リレーアタックの手口と簡単な対策5選まとめ

最近の車は昔ながらの鍵ではなく、
スマートキーと呼ばれるものが主流になってきました。

 

持っているだけで鍵が開いてくれるなんて
本当に便利ですよね。

 

もう、昔みたいにガチャガチャあけたり、
無線で信号を飛ばして開けたりとか
面倒になってきます。

 

ところが、便利になった裏には
良からぬ事も出てきます。

 

残念ながら、このスマートキーを狙って
行う犯行が増えてきているのです。

「リレーアタック」

 

まるでリレーをしているように、
チームプレーで行うこの犯行。

 

いったいどんな仕組みなのでしょうか。

また、その対策とは。

いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

 

リレーアタックの手口

出典:youtube

リレーアタックの手口は次のような感じです。

 

基本的に複数人で犯行にあたります。

 

手口を一言で言うと、スマートキーの
微弱電波を盗んで開錠するという手口なのですが、

 

手順の流れはこうなります。

1.犯行グループの一人が運転手に近づく

2.特別な装置でスマートキーから出る微弱電波を受信

3.盗んだ電波を増幅させて仲間に送信

4.増幅された電波をリレーさせながら車に近づく

5.鍵の解除をする

6.窃盗役が車に乗り込む

7.エンジンをかけて盗難

 

8.海外に出荷

 

これらの手口の動画がありました。

 

スマートキーの電波と同じものを使われたら
いくらセキュリティを高めても簡単に破られてしまいます。

 

しかも、このリレーアタックの被害って、
正確な数が把握できていないそうです。

 

ちなみに、盗難した車はたいていの場合、
海外に売られます。

 

タイなどでは日本のナンバーがついたまま
販売されていたりするそうです。

 

犯行グループは安全な場所に車を移動させてから
新しい装置をつけてエンジンを再スタートできるようにして
出荷するそうです。

スポンサードリンク

番外編 リレーアタック以外の方法

出典:youtube

また、スマートキー以外の盗難では、
イモビライザーを無効化して犯行する手口もあります。

1.ボンネットの隙間にエアポンプ入れて浮す

2.ボンネットロックのラッチの向きとセキュリティホーンを確認

3.フェンダー内のボンネットオープナーのワイヤーを引っ張り

4.薄い工具でボンネットロックを外す

5.ウレタンスプレーでセキュリティホーンをふさぐ

6.工具で強引にドアロックを開ける

7.イモビライザーを登録してエンジンかけて盗難

ご覧のように、スマートキーと違って、
時間がかかるので、監視役と作業役が必要になります。

人気の多い場所だと、あまり有効な方法には思えません。

スポンサードリンク

キープログラマー車両盗難とは

リレーアタックと手口は似ているのですが、
電波の収集元が違います。

車から直接電波をコピーして、
新規にスマートキーを作ります。

これは純正のスマートキーを紛失してしまったときに
使用するものだったのですが、

これが悪用されるようになりました。

ちなみにこれがそのコピー機器です。
↓↓↓
元SuperOBD SKP 900キープログラマv3 . 2サポートほぼすべての車モデルwith Lifetime無料更新

 

ピッキングで車に侵入

車でキープログラマーを作動させコピー

そのまま使用する。

 

車に侵入するテクニックと、機器を操作する時間が必要なので
経験が必要になります。

 

ちなみに、この盗難方法も
こちらの機器で防げます。

 

もう、いたちごっこですね。

 

スポンサードリンク

リレーアタック対策、簡単5選

手口がわかってしまえば対策は簡単です。
要するに電波を奪われないようにすればいいのです。

 

それはお金をかけなくてもできることから
有料までさまざまです。

 

ここでは5つご紹介します。

 

その1 定期的に振り返る

これはお金をかけない一番簡単な方法ですが、
めちゃくちゃ面倒です。

 

手口の動画をご覧になるとわかるのですが、
一人は必ずあなたの後ろをつけて回ります。

 

車から離れて、すぐに振り返って、
誰も車に近づいていないことを確認。

 

しばらく歩いて立ち止まり、
誰も後ろから尾行していないことを確認。

 

ということを繰り返すわけですが、
結構面倒です。(;^ω^)

 

対策が間に合わない場合の応急手段として
考えてください。

 

実際にやるときは、道の端っこによって
いきなりクルッと振り返って立ち止まる。

 

もしくは、「あ!いっけねー!忘れ物!」

のような小芝居をうって振り返ると
変に思われなくていいですよ(;´∀`)

 

スポンサードリンク

その2 アルミホイルにくるむ

スマートキーをアルミホイルにくるむだけでも
微弱電波を抑えることができます。

安くていいのですが、おしゃれとは
かなりかけ離れていますね(;^ω^)

 

その3 電波遮断ポーチ

電波遮断ポーチは安くて実用的です。

 

見た目もアルミホイルに比べて
ちゃんとした感じですし、種類も豊富です。

 

一番実用的な選択肢だと思います。

 

電波遮断ポーチ

 

その4 スマートキー連動セキュリティシステム

スマートキーと連動したセキュリティシステムも有効です。

 

スマートキーを解除しても、セキュリティシステムを
解除しなければ、警報がなったり、ドアをロックしたりします。

 

電波遮断ポーチと併用すれば、
かなりの防犯対策になると思います。

 

スマートキー連動盗難警報装置 一覧

 

その5 ハンドルロック

電子機器の発達により、盗難と防犯は
なんだか『イタチゴッコ』のようになってきました。

 

そんな中、このハンドルロックだけは、
今もなお、高い防犯効果が期待できます。

 

ずいぶんアナログな装置ですが、
こういうのが最後に残っていくのでしょうね。

見た目のアピールもすごいですよね。
確かに盗む気持ちがなくなります。

 

ハンドルロック一覧

スポンサードリンク

リレーアタック対策実証テスト

リレーアタック対策の実証テストを
している動画がありました。

 

スバル車とマツダ車で実証しています。

 

各対策はキチンと効果がありました。

 

 

トヨタ車では警報装置のVIPERが有名ですね。
実際のリレーアタック対策がきちんとできている
実証動画がありました。

 

 

スポンサードリンク

ネットの声

・リレーアタックとか編み出す頭あったら別につかえよ!

 

・10年以上前の車を乗っているおいらには無縁な話だな

 

・リレーアタックは対策がしやすい。イタチゴッコだな。

 

・リレアタじゃないけど、盗難にあったやつが、
盗難保険かけてたから、いっそ見つからずにいてって言ってた。

次の車の頭金にするそうだ。

 

・今も昔もハンドルロックが一番はったりが利くぞ!
盗まれたくないやつは真剣に考えてみ

 

・めっちゃガラガラに空いてる駐車場でも
隣に止めて来る車がいて、「もしかしてリレーアタック?」
って思って、気持ち悪かった

 

スポンサードリンク

盗難されやすい車、ワースト10

週刊プレイボーイ 2018年6月11日号にて
【窃盗団が狙う被害車両ワースト10】

という特集がありました。

以下、順位になります。

1.プリウス(トヨタ)
2.ランドクルーザー(トヨタ)
3.ハイエース(トヨタ)
4.レクサスシリーズ(トヨタ)
5.スカイライン(日産)
6.クラウン(トヨタ)
7.アクア(トヨタ)
8.キャンター(三菱ふそう)
8.フォワード(いすゞ)
10.クレスタ、チェイサー、マークx、マークⅡ(トヨタ)

これは日本損害保険協会が行った
「自動車盗難事故実態調査」のデータによるものです。

車両盗難で保険金を支払った件数が2017年11月に
最も多かった車種はプリウスで、全体の約20%になります。

ちなみにプリウスは同調査で4年連続トップ。

特に屋外駐車場に停めているプリウスオーナーは
盗難の処置を意識したほうが良さそうです。

防犯におすすめは、繰り返しますが
『ハンドルロックバー』です。

ベタですが、これが一番効果あります。

KAOKU ハンドルロック 愛車盗難防止 防犯用 自動車 超強力 セキュリティー スペアキー 3本 ブラック

スポンサードリンク

国産車のリレーアタック対策 セキュリティ

国産車メーカーそれぞれの車種に対する
リレーアタックの対策方法をしらべました。

各社、ともに共通する部分が多く
どれも簡単です。

 

リレーアタック対策 日産

日産の車にリレーアタック対策を施す場合は、
基本的なリレーアタック対策と同じように
電波の遮断になります。

先に述べた対策5選の他に、タイヤロックの
併用もおすすめです。

タイヤロックはいろいろ種類がありますが、
タイヤごと外されないようにホイールナットが
隠れるタイプがお勧めです。

タイヤロック一覧

 

リレーアタック対策 トヨタ

トヨタ車のリレーアタック対策はハリヤーを題材に
別記事を上げていますので、そちらを御覧ください。

トヨタ ハリアーのリレーアタック防止策

 

リレーアタック対策 スズキ

スズキ車のリレーアタック対策を行うには、
解錠の元となるスマートキーの電波を遮断するのが、
現実的かつ効果的な方法です。

具体的には、電波を遮断するポーチなどに
スマートキーをしまうのがベストで、
リレーアタック防止用の商品が市販されています。

スマートキーはコンパクトサイズなので、
専用のポーチ以外にも収まりますが、
やはり簡単かつより確実な方法を選ぶなら、
市販の電波遮断ポーチに入れるのがベストです。

電波遮断ポーチを使用する際は、
実際に車のドアの前に立って、スマートキーが
反応しないかチェックする必要があります。

もしもの事態に効果がなければ
意味がありませんから、

対策を行う時は必ずテストを行いましょう。

手元にグッズがない、でも今直ぐ対策する
必要がある場合は、蓋つきの空き缶でも

代用できるので、こういったアイテムを
使うのも1つの手です。

リレーアタック対策 スバル

スバル車でリレーアタック対策をしたい。

そういう時は純正のスマートキー連動
セキュリティユニットを搭載した上で、

電波遮断も行うのが合理的です。

スマートキー連動セキュリティユニットは、
スバルに限らず各社が販売していますし、

市販の社外品もありますが、
無難なのは純正品を選ぶことです。

純正品ならほぼ確実にリレーアタック対策効果が
発揮される上に、メーカーが効果や有用性を
保証してくれるので安心です。

後はスマートキーのロックボタンを押しながら
解除ボタンを2回押して、

インジケータが4回点滅すると
ドアノブにロックが掛かります。

この状態だと電波が発信されなくなりますから、
覚えておくと気軽に対策できるので便利です。

ただし、うっかり電波OFFを忘れると
気づかない内に車が盗難に遭うリスクが高まるので、

確実性を高めるにはポーチなどの
物理的な電波遮断が必要です。

 

リレーアタック対策 三菱

リレーアタック対策の基本は電波の遮断なので、
三菱車もやはり電波遮断を行うのが理想的です。

ポーチに入れたり空き缶を使うのも良いですが、
ハンドルロックのようなアイテムを使うのも良い方法です。

ハンドルロックは文字通り、ハンドルを
物理的にロックして動かなくするもので、

アナログながらもセキュリティレベルの
向上に有効です。

ただ、車ごと牽引される盗難には無効ですから、
あくまでもリレーアタック対策として
検討するのが賢明だといえます。

強引な盗難の対策も行うのであれば、
スマートキーと連動するセキュリティ向上も
一緒に行うのが良いでしょう。

正規の手順以外で解錠したり、
大きな振動を与えるとサイレンがなるので、
盗難防止にとても効果的です。

スマートキーの電波遮断と並行して
対策を行えば、相乗的に更に優れた効果が得られます。

リレーアタック対策 ホンダ

リレーアタックへの対応は手間が掛かるものですが、
ホンダ車の場合も面倒がらずに対策を講じることが不可欠です。

電波を遮断するポーチや空き缶に入れたり、
スマートキー連動セキュリティの搭載も基本ですが、

いわゆるアルミホイルで包むという方法も
同様に役立ちます。

一見するとスマートには思えませんし、
決して格好良くはありませんが、

しかし対策としては非常に現実的です。

ポイントは、複数枚を重ねて
スマートキー全体を包むこと。

そして電波を発信する部分に穴を開け、
カバーするように同じくアルミホイルで
フタを作ります。

格好良さはないので人前では
使いにくいものの、

大切な愛車のホンダ車を守る効果は優れます。

盗難目的のリレーアタックは、
何が何でも車を奪おうとする人達が
編み出した悪知恵で、

対抗しても対応してくるのが特徴です。

ところが、スマートキーから電波が
発信されなければこの悪知恵は使えませんから、

やはり根本的な対策が重要というわけです。

リレーアタック対策 マツダ

マツダ車でリレーアタック対策をするには、
小物を入れるポーチを電波遮断タイプにするか、

キーケースをスマートキー対応のものを
選ぶのが基本です。

あるいは、スマートキーの電池を抜いて
電波を止め、使えなくしてしまうようにすると、
リレーアタックは完全に無効化されます。

それでも物理的に牽引する盗難には無力ですから、
マツダ車も追加のセキュリティアイテムで
対応する必要性が高まります。

各種のセンサーで異常を感知して知らせる機能は、
強引な手口の盗難に有効な対策で、
隙を作らない1つの方法となります。

いずれかの方法だけでは、残念ながら
不十分でリスクが残りますが、

このように併用することで
対策効果がアップします。

盗難を目論む悪人は何処に潜んでいても
おかしくないですし、

車を降りて離れた直後にリレーアタックを
仕掛けるケースもあるので、

常に警戒を心掛けて油断しないことが大切です。

 

関連記事⇒【リレーアタック対策】国産車メーカーそれぞれの防止策は?

 

スポンサードリンク

外車のリレーアタック対策 セキュリティ

有名な外国産車のメーカーでは、すでに
リレーアタックに対応しているスマートキーだったり

対策装置が入っているメーカーもありました。

リレーアタックの対策自体は電波を遮断するようにすれば
問題ないので、ご自身でできるのですが、

メーカーがすでに対応しているのは嬉しいですね。

各社、どのようになっているかご紹介します。

リレーアタック対策 BMW

自動車の盗難方法の1つである「リレーアタック」は、
スマートキーを制御するスマートキーリレーに
攻撃を与えることで、

 

純正キーレス連動機能を持っているセキュリティーは
簡単に解除されてしまいます。

 

BMWのリレーアタック対応機能は
現時点で搭載されていないため、

所持しているオーナー自身で対処を行う
必要があります。

 

純正のスマートキーは電波を盗まれないように
電波を通さない専用の箱に収めておくことが
大切ですし、

市販されている携帯電話を圏外にするための
アイテムなども有効だとされています。

 

BMWは輸入車などを使用している方も多いため、
左ハンドル仕様のタイプが多いです。

 

左ハンドルは特にスマートキーリレーを利用した
盗難の被害にあいやすいといわれているので、

 

電波を飛ばさない対策と同時に、ブレーキペダルと
ハンドルを固定してロックする専用の

セキュリティ商品を利用することが対策として効果的です。

 

リレーアタック対策 アウディ

リレーアタックによる自走盗難を防ぐ対策として
「暗証コード式デジタルキーパッド」を
装備する方法が注目されています。

この暗証コード式デジタルキーパッドとは、
エンジンを始動する前にキーパッドに

任意で設定した暗証コードを入力します。

 

LEDの点滅が早くなることで、その間にエンジンが
始動することが出来る仕組みとなっています。

 

入力が違ってしまうともちろんエンジンを
かけることができないので、

自走で盗難されてしまうトラブルを
未然に防ぐことが出来るメリットがあります。

 

純正のスマートキーリモコンの電波を
飛ばさないように、

個別に対処をする方法と合わせて、

車のエンジンをかけられないように
二重に対策をとっておくことで、

大切なアウディの車を自分でしっかり
守ることが出来るようになります。

 

 

リレーアタック対策 メルセデス

メルセデス・ベンツで使用されているキーレスゴーは
リレーアタックの問題の対処として、

2018年7月以降に生産された新車のキー又は、
新型Aクラスには、キーが置かれた後に

約2分経過すると自動でキーから電波を
発信しなくなる機能が内蔵されているので、

自宅にそのまま置いてある場合は
盗難の心配を防ぐことが出来ます。

これはドアロックに関する機能停止によって
起こっており、1時間半後にエンジン始動を

制限する機能も搭載されています。

そのためインストルメントクラスタに
「キーを認識できません」

と表示されていると、

エンジン停止状態から始動しようとした場合に、
エンジンがかからない状態になります。

再度エンジン起動をする場合には、
場所を動かすか、指定の場所に置くこと
によって機能が解除される仕組みです。

旧タイプを利用している場合は
鍵自体を電力消費低減モードにすることや、

金属製のボックスに入れて対策をすることが大切になります。

 

リレーアタック対策 フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンのリレーアタック対策方法には、
通常使用しているスマートエントリー機能を

オフにすることで、電波受信を防ぐ効果が
あるといわれています。

スマートエントリー機能のオフ方法は
キーの施錠ボタンでドアロックをかけてから、

5秒以内に車両のドアハンドルの施錠センサーを
タッチすることで、スマートキーを所持していても

ドアハンドルの施錠・解錠センサーが反応しなくなります。

通常の動作に戻したいと言う場合には、
キーの解錠ボタンでロック解除をするだけなので、

簡単にリレーアタック対策を行うことが出来ます。

他にもスマートキーの電波を物理的に遮断する方法として、
市販されている電磁波遮断ポーチを用意して

ポーチの中にスマートキーを入れておくと
効果的に電波を遮断することが出来るので安心です。

ポーチ型の携帯灰皿でも効果があるといわれています。

 

関連記事⇒【リレーアタック対策】外車におけるそれぞれの防止策とは

 

リレーアタック対策 フィアット

フィアットのリレーアタック対応機能は
現時点で搭載されていないため、

所持しているオーナー自身で
対処を行う必要があります。

 

フィアット所持のオーナーが行うべきなのが、
電磁波遮断ポーチを用意してキーを入れておくか、

スチール缶などの金属の入れ物の中に入れて、
電波ジャックを未然に防ぐことです。

また二重の対策としてハンドルロックを
行っておくことも盗難を防ぐ対策として効果的です。

スポンサードリンク

まとめ

スマートキーってとても便利なんですけど、
かなり脇が甘いシステムですね。

電波がずっと出ているって言うのが
ネックなんですが、

 

ただ、犯行の手口を知ってしまうと対策は容易でした。

 

とはいえ、スマートキーの売りでもある

「両手に荷物を持っていても大丈夫」

なことは出来なくなってしまいましたね。

悔しい限りです。

 

あと、今回は自分でできる対策ですが、

各国産メーカー(トヨタ、日産、スズキ、
スバル、三菱、ホンダ)は

独自のリレーアタック対策ユニットを
販売しているようなので、

 

一度、問い合わせてみてはいかがでしょう。

 

あと、自宅にいるときも要注意です。

 

自宅にいるときはお菓子の缶に入れるなどして
電波が漏れないようにしないと、

 

家にいている間に電波を拾われる場合もあるそうですので
気をつけたほうがいいと思います。

 

特に狙われやすいのは、集合住宅などの
家と駐車場が離れている場合が多いようです。

 

また、短時間だからといっても、リレーアタックは
すぐに盗難できてしまうので、警戒は怠らないほうが無難です。

 

盗難って、「まさか」って時に狙われているので
対策は習慣化できるほうがいいでしょう。

 

盗られてから後悔しても遅いです。

 

初めて納車した日をいつまでも
忘れないようにしたいですね。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒トヨタ ハリアーのリレーアタック防止策
関連記事⇒リレーアタック対策缶の材質にブリキは本当に有効か?
関連記事⇒リレーアタックを缶で防げるのか?調べてみた
関連記事⇒家の鍵がLIXILリシェントの場合、リレーアタックされるのか?
関連記事⇒【リレーアタック対策】外車におけるそれぞれの防止策とは
関連記事⇒【リレーアタック対策】国産車メーカーそれぞれの防止策は?

 

こちらの記事もどうぞ⇒高速道路で居眠りしない方法

 

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA