スマホキャッシング 契約と書類提出の流れ

スポンサードリンク

気軽に申し込みが可能なスマホキャッシング

以前のキャッシングでは、申込方法として消費者金融の店頭申込や自動契約機による申込、さらには電話による申込が主流でしたが、近年のスマホ普及によって現在ではスマホからの申込がかなりの勢いで増えています。

もっとも、スマホの場合はスマホ自体が小さく、またスマホからの申込を行っている時でも周辺から見ればネットやゲームをしていると思われるように、消費者金融のキャッシングという、あまり知られたくない申込を秘密裏に行う事が出来るのです。

こういった、インターネットを使う感覚で消費者金融のキャッシング申込が可能、さらにはどこでも気軽に申し込みが可能なスマホ申込なので、利用する方が増えているのでしょう。そこで、今回の記事ではスマホ申込からの契約や本人確認書類の提出について説明します。

スポンサードリンク

キャッシングのスマホからの申込

消費者金融キャッシングのスマホからの申込ですが、これは通常のネット申込と同様に、申込画面に自分の属性情報や希望限度額などの基本情報を入力または選択して送信するだけなのです。

そして、申込を受けた消費者金融では、送信されてきた内容を元に仮審査や本人確認電話を行い、その後勤務先への在籍確認電話(在籍確認電話が無い消費者金融あり)を行います。

そして、在籍確認電話が完了すると本人確認書類の提出→本審査という流れになり、その後契約内容の確認→カード発行または銀行振込による融資という流れで進んでいきます。

ちなみに、在籍確認電話に関しては、これはクレジットカード審査でも同様ですが、審査の最終段階で行われる事が多く、在籍確認電話が掛かってきたらほぼ審査に通っている可能性が高くなります。

まあ、これに関して言えば、私も過去に複数の在籍確認電話を受けた事がありますが、在籍確認電話を受けた金融商品の審査にはすべて通過していますので、この信憑性はかなり高いと思われます。

スポンサードリンク

スマホによる本人確認書類の提出

電話や書類による申込とは違って、スマホにはカメラが内蔵されているものが多いため、スマホによる本人確認書類の提出はスマホアプリを使って行う事が可能です。

スマホに内蔵のカメラで免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を撮影して、その画像を消費者金融へ送信する事が出来るんですね。もちろん、パソコンからの申込でも別途デジカメで撮影した画像を送信する事が出来ますが、デジカメで撮影した画像をパソコンに取り込む作業が必要になるため、スマホの手軽さにはかないません。

キャッシングカードの発行

スマホからの申込→審査が無事完了した場合には、銀行振込による融資実行または自動契約機によるキャッシングカード発行→提携ATMでの融資実行の2通りを選択する事が可能です。

急いでキャッシングカードが欲しいというのであれば、スマホ申込→自動契約機でのカード受取が一番早いのですが、とりあえず融資が先でカードは後日で良いというのであれば、カードは後日郵送で送られてくる事になります。

スポンサードリンク

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA