自衛隊の災害派遣で救われた多くの命と感動エピソード。海外でも称賛!

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

2018年7月豪雨による死傷者は200人を超えました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

そんな辛い災害のなかで、活躍される自衛隊には
本当に感謝の念が耐えません。

スポンサードリンク

自衛隊に救われた多くの命

ここ数年、自衛隊の主な業務は
災害派遣に特化しています。

東日本大震災や熊本地震、そして今回の西日本豪雨など
ここ数年だけでも、前代未聞の大災害が各地で多発しました。

いずれも自衛隊は迅速に現地へ急行しました。

基本は軍隊組織ですが、日本の自衛隊は世界一の
レスキュー隊と称される程の実力を兼ね備えています。

人命救助のノウハウが豊富であり、
現地での食事や家屋の設営、医療手術もできる、
自己完結型の災害派遣が可能です。

 

瓦礫や泥や有害物質が横たわる危険な被災地でも、
自衛隊の装備と経験豊富な隊員の活躍により、
果敢に乗り込む事ができ、救助を待つ人々の命が救えます。

 

 

 

実際に東日本大震災や熊本地震や西日本豪雨では
数え切れないほどの人命が災害派遣で救われており、
直接瓦礫の山から救い出された人々だけではなく、

 

いわゆる支援物資の迅速な配送や
病院への輸送や医療活動のサポート、
お風呂や食料の配給など、間接的な活動で
心身を大いに助けられた被災者は数多いです。

 

 

一般的な国でも軍隊が被災地で救援活動をする事はありますが、
自衛隊は非常にマナーとモラルが高い事で有名です。

 

不眠不休で被災者の支援をしたり、
過酷な労働環境でも不平不満を一切もらさず、
一切現地では迷惑をかけずに仕事は完璧に完結する姿に、
日本国内からは感動と称賛の声が送られています。

スポンサードリンク

自衛隊 災害派遣の感動エピソード

日本で毎年のように起こっている災害現場では
自衛隊は常に最前線で活躍している存在です。

災害派遣が起こるということは、
死者が出たりと非常に悲しい出来事なのですが、

そういった厳しい環境だからこそ
感動のエピソードが数多く残っています。

 

自衛隊の災害派遣は日本国内だけでなく、
海外の災害現場などにも派遣されているのですが、
現地の方たちにも非常に感謝されています。

自衛隊の災害派遣は、その昔、人を助けるための活動なのに
批判を受けることもありました。

そのような中でも自衛隊の隊員は災害現場で
人命救助やがれきなどの撤去といった作業に従事していたのです。

テレビなどでも自衛隊の災害派遣現場の映像を
見る機会が増えてきました。

水害現場では被災者をおんぶして
水の中を歩いている姿などは感動させられます。

 

インターネットで動画が気軽に配信されるようになってからは、
自衛隊の災害派遣の活動は多くの人が知るところになりました。

 

被災者一人一人を助けるための行動やがれきの山を
手作業で撤去していく過酷な作業状況のすべてが
感動エピソードだといえるでしょう。

その中でも感動的なのが

「あなたと同じ自衛官になりました」

というエピソードです。

 

ある自衛隊員の話なのですが、阪神淡路大震災の時に被災し、
がれきの下敷きになっていたところを救助されました。

 

その隊員とは避難所で遊び相手になってもらったりと
いろいろな交流があったのです。

 

そして大人になり本人は自衛官となって活動していく中で、
13年前に交流のあった隊員と再会した時に、

 

「あなたと同じ自衛官になりました」という思いを伝えたのです。

 

今も私たちのヒーローは、日本の国民のみならず、
世界中で人々を救っているのです。

 

スポンサードリンク

自衛隊の海外における災害派遣

自衛隊の災害派遣は海外でも行われていて、この活動によって高い評価を獲得することが出来ていると言っても良いかもしれません。自衛隊というと軍隊というように考えられがちですが、日本の場合は自衛隊の活動の一つに災害時の支援活動というモノが今では当たり前のようなものになって来ているので、その技術や知識、経験というのは大きな意味を持つ者となっているという事があるのです。

 

日本は自然災害が多発する国でもありますから、実はこうした災害時の対応についてはとても優れた技術を持っているという事がいえます。それは自衛隊の活動についても言える事で、常に組織で動いているにも関わらずに効率的に効果的な災害救助などが出来るという事で、日本だけではなく海外からも高い評価を受けているという事があるのです。

既に災害時の救援活動には同じ状況というのはまずありませんから、常に臨機応変な対応が求められるという事になるのですが、これが出来るのが軍隊という強力な組織があるからという事になります。これが軍隊ではなく単なる自治体の支援活動のようなものだと、人を救助する前にさまざまな組織に邪魔をされて動くことが出来ないという事があるのです。

例えば高速道路を利用しようとすると、料金所で止められるというような事があったりもするわけで、なかなか救援活動が出来ないという事になってしまうわけです。こうした自治体の組織を超えて活動をするというためには、軍隊という大きな力を持っている所でなければ思うように活動をすることは出来ません。自衛隊が海外で活躍をすることが出来ているのもこうした大きな力を持っているからだと言えるのかもしれません。そして成果を出しているからでもあります。

スポンサードリンク

まとめ

災害活動で自衛隊を妨害する人もいます。

いろんな思想を持つのは自由ですが、
その御蔭で人が迷惑するのはなんとも言えません。

せめて、災害時だけはそういった主張は
後回しにしていただきたいものです。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA