野田聖子の夫は韓国人?元旦那とのゲス離婚と子供の現在

『おっさんフォース』管理人のみつーです。

野田聖子さんのスクープが文春で報じられました。

 

夫の野田文信氏の過去の前科について
語られていました。

 

野田聖子さんは、自民党総裁選出馬に
意欲を示しています。

 

仮に野田聖子さんが総理になった場合、
旦那様である文信氏が

 

”ファースト・ジェントルマン”

になる可能性があるので、
国民に、「本当にこの人でいいの?」

 

という意味のスクープでした。

 

まぁ、野田聖子さんのことは、
イメージで嫌いだったのですが、

 

今回改めて、野田聖子さんとは
どんな人物なのか調べたところ、

 

政治思想を除けば、人として好きなタイプでした。
(;^ω^)

スポンサードリンク

野田聖子さんのプロフィール

生年月日 1960年9月3日生まれ
出生地 福岡県北九州市
出身校 上智大学外国学部
前職 帝国ホテル従業員

所属政党 無所属→自民党→無所属→自民党

 

もともと、お父様は「島稔」氏でしたが、
「島稔」氏も「野田稔」となるはずが、

 

島家に跡取りがないために、
島家の養子になりました。

 

ところが、島稔氏にも子供が
聖子さんだけだったので、

 

島聖子さんから野田聖子になり、
野田姓を受け継ぎました。

「野田姓を残したい」
姓に対する執着があったのですね。

 

そのために野田さんとしては、
婿養子をゲットしたかったでしょうね。

 

さて、若いころの聖子さんですが、

 

高校を中退してわざわざアメリカの
ハイスクールを卒業されています。

 

中退理由としては、『イジメ』

 

だそうです。

 

野田さんがいじめられたわけではなく、
加害者のほうです。

(;´∀`)

 

気に障る同級生のスカートを
上で結んで茶巾のようにしてから、
パンツ下ろしたりしてたそうです。

 

あんまりひどいので、退学扱いのところ
中退扱いという温情でアメリカに隔離されたようです。

(;^ω^)

 

日本に帰ってからは上智大学に入ってます。

まぁ、若いころからエネルギッシュですね。

(;・∀・)

 

その後、帝国ホテルに入社して
得意の語学でバリバリのキャリアウーマンに。

 

1987年に岐阜県議会議員選挙にて、
自民党公認で初当選。

 

1990年に国政にチャレンジするも落選。

1993年に「衆院にも女性議員を」との公約で当選。

1998年には郵政大臣にも抜擢。

 

自民党の重要ポストも歴任されて
2001年に、当時、保守党の鶴保庸介議員と
事実婚を発表。(好きだけど苗字でもめた)

 

2005年に郵政民営化に反対して自民党を離党。

 

2006年には安倍晋三氏の意向で造反組みの
復党を検討され、自民党に復党。

 

そんな政治活動の裏には、
不妊治療を始めていました。

 

41歳のときに事実婚状態の鶴保議員と
14回の体外受精にトライ。

結果は流産だった。

 

そして2007年には二人の関係は
解消されている。

 

野田聖子氏自身は、妊娠にこだわることなく
赤ちゃんの養子でもよかったのだが、

事実婚だとだめなのだそうです。

 

子供が欲しいものの、養子はだめ。
妊娠しかない。

 

そこで聖子さんは2010年5月アメリカで
卵子提供を受けて体外受精で妊娠をしました。

 

卵子提供 アメリカ人女性
精子提供 鶴保庸介
代理母  野田聖子

 

2011年1月6日 重い障害のある男子を出産

 

何度も手術を受けて2年後に何とか退院。

現在は元気な男の子に成長している。

 

スポンサードリンク

野田聖子氏の夫 文信氏は韓国人?

ネットでは以前から言われていました。

こんな感じで、

過去の前科については
別の記事で書きました⇒野田文信は元暴力団!

 

たしかに過去は壮絶なものでした。

 

それで、いろいろ調べてみたのですが、
面白そうなおっさんです。

 

若いころは悪かったですわ。
この人。

 

ただ、「そばにいると憎めない」
そんな印象を受ける人ですね。

 

前科はあるものの、
すべて清算してますし、

 

更正しているのなら
特に問題ないですね。

でも、”ファースト・ジェントルマン”は無理でしょう。
(;^ω^)

 

なので、野田聖子さんには自民党総裁は
ぜひ諦めていただきたいです。

野田聖子さんの元夫はゲス離婚

野田聖子さんの事実婚の元夫である
鶴保庸介議員のゲス離婚が報道されていました。

 

2007年に野田さんと事実婚を解消したのち
一般の女性と再婚されています。

 

2011年から交際がスタートし、
2013年に女性が妊娠します。

 

妊娠したから結婚するかと思いきや、
どうも鶴保議員は結婚したくなかったみたいです。

 

そこで、鶴保庸介氏が出した提案が

「婚姻届けを出すなら同時に離婚届も書いてくれ」

 

なんじゃそれ?(゚д゚)

 

やばくなったらいつでも分かれる気かいな。Σ(゚д゚lll)

 

っていうか、

どういうシチュエーション?

 

相手がどんな女性だったら
そんな対応になるん?

 

想像できへんわ。

 

これはまた、追いかけてみよう

野田聖子氏の息子さんの現在

初めて野田聖子さんのブログを見ました。

 

お子様のことを本当に愛している様子が
ブログから伺えます。

 

そんな野田聖子さんに対して
涙がでるほど感動しました。

 

生まれたときはダウン症や心臓の疾患
(心臓に穴が開いていたり、必要な管が1本なかったり)

 

食道閉鎖症でご飯が口から
食べれなかったり。

 

重い障害をもって生まれてきた。

 

でも、野田さんの愛情を受けて
息子さんの真輝クンも

今では元気に育っています。

 

現在、心臓にすこし問題があり
また入院しましたが、

 

真輝くん自身は慣れっこになって
余裕があるようでした。

 

現在6歳の真輝くんは、
野田聖子さんの活力の源だそうです。

 

野田さんのブログを追いかけると
国会議員や大臣がどれだけ忙しいか伺えました。

 

がんばってください。

スポンサードリンク

まとめ

今回はじめて野田聖子さんの
ブログを拝見しました。

 

なかなか面白い文体でした。

 

とても読みやすく、分かりやすい。

 

ユーモアもあるので、
みていて飽きないです。

 

野田聖子さんのことを
初めて見たときは

嫌いなイメージでしたが、
こんなにも強い女性だったのですね。

持っていたイメージが180度変わりました。

 

応援されている方の気持ちが
理解できました。

 

野田聖子さんの出産のことを
否定的に言う人もいますが、

 

私は賛成です。

 

50歳の出産なんて大正時代には
今の100倍もあったそうです。

 

生活習慣がかわったから
出産適齢期が下がっただけです。

 

超高齢出産なんてうそ。

 

障害を持ってしまったのは
ただの結果論です。

 

高齢出産は親のエゴ?

 

たしかにそうでしょう。

 

でもね、

そんなエゴに答えてくれた
真輝クンて本当の天使じゃない?

 

私は応援したいです。

 

ただし、この人の経済政策は別で。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

こちらの記事もどうぞ⇒野田文信は元暴力団!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA