長澤まさみが『ガンジス河でバタフライ』で一週間入院ってマジ?

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

長澤まさみさんは、数々のドラマに出演されていますが、
このドラマは変わり種でしょう。

『ガンジス河でバタフライ』

 

たかのてるこ原作のドラマです。
ちなみに「たかの」さんは東映の社員です。

 

ネットで調べると、このドラマのお陰で長澤まさみは
一週間、入院するほど大変な思いをされたと噂がありましたが

それって本当なのか調べてみました。

スポンサードリンク

『ガンジス河でバタフライ』あらすじ

ウィキペディアにこのドラマのことがありました。

『ガンジス河でバタフライ』(ガンジスがわでバタフライ)は、たかのてるこのエッセイ。
また、それを原作として、名古屋テレビ放送(メ?テレ)制作テレビ朝日系列で
2007年10月5日と6日に放送されたテレビドラマ。

あらすじ

平凡な女子大生の高野てるこは、就職活動の面接で落とされそうになったはずみになぜか
「ガンジス河でバタフライしました、私」とつい口をすべらせてしまい、
インドを旅することになった。目的は「ガンジス河でバタフライ」をすること!
初めての海外「インド」へひとりで旅立ち、食堂では、カレーを右手で直で食べることになり、
バスに乗れば、故障で野宿等、日本ではありえないことの連続。
そんななか、インド人家族との出会いやさまざまな出会いを通して、
ハードな異文化とふれあいの中で成長していくてるこはついに憧れの、
ガンジス河が流れる聖地バラナシへ。
さまざまなカルチャーショックを受けるが、旅を続けていき、
小心者だったてるこは様々な体験をしていく

 

このドラマに出演するにあたり、長澤まさみさんは
ご両親にインド行きを反対されていたそうです。

その事で喧嘩もしたとか。

そこまで反対されてたんですね。

 

スポンサードリンク

長澤まさみが一週間入院したのは本当か?

どうもデマっぽいですね。

撮影後のインタビューでも話は無かったですし、
長澤まさみのラジオ番組でも入院の話は出てきませんでした。

 

ただ、ガンジス川に入ったひとは、
だいたい体調を崩してますね。

 

病原菌も豊富にいるようなので、
あまり入らない方がいいようです。

飲水にしても、初めての土地の水は
耐性がついてないので、そのまま飲むのは
止めておいたほうがいいそうです。

 

スポンサードリンク

ガンジス川で沐浴しても病気にならない方法

いろんな日本人がガンジス川に入った経験を
ブログ等でかたっていますが、

その中でも、

「入っても大丈夫たったよー」

 

っていう方が必ずやっていた方法がありました。

 

その方法とは、

『沐浴した後、すぐに水で洗う』

です。

できれば水をペットボトルなどに入れて、
すぐに洗える体制を整えて置くことをおすすめします。

 

「沐浴したあと、宿に帰ってすぐにシャワーを浴びた」

という人もいましたが、その場合は
体調が悪くなる人と、大丈夫な人がでてきます。

 

やはり、入って時間が立たないウチに
洗い流すのがベストなようです。

あとは下痢止めを先に飲んでおくなど
免疫と体調を万全に保つことが重要になります。

 

まとめ

長澤まさみさんが20歳の時にとった映像らしいです。

ニッポン放送の番組ではインドの事を
「二度と行きたいとは思わない」

なんて話していました。

インドは合わないひとは全く合わないし、
合う人は、がっつりハマるみたいですね。

 

私は話を聞くだけで「あ、無理」って思いました(^_^;)

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

関連記事⇒長澤まさみの歴代彼氏を調べた
関連記事⇒長澤まさみと結婚間近だった野田洋次郎
関連記事⇒長澤まさみのプロフィールと姓名判断
関連記事⇒長澤まさみと結婚間近だった高川冬木とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA