子供の上手なしつけ方

何人か子がいる親でも、
普通は子育ての初心者になります。

何十年も子育てをしている場合は別ですが、
初めて子供を産んで育てた段階から

いろいろなことに悩み始めるでしょう。

特に、しつけに関してはしっかりと
注意していたつもりでも、

気がつくとできていないようなことも
少なくありません。

ではどのようにしつけをしたら
よいでしょうか。

スポンサードリンク

子供の上手なしつけは早めにすること

まず考えられる1つ目としては、

 

可能な限り早い段階で行うことが
重要になります。

 

昔から、三つ子の魂百までと言う諺や、
鉄は熱いうちに打てと言う諺がある通り、

 

早い段階で身に付けなければなりません。

 

理想としては、言葉がわかるようになった
2歳位から少しずつ教えていくことが重要になります。

 

ですが、すでに小学生位になってしまっている
場合は不可能かと言えばそのような事はありません。

 

どうしたら良いかと言えば、
親が見本を見せることです。

 

基本的に、子供は親のコピーになりますので
知らず知らずのうちに真似していることが
多くなります。

スポンサードリンク

親自身の行動を見直そう

実は、しつけができていないのは
親自身ができていない可能性が高いわけです。

 

親はしっかりとした生活習慣を持っているのに、
子供だけ乱れる事は少ないでしょう。

 

例えば、食事をするときの姿勢などが
これにあたります。

 

背筋を伸ばさず膝を立てて
椅子などに座っている場合は、

 

親自身がどこかでそのような姿勢を
している可能性がありますので

 

いちど自分たちを振り返ってみることが重要です。

スポンサードリンク

しつこいと反抗される

自分たちに問題がなければ、
親に対して反抗している可能性も
否定できません。

 

どのような時に反抗するかと言えば、
あまりしつこく子供に対して押し付けた
時になります。

 

親が知っておきたいのは、
基本的に子自身を変える事はできない
と言うことです。

 

このように述べると、
しつけをすること自体を否定しているように
感じるかもしれませんが、そうではありません。

 

しつけをする場合でも、無理矢理に行う道にはなく、
背中で示してあげることが大事になります。

 

実はそれができている親はほとんどいません。

 

見せていたとしても、悪い見本を
見せている可能性が高いわけです。

 

まずは、命令口調で話すのをやめる
ことが必要になります。

 

まずは、自分の背中で見せることで
いずれはしっかりとした態度を
とるようになるでしょう。

 

ちなみに、正しい姿勢で食事をしたり
勉強する子供は、生まれた時から

 

穏やかな雰囲気の家庭に育っている
可能性が高いです。

 

つまり、親自身が落ち着きがある
生活をしているかどうかも

 

大事と理解しておくと良いです。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

感想

基本的には躾は言葉が理解できる
2歳ぐらいからスタートするのが良いみたいですね。

 

あと、躾の際には『叱る』と『怒る』が
あると思いますが、

 

感情的になるのが『怒る』で、
きちんとだめな理由を言って諭すのが
『叱る』ということなので

親にはどんな時にも感情的にならずに
理性的になるという修行が始まるという

子育てに覚悟が必要になり

またそれを楽しむという心の広さを
求められますね。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA