逆さまに反転して見ても読める文字『アンビグラム文字』

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

最近、ネットやTwitterで『アンビグラム』というデザインが流行とのこと

普段、見慣れている文字が、デザイン一つで
面白くなります。

どんなものなのか、またどうやって書くのか、
いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

アンビグラム文字とは

文字をいろんな角度から見ても読むことが出来るデザイン。
180度回転させたり、鏡文字にしたり、

ほとんどは対称的(シンメトリカル)に読める語句が多い。

 

スポンサードリンク

アンビグラム文字 作品画像

 

 

 

 

 

 

ちょっと変わり種
『グッドモーニングアメリカ』の文字見つけられますか?

意瞑字査印さんの作品

回転寿司です。文字通り回転しても上手く出来てますね!

逆転しても読めます。

赤いきつねと緑のたぬき

スポンサードリンク

アンビグラム文字の作りかた

さくらという文字を題材に書き方を説明します。

『さくら』という文字をひっくり返しても
『さくら』と読めるようにします。

手順1 2つの文字を上下に並べる

手順2 共通する部分を太くする

 

手順3 共通しない部分を細く付け足す様に書く

 

『さ』の文字が『ら』と読めるようになりました。

 

逆さにしても『さくら』と読めるようになる

出典:https://videotopics.yahoo.co.jp/video/news24/162262

スポンサードリンク

まとめ

いつも見慣れている文字が、アートになるなんて
素晴らしいですね!

じつは芸術って、とっても身近なものなんだって
感じることができました。

 

皆さんも一度、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA