海外でキャッシングをする時の注意点

スポンサードリンク

キャッシングを海外で行うためにするべき事とは?

これは当然ですが、海外では日本円を使う事が出来ません。そのため、私たちが海外に出掛ける際にはあらかじめ現地通貨に両替、または現地で両替するなどの方法によって現地通貨を手に入れる事になります。

ただ、場合によっては用意した現地通貨が足りなくなってしまう事もあるため、こんな時には海外でキャッシングを行いたいと考えるかも知れません。

そんな時に、あらかじめ海外でのキャッシング方法を覚えておけば、いざとなった時にも安心ですよね?そこで、今回の記事ではキャッシングを海外で行うための方法について説明します。

スポンサードリンク

海外では消費者金融のキャッシングは使えません

多分これは、今更説明の必要が無いかも知れませんが、海外のATMに日本の消費者金融のキャッシングカードを入れても取扱不可で帰って来るだけです。

というのも、日本の消費者金融は海外の金融機関と提携していないため、消費者金融のキャッシングカードが使えないというのも、ごく当たり前と言えます。

海外ではクレジットカードのキャッシングが有効です

消費者金融のキャッシングがダメでも海外でキャッシングを利用する事は可能です。それは、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのです。

もっとも、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2通りの枠が設定されており、このキャッシング枠を使う事によって日本国内はもとより海外の提携ATMからお金を借りる事が出来るのです。

そのため、海外ではクレジットカードのキャッシング枠を使ってキャッシングを行う事が可能です。

スポンサードリンク

海外でクレジットカードのキャッシングを利用するにあたっての注意点とは?

海外でキャッシングの利用が可能なクレジットカードのキャッシング枠ですが、
利用するにあたってはいくつか注意する点がありますので、ここで説明します。

1.そもそも海外でのキャッシングに対応しているのか?
基本的に、クレジットカードにはキャッシング枠が付いていますが、
このキャッシング枠が海外で使えるのか否か?については
あらかじめカード会社に確認しておく必要があります。

また、カード会社へ確認する際には、海外での利用手数料や
利用限度額などもあわせて確認しておいた方が良いです。

2.海外ATMには1日の引き出し制限があります
これは日本のATMにもありますが、海外ATMにも
1日の引き出し可能金額が設定されています。

ただ、1日にどのくらいの引き出しが可能なのか?
については現地の金融機関が設定しているため、

実際の引き出し可能金額は現地に行ってみないと分かりません。

そのため、1日の引き出し可能金額内に収まるように、
あらかじめ多めの現地通貨を用意しておく必要があります。

3.盗難被害に注意して下さい
海外では、日本人=お金持ちのイメージがあるため、
日本人が海外ATMを利用していると、

現地の人から目を付けられる可能性があり、
その結果クレジットカードの盗難に遭う可能性があります。

そのため、海外ではカードの盗難に遭わないように、
現地ATMを利用する際には周辺の人には十分気を付ける必要があります。

私はアメリカに行った時に、クレジットカードのキャッシングをしましたが
ATMの操作がわからずに、近くにいた黒人の守衛サンに聞いてしまいました^^;

その方は「そういうのは自分でなんとかしてくれ」といって
逆に気を使ってくださいました。

結局、電子辞書を見ながら数分格闘しましたが、
なんとか引き出すことができました。

必死になればなんとかなりますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA