね。

これはとんでもないお菓子ということですねぇ。

 

スポンサードリンク

 

『北陸製菓の商品ラインナップ』

北陸製菓の商品ラインナップを見ようとしたのですが、
サーバーがダウンして見ることが出来ませんでした。

仕方ないので楽天で一覧を貼っておきます。
北陸製菓 商品一覧

北陸製菓株式会社(ほくりくせいか)は、
日本の菓子メーカー。

ビスケットやカンパンで知られる。

略称は北菓(ホッカ)。

本社所在地は石川県金沢市にある。
主な製品
ビスケット
カンパン
米菓や豆菓子
海老煎餅
ムーミンビスケット
ビーバー

出典:ウィキペディア

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北陸製菓 【北陸限定】白えびビーバー 78gX12袋
価格:3624円(税込、送料無料) (2019/7/15時点)

楽天で購入

 

 

 

みんなの声

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA