ニコラス・ケイジのwikiプロフィールと日本との以外な関係とは

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

『個性的なハリウッド俳優』という括りで思いつくのは
ニコラス・ケイジさんです。

ヒーローにも悪役にもなれる、幅の広い俳優さんです。

ハリウッドスターですが、アクションでも、
天使でも、バケ物にでもなれる、本物の役者です。

デニーロよりも、振幅の幅が広いでしょう。
そんな引き出しの多いニコラス・ケイジさんに注目してみました。

スポンサードリンク

ニコラス・ケイジのwikiプロフィール

本名 Nicholas Kim Coppola
別名義 Nicolas Coppola
生年月日 1964年1月7日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロングビーチ
1980年:デビュー
1996年:アカデミー賞受賞
配偶者 パトリシア・アークエット(1995年 – 2001年)
リサ・マリー・プレスリー(2002年 – 2004年)
アリス・キム(2004年 – 2016年)

生い立ち

カリフォルニア州ロングビーチ生まれ。
父オーガスト・コッポラはイタリア系で大学教授兼作家、
母ジョイ・フォーゲルザングはドイツ系のバレエ・ダンサー。
兄(マーク・コッポラ、クリストファー・コッポラ)がおり、
クリストファーは映画監督をしている。

父方の祖父は作曲家のカーマイン・コッポラ、
祖母は女優のイタリア・ペニーニ。

叔父に映画監督のフランシス・フォード・コッポラ
叔母に女優のタリア・シャイア、
いとこにソフィア・コッポラ、ロマン・コッポラがいる。

ビバリーヒルズ高校中退。日本語学校に通っていた経験があるため日本語がある程度話せる。
映画でもしばしば披露する他、来日時には日本語で挨拶することもある。

家系をみると、芸能一家ですね。

おじさんがあの「コッポラ監督」なんですね。

彼の映画で有名なのは「ゴッドファーザー」ですね。
ロバート・デ・ニーロの代表作でもあります。

ニコラス・ケイジは若手のころに
いろんなオーディションにいっても

おじさんの事ばかり聞かれるので、
それが嫌になって芸名をニコラス・ケイジに変えたそうです。

ちなみにケイジはマーベル・コミックの
「パワーマン」の主人公、ルーク・ケイジから取ったそうです。

 

あと、日本語学校に通っていたこともあるんですね。

少しだけ日本語を喋れるそうですが、
まぁ、日本語って難しいですからね。

でも、興味を持ってくれて嬉しいです。

スポンサードリンク

ニコラス・ケイジの歴代嫁

ニコラス・ケイジの妻は日本人だ!

なんて声がありましたが、違います。

韓国系の女性と結婚していたみたいですが、
2016年1月に離婚しています。

この人は結婚に向かない人でしょう。

それでこそ芸能人だと思います。

芸能人に品行方正を求めるのは
間違えていると思います。

さて、

ニコラス・ケイジの歴代伴侶ですが、
過去に3回結婚しています。

・クリスティーナ・フルトン(1988年-)

1990年12月26日に2人の間に生まれたのが後にブラックメタル・バンド「アイズ・オブ・ノクターン」のリードボーカルを務めるウェストン・コッポラ・ケイジである。

最初の結婚についてはあまり情報がありませんでした。
(結婚してなくて交際してただけのようです)

 

 

・パトリシア・アークエット(1995年 – 2001年)

・リサ・マリー・プレスリー(2002年 – 2004年)

リサ・マリー・プレスリーは、26歳のときに
マイケル・ジャクソンと結婚して、

その後、ニコラス・ケイジと結婚して、
すぐ離婚してます。

ニコラス・ケイジとマリー・プレスリーは
結婚したらアカン人なんでしょうね。

 

この2人に関しては、なんか、その場のノリって感じでしょうか。
本当にニコラス・ケイジは結婚に向かない人ですね。

 

・アリス・キム(2004年 – 2016年)

ロサンゼルスの寿司店でウエイトレスとして
働いていた彼女とナイトクラブで出会い、
口説いて口説いて結婚。

 

 

スポンサードリンク

ニコラス・ケイジの趣味と破天荒な人生

クルマ好きのヲタクです。

少年の好奇心をもったまま大人になった感じの男ですね。

フェラーリとかランボルギーニとか
アメコミヲタクだったりとか。

金銭的には、破産したりしてますから、
持ってたら使ってしまう性格なのでしょう。

身内だったら大変ですが、
他人で、見ているだけでいい存在だったら
本当に楽しい人物でしょう。

まるで昭和の銀幕スターを見ているようですね。

スポンサードリンク

まとめ

ニコラス・ケイジって、根っからの芸能人ですね。
こういう人が芸能界に存在していると

とても楽しいですね。

身内だと大変だけど・・・。

 

でも、人生って「やったもん勝ち」ってところがあるし
毎日が充実してそうでなによりです。

 

それに、演技は素晴らしいですから、
これからも活躍していく人でしょう。

あ、そうそう。

ニコラス・ケイジって、もう孫がいるんですね。

おじいちゃんかよ。

うん、話が面白い爺ちゃんで、
孫が羨ましいよ。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA