信用情報に異動が登録される場合と削除する方法とは

スポンサードリンク

審査において信用情報に異動が登録されていると致命的です

キャッシング審査では、個人信用情報機関に
登録されている信用情報の中身が

とても重要になりますので、

 

あなたが現在審査で困っているのであれば、
何を差し置いてでも信用情報の開示請求を
行った方が良いです。

 

 

ただ、個人信用情報機関から開示報告書が届いたら、
真っ先に確認して欲しい箇所があり、

 

そこはお支払い状況の返済状況欄(CICの場合)
になりますが、ここに異動という文字が登録
されている場合には、

 

しばらく審査に通る事が非常に
難しくなってしまうのです。

 

 

ちなみに、この「しばらく」とは
その事実が発生してから

おおよそ5年程度になりますが、

5年程度も審査に通らないと困ってしまいます。

スポンサードリンク

返済状況に異動が登録される場合とは?

この異動ですが、まずは支払い状況が
どのような状態になった時に登録されるのか?

について説明します。

 

返済日より61日以上または3ヶ月以上の
支払いの遅れ(延滞)があるもの、あったもの。

 

お客様に代わって保証会社が返済したもの。
裁判所が破産を宣告(破産手続開始が決定)したもの。

引用元:CIC

 

これは、CICのサイトより引用したものですが、
中でも61日以上または3ヶ月以上延滞した場合
というところに注目ですね。

 

というのも、お客様に代わって保証会社が
返済したものや、破産宣告などは

誰が見ても重大な延滞事由になります。

 

スポンサードリンク

ちなみに、この61日以上または3
ヶ月以上の延滞ですが、

 

61日以上=2ヶ月以上となり3ヶ月以上とは
1ヶ月の差がありますが、どの時点で信用情報に

異動と登録するのかは、各金融機関の判断によります。

 

 

つまり、異動が2ヶ月以上の延滞で登録されるのか
3ヶ月以上の延滞で登録されるのかは、

 

実際に信用情報の開示請求を
行ってみないと分からないのです。

 

もっとも、延滞が2ヶ月以上続いたとなると、
これはかなり重要な延滞になると考えられますので、

 

これ以上の延滞は異動が登録される
可能性が高いと思っていた方が良いかと思います。

スポンサードリンク

返済状況に異動が登録されるとどうなる?

ここが、当記事における一番の肝となる部分ですが、
延滞が2ヶ月以上や3ヶ月以上も続いている方を
金融機関としては信用する事が出来ません。

 

クレジットカードやキャッシング、カードローン
などの金融商品は、基本的に顧客と金融機関との
信用契約によって成り立っていますので、

 

この信用が崩れてしまっては顧客との
信用契約を結ぶことは出来ないのです。

 

 

もっとも普通であればクレジットカードや
キャッシング、カードローンの債務は

 

期日までにきちんと返済する義務がありますので、
百歩譲って多少の延滞ならともかく2ヶ月も3ヶ月も

 

延滞するという事は、顧客が何か重要な
問題を抱えている可能性が高いと思われますよね?

 

 

支払いに関して何かしらの重要な問題を
抱えている顧客=利用者を各種審査に通してしまっては、

 

今後さらなる重大な延滞や金融事故を
起こす可能性が非常に高くなると予測されます。

 

スポンサードリンク

そのような事態になってしまっては、
信用契約を結んでいる金融機関が

 

大きな損失を出してしまう事にもなりかねませんので、
そうならないためにもそういった重大な延滞が

発生した場合には信用情報に異動と登録するのです。

 

つまり、申込者の信用情報に異動(重大な延滞情報)が
登録されていた場合には、申込のあった金融機関では

 

申込者が過去及び現在において重大な
延滞を起こしていると分かりますので、

 

結果審査に通らない可能性が
非常に高くなってしまうのです。

 

このような事から、クレジットカード審査や
キャッシング審査業界(?)では信用情報に

 

異動が登録されていると審査に通らない
可能性が非常に高くなってしまうと

言われているのです。

スポンサードリンク

信用情報から異動を削除する方法

信用情報の異動は「金融事故情報」=「ブラック情報」に
なりますので、ネット上ではブラック情報を消します

などというキャッチフレーズで怪しいサイトや
ブログがいくつか存在しています。

 

ただ、信用情報の異動情報を削除する事が
出来るのは異動情報を登録した金融機関でしか

行う事が出来ないのです。

 

もちろん、他の情報(個人情報や支払い情報など)も
登録した金融機関しか修正や削除をする事が出来ません。

 

あくまで個人信用情報機関では、加盟している
金融機関が登録した信用情報を管理しているだけであって、

 

個人信用情報機関が信用情報の修正や
削除をする事は出来ないのです。

スポンサードリンク

 

つまり、信用情報に登録されている異動情報が
間違いでは無い場合には、基本的に登録期間内に
削除する事は出来ませんので、

 

そういった怪しい情報には
引っ掛からないようにして下さい。

 

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA