RSIについて解説します

スポンサードリンク

RSIも代表的なテクニカルの1つです

今まで当サイトでは移動平均線、ボリンジャーバンド、MACDと、今までFXトレードにおけるテクニカルの説明をしてきましたが、それも今回のRSIで一旦終了になります。

もっとも、FXトレードでは数多くのテクニカルがあり、それぞれに特徴がありますので、それぞれを組み合わせる事によって多彩なトレードをすることが可能となっています。

ただ、それぞれのテクニカルの特徴をつかんでおかないと、せっかくのテクニカルが無駄になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

とは言っても、今回紹介しているこれら4種類のテクニカルを自由に組み合わせる事によっては、ある程度FXトレードで稼ぐ事も十分可能になりますので、トレードに関しては最低限この4種類は覚えておいた方が良いでしょう。

RSIの意味

今回説明するRSIですが、このテクニカルもMACDと同様に、英文の略語となっており、Relative Strength Indexを略したものになります。

Relativeは親類、Strengthは強さ、Indexはインデックスと、各単語ごとに訳すと少し意味不明になりますが、Relative Strength Indexをまとめて訳すと相対的な強さインデックスとなり、FXや株式業界では相対力指数と呼ばれています。

もっとも、このテクニカルはアメリカのJWワイルダーという方が開発したテクニカルで、簡単に言うと過去一定期間の為替の値動きに対する上昇幅の割合を折れ線グラフで表したものになります。

スポンサードリンク

FXトレードにおけるRSIとは?

先程も少し触れましたが、このRSIは為替や株式などの価格の相対的な強さを計るためのテクニカルになり、過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を同期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計を足して100で掛けた数字になります。

100で掛けるという事は、自然とその値は0%~100%内に収まりますので、このRSI指数によって現在の為替相場が買われ過ぎになっているのか?売られ過ぎになっているのか?を判断する事が可能になります。

スポンサードリンク

RSIの指数は0~100%内に収まりますので、数値が高い方、つまり100%に近くなればなるほど買われ過ぎという判断になり、逆に0%に近くなればなるほど売られ過ぎと判断する事が出来ます。

そこで、このRSIの目安ですが、一般的には75%以上で反転下落になる可能性が高くなり、逆に25%以下になると反発上昇する可能性が高くなると言われています。

ただ、これは私の経験から言える事ですが、RSIは結構ダマシのサインが多いため、RSIを表示させる時間軸(ローソク足の5分足や15分足、さらには30分足など)によっての微調整や他のテクニカルとの併用が望ましいです。

スポンサードリンク

といいますか、これはどのテクニカルでも言える事ですが、テクニカルは単独で使うよりも複数の組み合わせで使った方が、その精度は高くなる傾向があります。

しかし、あまり多くのテクニカルの組み合わせはトレードチャンスが減少する可能性がありますので、精度を取るかトレードチャンスを取るかのバランスが重要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA