リュウグウノツカイを食べてはいけない?実際はどうなのか調べてみた!

冬場になると深海魚が打ち上げられたというニュースが
ときどき話題になりますね。

滅多に見られない生き物ということで、
興味がわきます。

その中でも「味」に関しては多くの人が
興味のあるところでしょう。

ところが「リュウグウノツカイをたべてはいけない!」
という人もいるらしいのです。

でも、ツイッターでは美味しかったの声もありますし、
実際のところ、どうなのか調べてみました。

結論から申し上げますと、
・食べれるけど基本的に美味しくない。
・ある特定の調理をすれば美味しい。

でした。

詳しく述べていきます。

リュウグウノツカイは食べてはいけない?

馴染みのない魚なので、毒を持っていたり、
何か人間には消化できない油を大量にもっていたりするかも・・、

と思ってしまいますが、

ネットを調べると実際に食べたという情報があります。

ただ、浜辺に打ち上げられた状態のものではなく、
漁師さんの網にかかっていたものを
いただいて食べた、という報告のものでした。

 

 

 

 

 

「リュウグウノツカイを食べてはいけない」という人は
恐らく衛生的な問題をいっているのでしょう。

また、深海魚には人間に消化できない油をもったものも
いるそうなので、

そう言った魚と混同すると、食べてはいけないって
思ってしまったのかもしれません。

 

ただし、バラムツという魚は本当に
人間には消化しきれない油を持っているようなので、
バラムツは本当に食べない方がいいみたいです。

食べると激しい下痢に襲われるそうです。

 

リュウグウノツカイは何をたべているの?

リュウグウノツカイは何を食べているのでしょう?

あの体形からいって、そんなに素早く動けそうもないので、
じっとしているものか、動きの遅い生き物を食べていそうですね。

調べてみると、胃の消化物から
オキアミを食べていることが分かりました。

オキアミは一見すると海老のように見えますが、
どちらかというとプランクトンの仲間に分類されるそうです。

ようするに、動物性プランクトンを主食にしているってことっですね。

リュウグウノツカイの味はどんな感じ?おいしい?

先ほども述べましたが、リュウグウノツカイは
煮つけや汁物、あと心臓部位は美味しいそうです。

ですが、刺身、から揚げ、塩焼き
それらは美味しくないようです。

なにやら身に水分を多く含んでいるようで、
癖のある味のようです。

具体的には下の動画をご覧ください。

 

 

スポンサードリンク

感想

今回は、なぜ「リュウグウノツカイを食べてはいけない」を
調べてみました。

実際は、「食べてはいけない」のではなく
食べてもあんまり美味しくない

というのが正解のようです。

まぁ、そんなに美味しくないのなら
食べなくていいですね。

マグロ以外の魚で大きいものって
だいたい味が悪いイメージがありますが、

深海魚だと、なおの事、美味しくないみたいですね。

機会があったら食べるかもしれませんが、
その時は煮つけを食べてみたいです。

以上です。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒イヌワシが子供を連れ去った事件
関連記事⇒鯨油の採取方法ってこんなん

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA