ラグビーW杯2019 南アフリカ戦分析 その強さと注目選手を調べた

決勝リーグ 最初の相手は南アフリカです。
はたして彼らに勝つ見通しは有るのでしょうか?

世界ランキングで言えば5位になりますが、
日本はスコットランドに勝利して7位になりました。

順位こそ格上の相手となりますが、連日の勝利を
目の当たりにしますと、この勢いを受けて

南アフリカにも勝利するかもしれません。

さて。今回は南アフリカラグビーの強さの
分析と注目選手について述べてみたいと思います。

『南アフリカ戦力分析』

南半球のラグビー列強国のひとつであり、
長きに渡り世界最高水準のレベルを
維持し続けている南アフリカ

南アフリカラグビーの愛称は
「スプリングボクス」です。

スプリングボクスはカモシカの一種で、
南アフリカのエンブレムになっています。

 

南アフリカは1995年 第3回ワールドカップの
自国開催で初参戦しました。

しかも、同時に初優勝まで達成しています。

2007年のフランス大会と合わせて2度の栄冠を
手にしています。

 

ちなみに、世界の全代表の勝ち越ししている
ニュージーランドのオールブラックスに対して

もっとも高い勝率をマークしている強豪でもあります。

 

南アフリカ チームスタイル

巨体フォワード陣が身を挺して確保したボールを
一気呵成に運ぶスタイルです。

 

世界最大級のフォワード陣がセットピースを
安定させ、ラックなど密集での攻防を制する。

 

常に冷静でスマートなSOハンドレ・ポラードが
司令塔となり後方のバックス陣にボールを回せば

 

CTBジェシー・クリエルやWTBシブシソ・ヌコシ、
FBウィリー・ルルーといった

世界的ランナーたちが確実にゲインを切ってきます。

 

 

「巨体を活かしたフィジカルバトル」

 

伝統的にどのポジションの選手も
サイズに恵まれているのが特徴です。

 

巨体を活かしたフィジカルバトルで
優位に立つスタイルは長きに渡り

脈々と受け継がれています。

 

そんな屈強なフォワード陣と、
ボールを動かし冷静に戦術を遂行する

 

バックス陣の連携はどの国にとっても
脅威となります。

 

「南アフリカを悩ませた2015年の事件」

ただ、チームとしては4年前から
苦悩の連続です。

 

前回ワールドカップ初戦、日本代表に
逆転勝利を許し歴史的金星を献上した「事件」は
世界に衝撃を与えました。

 

ハイネケ・メイヤー ヘッドコーチは
国民に謝罪し、大きなショックを受けたチームを
立て直して3位で大会を終えたものの

その後辞任しました。

 

 

アリスター・クッツェー新ヘッドコーチのもと
再起を図ったものの、成績は下降線をたどり、

わずか2年で退任に追い込まれました。

 

昨年から元南アフリカ代表36キャップの
名フランカー ヨハン・エラスム ヘッドコーチが
新たに指揮をとっています。

 

新体制となった昨年1年間で、チームは
復調の兆しを見せています。

 

6月はイングランドに連勝し、ニュージーランドに
対しては36-34という僅差で試合をものにしました。

 

11月の欧州ツアーでは、フランス、
スコットランドを退けた一方で

 

イングランドとウェールズには敗れるなど
まだまだ課題を残しています。

 

ワールドカップでどれだけの結果がだせるかは
9月21日のニュージーランドとの試合で
なんとなく見えてくるかも知れません。

 

23-13でニュージーランドの勝利ですね。

全体的にニュージーランドが圧勝しています。
ただ、ニュージーランドも勝利が目前になると

注意力が途切れたプレイが見られました。

『南アフリカの注目選手』

主力はキャプテンのフリンカー
シヤ・コリシをはじめ

LO/FL エベン・エツベス
SO ハンドレ・ポラード
CTB ジェシー・クリエル

前回大会に出場した経験十分なメンバーに加え

昨年の年間最優選手賞にノミネートした
極めてパワフルなHO マルコム・マークス、

日本でも存在感を見せたNo8

ドウェイン・フェルミューレン

そういった若手からベテランまでの
幅広い選手が名乗りを上げています。

 

みんなの声

 

 

 

 

「まとめ」

たしかに南アフリカは強敵です。

 

世界屈指の巨体チームといわれるのも
うなづけるのですが、

 

日本のフォワード陣も引けをとっていません。

 

絶対に笑わない稲垣啓太に
堀江翔太や具智元の活躍

 

リーチマイケル主将の統率力。

 

田村優や福岡堅樹、松島幸太朗などの

 

スプリンターが南アフリカのゴールに
トライを連発してくれることでしょう。

 

油断は禁物ですが、「勝てない相手」とは
思えないですね。

 

スコットランドのほうが強そうに思えます。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

関連記事⇒RWC2019 日本代表メンバー FW陣の紹介
関連記事⇒稲垣啓太の凄さとは?
関連記事⇒リーチマイケルの凄さとは?
関連記事⇒松島幸太朗はどんな選手?その凄さに注目
関連記事⇒ラグビー 初心者のためのルール解説

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA