FXにおけるレバレッジと証拠金について

スポンサードリンク

FXトレードでは証拠金を入れる必要があります

FXとは、別名外国為替証拠金取引と呼ばれていますよね?そして、外国為替とは異なる2種類の通貨を交換する事ですが、次の証拠金取引という言葉の意味が分からないと言う方もいるのでは無いでしょうか?

確かに、証拠金って何らかのお金の事だとは思いますが、証拠って何の証拠なのか?ここが全く理解出来ないという方は多いかと思います。そして、FXではこの証拠金の意味を分かっていないといろいろと不便になってしまうのです。

そこで、今回の記事では、FXトレードにおける証拠金の意味について説明します。

スポンサードリンク

FXトレードにおける証拠金の意味とは?

この外国為替証拠金取引(FX会社によっては保証金取引と呼ばれています)とは、FXトレードを行う上での担保として、FX会社に一定の証拠金(保証金)を預けて、その何倍・何十倍もの取引を行う事を言います。

つまり、外国為替取引を少ない証拠金(保証金)だけで取引する事が可能という訳なのです。例えば、米ドル円(以下USDJPY)が1ドル100円の時に証拠金10万円で2万ドル(レバレッジ20倍(後述します)で200万円相当)買ったとします。

この場合、実際には証拠金が10万円しか無いのに200万円相当の取引が可能になっていますが、これが少ない証拠金でも取引可能という、FXトレードの醍醐味になっているのです。

スポンサードリンク

レバレッジとは?

先程の説明の中でレバレッジという言葉が出てきましたが、このレバレッジもFXトレードの重要な専門用語の1つになります。それで、このレバレッジですが、簡単に言えばテコの原理と同じ意味になります。

テコの原理とは、大きなものを少ない力で動かす事が出来るという意味になりますが、これがFXトレードでも出来るのです。

スポンサードリンク

例えば、先程の例で言うと10万円の証拠金でUSDJPYが1ドル100円の時に2万ドル買っていますので、本来であれば20,000ドル×100円=200万ドルの証拠金が必要になります。

ただ、この例では証拠金が10万円しかありませんので、200万÷10万=20、つまりレバレッジは20倍という事になるのです。

しかし、この場合は、実際にはFX会社へ証拠金を10万円しか預けていませんので、将来的にお金を返しますので一時的に2万ドルの円貨=200万円を借りてくるのです。

そして、この借りてきた200万円を支払って2万ドルを買い、買った2万ドルをFX会社へ預けます。もっとも、実際には2万ドルを買う以外にはこのようなやり取りは行われていません。

つまり、FXトレードでは日本円で10万円を持っていれば、そのお金を証拠金(保証金)として10倍や20倍もの取引が可能になっているのです。

ちなみに、現在では個人取引のレバレッジは法律で最大25倍に制限されていますので、最大25倍までのレバレッジを掛ける事が可能ですが、FX会社によっては最大レバレッジが異なっている場合があります。

ですので、最大レバレッジについては、各FX会社へお問い合わせ下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA