FXにおける空売りについて解説します

スポンサードリンク

FXトレードには空売りという手法があります

FX初心者がFXで稼ぐために避けては通れない事、それがFXトレードの専門用語になります。これは私も記憶にありますが、このトレードの世界は訳の分からない専門用語のオンパレードでした。

スワップやスプレッドはもちろん、空売りやそもそも為替って何の事などなど、当時FXを始めたばかりの初心者だった私は、それこそインターネットや各種書籍を徹底的に調べて、少しずつトレードの専門用語を覚えていきました。

ただ、1からインターネットや各種書籍を調べるにはそれ相応の時間が掛かりますので、今回の記事からは私の経験を元にあなたが今後FXトレードで稼ぐために最低限必要なトレードの専門用語について説明します。

スポンサードリンク

FXトレードの空売りとは?

FX専門用語について、今回はFXトレードにおける空売りについて説明します。この空売りですが、文字通り空(手元に何も無い)のものを売るという意味です。

通常、物を売るためには売るための物理的な商品(物)やサービスが必要になりますよね?そうで無い=手元に商品やサービスが無ければ売るという行為が成立しません。

そして、この事をFXトレードに当てはめると、米ドル円(以下USDJPY)を100円で1万ドル買えば手元(厳密には取引しているFX会社)にUSDJPY1万ドルが残ります。その後USDJPYの為替レートが上昇すれば売る事が出来ます。

これは、通常の売買に当てはめても持っていたUSDJPY1万ドルを利益が出たので売ったのですから、何も不自然な事はありません。

スポンサードリンク

ただ、FXトレードでは、持っていない通貨を売りから入る事が出来るんですよね?例えば、先程の例で今後USDJPYの為替レートが下がるであろうと予測した場合、USDJPYを100円で1万ドル売る事が出来るのです。

そう、あらかじめUSDJPYを1万ドル持っていなくても、いきなり売りから取引する事が出来る=この事を空売りと呼ぶのです。まあ、何も持っていない状態で売るのですから、この空売りという専門用語も納得出来ます。

その後、このUSDJPYの為替レートが90円に下がったら利益が出ていますので、買いで決済(買い戻す)すればめでたく利益が出るのです。

つまり、FXトレードでは今後為替レートが上昇すると予測すれば買いから、逆に今後為替レートが下落すると予測出来れば売りから入り、結果それぞれの為替レートが思惑通りに動けば利益に繋がるのです。

この買いまたは売りの両方からFXトレードが出来るというのは、買い一辺倒と比べてとてもチャンスが広がりますよね?単純にチャンスが2倍になるのですから。(厳密に言えば為替レートの動きにより2倍以下または2倍以上にもなります)

ですので、あなたが今後FXトレードで稼ぐためには、買い一辺倒では無く、状況に応じてこの空売りも行った方がチャンスが広がります。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA