ニホンカワウソの生き残りか?2017年の目撃情報が怪しい

出典:youtube

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

 

日本では絶滅したと言われている

『ニホンカワウソ』

ですが、先日、長崎県の対馬でカワウソが
撮影されました。

映像を見る限りではカワウソですが、
まだニホンカワウソだと断定はされていません。

生き残っていてくれると嬉しいですが、
今なお全国で報告されている目撃情報も

『もしかしたらミンクかヌートリアなんじゃないか』
って言われています。

そこで、現在どんな目撃情報があるのか
いろいろ調べてみました。

2017/10/15 一番下に追記アリ

スポンサードリンク

長崎県、対馬で発見されたカワウソ

もしかしたら韓国から泳いできたかも知れません。

 

じつは釜山でも目撃情報があって、
20匹程度がいるのではないかと言われています。

参考サイト:西日本新聞

 

対馬海流はとても早いので、
カワウソが泳いで渡るには

 

少々難しいとされていますが、
対馬は釜山とそれほど離れていませんし、

 

もしかしたら人間が想像する以上の
ミラクルがあったのかも知れません。

 

出来ればニホンカワウソであって欲しいですが、
あんまり期待していない自分がいたりします(-_-;)

スポンサードリンク

高知県の目撃例

個人でニホンカワウソを追いかけている方がいます。
主に高知県における目撃情報なのですが、

コチラのサイトで紹介されていました。

『四国の観光』

動画もあるのですが、
ちょっと分かりづらいです。

 

四国の吉野川や四万十川などの清流には、
とても自然が豊富なので、
カワウソがいてもおかしくないぐらいです。

 

ホントに胸熱になる、
そんな気持ちにさせてくれます。

 

今回、対馬でそれらしきカワウソが
発見されましたが、

できれば高知には、正真正銘のガチの
ニホンカワウソが生息していて欲しいです。

 

カワウソと間違えられる生き物

しばしばカワウソと間違われる生き物を紹介します。

ヌートリア

ヌートリアは近畿一円に生息している
外来種です。

 

こちらも戦時中に毛皮目的で輸入されました。
現在は飼育禁止の特定外来種になっています。

ヌートリア

 

天敵がいないので、繁殖しまくりです。(^_^;)

 

良く見ると可愛いのですが、
大型のドブネズミにも見えます。

 

ミンク

ミンクもよくカワウソに見間違えられます。

水にぬれた体は確かに良く似ています。

もともとは北米原産ですが、
毛皮をとる目的で1928年ごろに北海道で養殖されていました。
1960年代以降に数匹の個体が逃げ出し野生化しました。

北海道以外にも宮城県、福島県、長野県で確認されています。
恐らく今後も増えていくでしょう。

 

 

スポンサードリンク

他の目撃動画

福島で撮影された動画。
あまり良く見えませんが、
福島県だとミンクの可能性が高いです。

 

場所は特定できませんが、
撮影者は『ヌートリアとは確実に違う』と言っています。
とても期待できますが、撮影場所はいったいどこなのでしょうか。

これもミンクの可能性が高いですね。

スポンサードリンク

 

まとめ

戦時中に毛皮目的で乱獲され、
今となっては絶滅したと言われている

『ニホンカワウソ』ですが、

ぜひ、生き残っていて欲しいです。

 

四国の吉野川を船で遊覧したのですが、
自然がいっぱいで、カワウソがいても不思議ではないですね。

 

ただ、カワウソって80cmぐらいあるんですよね。

 

仮に生存していても、群れを養うだけの栄養が
吉野川にあるのか、ちょっと微妙なので、

ごく少数なら生存してるかもしれません。

 

っていうか、やや大型の哺乳類なので、
もともと数はそんなにいなかったのでは
ないかな。

 

絶対数が、少なかったから
絶滅したんじゃないでしょうか。

 

しかし、カワウソって
河童の元ネタだって話ですよね。

 

夜中に川でカワウソをみたら
確かに河童に見えたかもしれません。

 

昼間見る限りでは、とってもかわいいのですが、
ぜひ生き残ってほしいですね!

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

2017/10/15 追記

排泄物などから、韓国やサハリンに住む
ユーラシアカワウソであることが確認されました。

残念ですが、ニホンカワウソとは違うようです。

それにしても韓国から泳いで来たんですね。

すごい泳力です。

 

こちらの記事もどうぞ⇒イヌワシが2歳児を連れ去る事件!

関連記事⇒ヌカカという恐ろしい吸血虫
関連記事⇒ワニガメとカミツキガメの違い
関連記事⇒サムライアリはヒアリを退治できるのか?
関連記事⇒奇跡のニワトリ”まさひろくん”

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA