ヒカルのVALU炎上を分かりやすく解説します

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

 

人気ユーチューバーのヒカルさんが今、
VALU問題で大炎上していますね。

ただ、VALUだとか、炎上している理由だとか
全然分からなかったので、

とにかく色々調べてみました。

それで、

いろいろ調べて感じた事なのですが、
当初、私が思っていたよりも

なんか違う方向の話でした。

もっとゲスい話だと思ったのですが。

それで、

私なりに理解したことで、
分かりやすく解説したいと思います。

スポンサードリンク

VALUとは

個人で発行する株券のようなものです。

ただ、株券のように配当金のようなものはなく、

発行主が購入者に対して
何らかの優待をしてあげるだけです。
(独占セミナーなど)

 

また、優待は絶対ではなく、
発行主の裁量によるものです。

 

ユーチューバーやブロガーなど
固定ファンが付いている有名人が発行しているみたいです。

 

なぜこういったものを購入するのか
理解できませんでしたが、

 

ファンだと、やっぱり直接会えるっていうのは
とても魅力的に感じたんだと思います。

話の登場人物

まず、登場人物の整理をしてみます。

登場人物は

・ヒカルさん
・井川さん(ヒカルさんの元上司)
・一般人(VALUを購入した人たち)

この3者です。

一般人というのは、
VALUに投資をした方たちと言うことです。

 

話の流れ

 

↑この動画を参考に書いてみました。

 

1.ヒカルさんが井川さんに1枚2000円の
限定ガードを100枚売る。

2000円×100=20万円

 

2.一般の方たちにヒカル発行のVALUを
毎日50枚限定で販売する。

連日完売となる。

 

3.ヒカルもどんどん値段を釣り上げる。


それでも完売する。

最初2000円だったものがどんどん値上がりする。

それでも完売する。

とうとう1枚3万円になる。

*3万円という金額はアバウトな金額

 

 

4.井川さんが自分が持っているヒカルVALUを
全て1枚3万円で転売する。

1枚3万円を100枚なので300万円

最初に投資した20万円を引くと

280万円の利益になる。

(あくまでもアバウトな数値なので実際は数百万の利益とも・・)

 

 

5.井川さんが転売を完了した直後、
ヒカルVALUを約五万枚販売する。

さすがに売れ残る。

価格が暴落(今ここ)

 

ヒカルはこの騒動で4000万円をゲット

これを今、大炎上している。

スポンサードリンク

何が問題なのか

井川さんがやった行為は
株式の世界では「インサイダー取引」といって
禁止されています。

 

株の値段が下がる情報を発行主に教えてもらい
売り抜ける行為です。

 

今回は、井川さん自身はインサイダーの自覚は
なさそうですね。

 

ただ、インサイダーじゃないのに
インサイダーとして逮捕された人を知っていますので、

 

おそらく株の世界だと逮捕されてたと思います。

 

また、VALUに関しては決済が
ビットコインを使っているので

 

ビットコインは金融庁の管轄外であり
法律が定まっていません。

 

なので、やってることはインサイダーに
あたると思いますが、

 

この件で逮捕と言うことは
ないと思いますが、

 

まぁ、逮捕がないと言っても
買った一般の人にしたら

 

「騙された」「詐欺だ」
という気持ちも分かるような気がします。

 

しかし、なんと言っても
罪に問えないんじゃないかと思いますが、
どうなんでしょうね。

スポンサードリンク

 

ヒカルさんは何と言っているか

ヒカルさんの釈明としては、

 

1.自分は値上がりを煽ったことはない

2.井川さんが売却したのは、
本当に欲しがっているファンに回すためだった。

と言っています。

 

 

なるほどね。

それも分からなくはないですが、
騒動も大きくなってきたし、

今もVALUを持っている人には
何か優待してあげてもいいと思いますけどね。

 

ただ、この話の企画は

仲間のユーチューバーと、誰が一番人気が出るかの
競争だという趣旨なので、

 

優待をつけると優待合戦になってしまうから
純粋な人気投票の意味合いが薄れるという

そういう事だと思います。

 

あと、

最終的な責任の取り方として
最高値で買い戻すことを言っていますので、

 

買った人は、金銭的な損は
ないと思うのですが、

 

ただ、

すでに「損切り」として売ってしまった人は
救済する手だてはなさそうですね。

 

でも全員を助けるって、ちょっと
難しいような気がするんですけど。

 

誰かは絶対に泣く話だと思いました。

 

弁護士の見解を聞いてみよう

2017年8月23日の追記です。

 

弁護士でユーチューバーの久保田さんが、
今回の件を解説してくれました。

結論を言うと、

1.インサイダー取引には該当しない
2.詐欺罪に問われる可能性はある

と言う事です。

 

法律の勉強にもなりますので、
どうぞご覧ください。


この動画を見る限り、
損切りをした人が、不法行為だと訴えれば
逮捕の可能性も否定できないのですね。

ちょっと、穏やかでなくなりました。

 

まとめ

個人的な見解なのですが、

いきなり「五万枚発行して売る」っていうのが
一番やばかったんじゃないかって
気がします。

 

あと、ヒカルさんのトークを初めて聞きましたが、
吸い込まれすように聞き入ってしまいました。(^_^;)

恐ろしい人です。

 

これは、確かにビジネスで成功する人なんだと
そう思いました。

 

かっこいいです。

天才だと思います。

 

とても大きなビジネスをしたがる人で
かっこいいと思いました。

 

ま、私は大きなビジネスって興味ないです。

 

そこに幸せを見いだせない。

 

それにしても、世の中には
いろんな人がいるからとっても面白いですね。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA