FXのトレンドについて説明します

スポンサードリンク

FXにはトレンドがあります

FXトレードでは、現在の為替相場の方向性=トレンドの方向を見極めながら新規エントリーや決済注文などのトレード戦略を立てる必要があります。これは、特に中長期間ポジションを保有する場合にはトレンドの方向を見極める事は必須になります。

そして、基本的に現在のトレンドが強ければトレンド方向への順張り手法で対応して、トレンドが弱くもうすぐ反転しそうな時には逆張り手法で対応する事になります。

ただ、そもそも現在のトレンド方向が分からないと言う人がいるかも知れませんので、今回の記事ではFXトレードにおけるトレンド及びトレンドラインについて説明します。このトレンドやトレンドラインはトレードを行うにあたって必須になります。

スポンサードリンク

トレンドとは?

このトレンドですが、簡単に言うと現在及び将来において為替相場がどのように動くかの方向を指すという事になります。

為替相場が現在及び今後上昇するのであれば上昇トレンド、下降するのであれば下降トレンド、上昇も下降もしない横ばい状態であればトレンドが発生していないという事になります。

つまり、厳密に言えばトレンドには上昇と下降の2つしかない事になるのです。ちなみに、横ばいトレンドという言葉は聞きません。

そして、トレンドが発生しているか否か?についてですが、これは為替チャート内のローソク足の高値や安値を見ながら判断する事が可能です。例えば、ローソク足の安値が徐々に切り上がっている状態は上昇トレンド、高値が切り下がっている状態は下降トレンドとなります。

スポンサードリンク

トレードにおけるトレンドラインとは?

ここからが重要になってきますが、現在の為替相場が上昇トレンドや下降トレンドかを判断するために1番分かり易い方法が、このトレンドラインを引く事になります。

このトレンドラインとは、現在の為替相場が上昇しているのか?下降しているのか?について、線(ライン)を引く事によって判断する事が可能なのです。そして、このトレンドラインを見る事によって、一目で現在の為替相場が上昇トレンドか下降トレンドかが分かります。

トレンドラインの引き方

先程上昇トレンドでは安値が切り上がっている状態、下降トレンドでは高値が切り下がっている状態だと説明しました。つまり、トレンドラインは切り上がる安値と安値、切り下がる高値と高値を結ぶ事によって引く事が出来ます。

ただ、言葉だけで説明しても今一つピンと来ないかも知れませんので、上昇トレンド、下降トレンドともに参考チャートを用意しましたので、そちらでご確認下さい。

■上昇トレンド(画像1)

■下降トレンド(画像2)

これらの画像を見ていただければ分かりますが、切り上がる安値を複数結んだトレンドライン(画像1)、切り下がる高値を複数結んだトレンドライン(画像2)が引いてありますよね?

そして、これらのトレンドラインを見て、現在のトレンドが上昇なのか下降なのかが分かるようになります。(トレンド無しの場合はトレンドラインは引けません)

スポンサードリンク

ちなみに、トレンドラインを引く場合、上昇・下降それぞれ3箇所以上で結べるラインが望ましく、それ以上になればなるほど現在のトレンドが強力である事が分かります。

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA