モンゴル互助会の八百長相撲疑惑は本当か?週刊新潮の報道をチェック!

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

 

連日、マスコミの報道では
相撲界の事を中心にされていますね。

真相は未だ解明していませんが、
週刊誌などの報道では、

随分突っ込んだ表現がされています。

「モンゴル互助会」による八百長相撲疑惑なども
その一例です。

 

モンゴル出身の力士たちが相撲の取り組みにおける
談合をしているという報道です。

 

この報道に対しては相撲協会から
抗議されていますが、

 

一体、週刊新潮はどんな報道だったのか。

 

また八百長相撲は未だにあるのかという
疑惑について、調べてみました。

スポンサードリンク

モンゴル互助会とは

『モンゴル互助会』とは、モンゴル人または出身者による日本への支配
(日本とその周辺諸国の乗っ取り)をもくろむために結成された秘密結社の総称である。

なんじゃそれ!!

秘密結社って!?

てっきり相互互助的な役割の組織と思ってた。

 

ネットの情報によると、特に『モンゴル互助会』による
大相撲の乗っ取りを目的とした勢力拡大が
朝青龍時代に行われていたそうです。

 

ホンマかいな!?

 

以後、

白鵬、伊勢ヶ濱親方などに
その勢力拡大路線が受け継がれているとか。

 

ただ、創設期のモンゴル互助会は
旭鷲山を中心とした相互互助が目的でした。

 

朝青龍が会長になる時に
路線が変更されたってことですね。

 

それほど日本の相撲界は腐っていたのか、
はたまた、時代を超えた元寇なのか。

 

それはどうか分かりませんが、
こういった勢力拡大に『待った』をかけているのが

 

貴乃花親方なのかも知れませんね。

スポンサードリンク

モンゴル力士の八百長疑惑とは

モンゴル力士たちが、勝ち越しのかかった一番で
勝敗を譲り合ったりしてるんじゃないかという

そんな疑惑は過去から上がっていました。

 

2011年には大相撲も八百長試合があったことを認め、
幕下力士を処分しています。

その系譜がまだ残っているんじゃないかと
言われています。

 

また、週刊新潮の報道では

白鵬と日馬富士の星取表をみると
ある特定のパターンがあって、

 

要するに星のやり取りを疑っている記事でした。

 

今回の日馬富士暴行事件には
以前からあった、モンゴル人力士同士の
馴れ合いが指摘されています。

 

日馬富士暴行事件の真相

週刊新潮の記事によりますと、

被害にあった貴ノ岩は、八百長試合を
いっさいやらない

「ガチンコ力士」であるというのは
有名な話です。

しかし、ガチンコということは
当然、負け越すこともあるわけです。

 

そんな負け越したときには
錦糸町にあるカラオケバー

「ウランバートル」に行って酔っ払い、

八百長に対する不満を
ぶちまけていたそうです

 

八百長のことをモンゴル語で
「ナイラ」

というそうですが、

貴ノ岩はつねづね

「俺はナイラはやらないら!」

っと、言ったかどうかは知りませんが、
とにかくガチンコ相撲をモットーにしていました。

 

そんな頑(かたく)なな貴ノ岩の姿勢は
当然、他のモンゴル力士の耳にも
入っていました。

 

 

そして10月25日の鳥取巡業中のこと。

鳥取城北高校相撲部監督、
石浦外喜義(ときよし)氏が経営する店で

ちゃんこ鍋の一次会が開かれました。

 

貴ノ岩は以前から貴乃花親方から

「馴れ合い談合を疑われるから行くんじゃないぞ」

 

と、モンゴル人力士同士の会合に行くことを
止められていたのですが、

今回は出身校(鳥取城北高)のお世話になった
監督のお店ということもあり

出席を決めたそうです。

 

普段は他のモンゴル力士とつるまない貴ノ岩でしたが、
今回は2次会まで出席しました。

 

事件はその2次会で起きました。

 

2次会のカラオケバーで日馬富士は
錦糸町「ウランバートル」での

貴ノ岩のナイラに対する不満を聞いており

 

「お前!”ナイラをやらないら!”っていってるそうじゃないら!」

「俺ら、モンゴル力士が相撲界で頑張らないとならないら!」

「”ナイラ”も時にはやらないとイケないら!」

「”ナイラをやらないら!”なんて言ってる場合じゃないら!」

 

っと、言ったかどうか分かりませんが、
とにかく貴ノ岩の普段の言動に注意をしました。

 

すると、貴ノ岩の携帯に彼女から電話が
かかりました。

 

酔っていた事もあり、無意識に携帯に出てしまい

「お前!人が喋ってる最中に何携帯いじってんら!」

「携帯をいじってはならないら!」

と激怒して、近くにあったリモコンなどを
ぶつけたそうです。

この時に何か瓶で殴ったとも言われていますが、
少なくともビール瓶では無いそうです。

これが週刊誌に書かれていた
一連の流れですが、

まぁ、週刊誌って、微妙な記事が多いですからね。

わざと疑惑をもたらすような
記事なのかもしれません。

スポンサードリンク

ネットの声

https://twitter.com/Rain4192/status/936472510505263104

スポンサードリンク

まとめ

真相は正直なところ、見えてきませんね。

やくみつる氏は

八角親方と貴乃花親方の利権争いなことを
言ってましたが、

 

そんなことを考えると、どんどん
複雑に絡み合っていますね。

私が一番気になるのは八百長のことです。

 

力士たちにとっては勝ち越しは
大事なことですが、

星のやり取りが常習化した過去、
相撲人気はどん底だったと思います。

 

相撲は神事でもあり武芸でもありますし
武道でもあります。

御神前の前で、八百長などという演技をしてて
良いんでしょうかね。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒相撲界の裏金顧問とは?
関連記事⇒貴乃花親方が理事職を追われる事態に!!
関連記事⇒貴ノ岩はどこにいるのか?
関連記事⇒相撲記事まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA