2019年ラグビーワールドカップの見逃し配信をHuluで観るには

2019年ラグビーワールドカップは9月20日に日本で開催されます。

前回大会から日本のラグビーの実力はかなり上がっていて、
直近では日本の世界ランクは11位です。

欧州などのラグビー列強国に比べると少し届かないイメージですが、

2019年大会は、日程が日本の味方をしてくれているので、
もしかするとプール戦を突破してリーグ戦に行くのではと思っています。

そんな大注目のラグビーW杯2019ですが、もし見逃してしまったなら
とても残念ですよね。

ビデオ・オン・デマンドのhuluで見逃し配信が見れないか調べてみると
残念ながらhuluはラグビーの放送権を持っていません

ではどこが放送権を持っているのか?
また、どうすれば見ることができるのか?

調べて見ました。

HULUでラグビーの放送はありません

Huluでは2018年まではリアルタイムの
放送がありましたが、今年は放送権を持っていません。

とても残念ですが、ラグビーを見るには別の方法を探らないといけません。

ラグビーワールドカップの放送権は次の3局が持っています

2019年のラグビーワールドカップは日本で開催されます。
2015年の強豪・南アフリカを破った感動を今年も味わいたいですよね。

今年は以下の3局が放送権を持っています。

・NHK
・日テレ系列
・JSPORS

 

NHKと日テレ系列は日本チームを中心に放送権を
獲得してるようです。

なので、NHKと日テレ系列の放送をすべて合わせても
48試合中32試合まで観ることが出来ます。

くわしい日程はこちら⇒ラグビーワールドカップ2019各局の放送予定表

その中、でもJsportsは全試合を観ることができます。

 

 

Jsportsの詳しいことはこちら

 

ラグビーワールドカップの放送日程

ラグビーワールドカップ2019は次の期間に行われます。

9月20日(金)19:00~11月2日(土)18:00

全48試合

それにともない各局で放送される試合が異なります。

NHK・・16試合

日テレ系列・・・19試合

Jsportsu・・・・全48試合

 

詳しい日程はこちらを御覧ください。

ラグビーワールドカップ2019試合日程と各局の放送予定

 

全試合放送&見逃し配信のJsportsについて

Jsportsはすべてが生放送で見逃し配信対応できます。

地上波だと録画忘れしやすいですし、見逃してしまったときに
とても後悔してしまいます。

しかもJsportsはラグビー以外の放送も充実しています。

詳しい放送内容は以下になります。

私は柔道とバイクが好きなのでそればっかり観ています。

 

Jsportsのデメリット

Jsportsのデメリットは加入料が高いことです。

基本使用料を含めて2676円(税抜)します。

やっぱりプロスポーツって高いんですよね。


 

Jsportsの詳しいことはこちら

ラグビーW杯はHULUではなくスカパー!jsportsがおすすめ

残念ながらHULUはラグビーワールドカップ2019の放送権を持っていませんでした。

もしラグビーの見逃し配信をお探しでしたらスカパー!のJsportsがおすすめです。

ただ、主要な試合はNHKと日テレ系列の地上波でも
録画をこまめすれば観ることが出来ます。

 

ラグビーの見逃し配信ならスカパー!



 

 

ラグビーワールドカップ2019各局の試合放送

2019年8月6日

ラグビーW杯2019を見逃したらなスカパーがオススメ

2019年8月3日

【ラグビーワールドカップ】日本代表メンバー2019 フォワードFWの選手を紹介します

2019年7月25日

 

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA