FX会社を選ぶならリスク分散で選びましょう

スポンサードリンク

FX会社の内部事情を知る事は重要です

FXトレードでは、個人が直接マーケットに電話をして取引を行う事は出来ませんので、取引システムを提供している、または電話注文に対応しているFX会社へ口座開設を行う事が必要になります。

もっとも、FX会社には小さいところから大きなところまで、それこそ会社によって提供しているシステムやニュース、経済指標予定などの違いがありますので、私たちが会社を選ぶ際にはかなり迷うのではないかと思います。

それに、現在では世間によるトレードへの認知度が高まってきていますので、ごく少数ではありますが少し危険な会社もあるのです。

そのため、私達は数多くのFX会社の中から目的に合った会社へ口座開設を行う事になるのですが、ここで1つ注意して欲しい点がありますので、今回の記事で説明します。

スポンサードリンク

FX会社によってはリスクがある

FX会社と聞くと、何か特別な会社と思う方もいるかも知れませんが、この会社も私達が勤務している通常の会社とさほど変わりはありません。

というのも、FX会社も通常の会社も毎月毎年企業努力によって利益を挙げ続けていかなければ、債務が膨らんでしまい結果経営破綻に陥る可能性があるからです。

これはFX会社ではありませんが、その昔株式取引会社の大手山一證券や地方銀行の北海道拓殖銀行が経営破綻したように、FX会社にも通常の会社と同じようにある日突然経営破綻する可能性がゼロでは無いのです。

経営破綻=倒産という事になる訳ですが、会社が倒産してしまうと基本的に会社が保有していた資産のほとんどが債権者へ分配される事になるのです。

ただ、FX会社では顧客から預かった証拠金を自社の資産とは別に管理している=分別管理を行う事が一般的なので、万が一会社が経営破綻しても基本的に顧客の資産は保護される事になります。

しかし、FX会社によって分別管理の方法が異なっている場合がありますので、中にはFX会社が経営破綻してしまうと顧客の証拠金が戻ってこないという事態に陥る可能性もゼロではありません。

スポンサードリンク

リスク分散のための分散投資を行う

FX会社へ預けていた証拠金が、会社の経営破綻によって戻ってこないなんて事になったら、今後トレードを続けていく資金が減少、または無くなってしまう可能性がありますよね?

ですので、そうならないためにもトレードを行う場合には顧客の証拠金をきちんと分別管理しているFX会社へ、それも複数口座開設される事をお勧めします。

この複数のFX会社への口座開設の理由はあまり詳細には書けませんが、過去に分別管理を行っていると思われていたある会社が、実はしっかりと分別管理を行っていなかったという事があったからなのです。

もっとも、昔と違って最近では金融庁による規制も厳しくなっていますので、FX会社ではきちんと分別管理を行っていると思います。

ただ、自分の資産は自分で守る、これはFXトレードにおいてはとても重要な事になりますので、会社に万が一の事があったとしても自分の資産が全て無くならないように、リスクの分散は必要になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA