FXスキャルピングはハイリスク・ハイリターン?損大利小でもOKな理由とは

「おっさんフォース」管理人、みつーです。

FXのスキャルピングは博打のようで、
まるでハイリスク・ローリターンのように感じます。

実際のところを調べてみました。

スポンサードリンク

FXトレード全般とスキャルピングについて

FXトレードでは、株式取引と同様に
ハイリスク・ハイリターンという言葉が聞かれます。

これは、トレードにはリスクがありますが、
その分得るもの(リターン)も大きくなりますよ
という意味になります。

確かに、外から見ればFXや株取引では
億単位の利益を出したというニュースがある一方、

全資産を失った、破産したなどという
ニュースもあるため、ハイリスク・ハイリターンと
思われているのかも知れません。

ただ、実際にFXトレードを始めてみると分かりますが、
FXトレードではやり方を間違えなければ

ハイリスクでは無くローリスクでも行う事が可能なのです。

スポンサードリンク

スキャルピングはハイリスクハイリターンでは無い

先程は、トレード全般に対して書きましたが
この事はスキャルピングにも当てはまります。

まあ、スキャルピングは短時間でトレードが
完了するため最大限レバレッジを掛けられますので、

他のトレード手法と比べ
ハイリスク・ハイリターンと思われがちです。

そもそも、レバレッジは自分で調整する事が可能ですし、
レバレッジを掛ければ掛けるだけ勝った時の利益は
大きくなりますが、低いレバレッジでトレードすれば
勝った時の利益もそれに応じて低くなる、

つまりトレードする方の考え方によって
どちらにも転ぶ可能性があるのです。

スポンサードリンク

例えば、これはスキャルピングだけに限りませんが、
売買条件を厳格化してほぼ勝てるであろうポイントで
トレードすれば、負けるリスクが減少しますので
結果ローリスクになります。

ただ、この場合は売買条件を厳しくしていますので
トレードチャンスが減少する事になります。

でも、FXトレードでは利益を稼ぐ事は重要ですが、
それと同様に損失を減らす(負けトレード)を減らす事も
重要になるため、ポイントを絞ってトレードする事は
非常に重要になるのです。

これとは逆に、ある程度のリスクを覚悟して
売買条件を緩く設定すればトレードチャンスは広がりますが、
それに応じてハイリスクにもなりうるのです。

しかし、ある程度のリスクを覚悟してトレードすれば、
勝った時にはリスクを負った分の利益が期待出来る可能性があるため、

ハイリスクを取るかローリスクを取るかは
トレードする方の判断によるところが大きくなります。

スポンサードリンク

ちなみに、基本的にスキャルピングでは
毎回少ない利益を積み重ねていく手法になりますので、
ハイリスクよりはローリスクの方が良いと思います。

万が一ハイリスクでトレードした結果
大きな損失を出してしまっては、

スキャルピングでは損失分を挽回するまでに
時間が掛かる可能性があるからです。

スポンサードリンク

FXスキャルピングでは利益が少なくなる可能性も

FXトレードで稼ぐためには、
「損小利大」
つまり損失は少ないが利益は大きくなる事が
理想になります。

つまり、勝った時の利益を最大限伸ばしつつ、
負けた時の損失は最低限に抑えるという事になります。

ただ、トレードする度に
毎回「損小利大」でトレード出来るほど、
FXトレードは甘くないです。

時には「損大利小」、つまり損失は大きくなるけれど
それと反比例して利益は少なくなる事もあるのです。

損失が大きくて利益は少ないという事は、
トレードする度に損失が拡大していく計算になるため、
あまりお勧め出来ないというか

正直なところやってはいけないトレードになります。
しかし、これがスキャルピングの場合だと、
少し事情が異なって来るのです。

スポンサードリンク

スキャルピングは損大利小でも問題なし!?

スキャルピングでは、1日に
数回~数十回ものトレードチャンスがあります。

これは、他のトレード手法と比べて
桁違いに多くのトレードチャンスがあります。

ただ、スキャルピングではトレードチャンスが多くなり、
他のトレード手法と比べてそのほとんどの利益が少なくなるため、

少ない利益を高い勝率でカバーする必要があるのです。

 

もっとも、1日数回~数十回もトレードチャンスが
あるにも関わらず勝率が低くなってしまっては、

モチベーションが下がってしまい
やる気が失せてしまいますので、

 

そういった意味でもスキャルピングでは
高い勝率が求められます。

 

そして、話を本題に戻しますが、
FXトレードでは最終的に損失よりも
利益が上回れば良いのですから、

1回の損失を複数回の利益でカバーする事が
出来れば結果的に利益が出る事になります。

 

つまり、損大利小でも高い勝率でカバーする事が
出来れば何も問題は無いのです。

 

スポンサードリンク

FXスキャルピングは手法次第

たとえば、勝率80%のスキャルピング手法があったとします。

この手法では、10回のトレードで8勝2敗になる訳なので、
仮に1回のトレードでの利益が5pipsだったとしたら、

1回のトレードでの損失は19pips以内であれば
利益が出る計算になります。
(8回×5pips>2回×19pips)

 

利益が5pipsで損失が19pipsなんて、
どう考えても損大利小で間違いありませんが、

この損大利小でもトレードする事が出来れば、
もはや損大利小なんてどうでも良いのです。

スポンサードリンク

そこで、この場合、

1回のトレードでの損失を19pipsではなく
15pips程度で収める事が出来れば、

10回のトレードでは10pipsの
利益が出る計算になります。
(8回×5pips-2回×15pips=10pips)

と、

このようにスキャルピングでは、
損大利小でも高い勝率で損失分をカバーすれば
利益が出ますので、

トレード手法としては何も問題はありません。

あとは、トレードする方が損大利小にも
耐えられるか否か?のメンタルの問題のみになります。

スポンサードリンク

まとめ

スキャルピングは一般的なFXトレードに比べ
利益は少ないが、1日に何度もチャンスがあるので
勝率の高い手法であれば損失分をカバーできる。

あとは日々の研究と、世間で出回っている
トレード手法の見極めでしょうか。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

関連記事⇒スキャルピングで使うテクニカルとは?
関連記事⇒スキャルピングでやってはいけない事とは?
関連記事⇒スキャルピングのデメリットとは?
関連記事⇒スキャルピングのメリットって何?
関連記事⇒スキャルピングの事、スキャルピングはこんな手法です
関連記事⇒スキャルピングが損大利小でもOKな理由とは
関連記事⇒スキャルピングに向いてる人、向いてない人ってどんな人?

FX関連記事まとめ

スポンサードリンク





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA