複数の消費者金融から借り入れる時の注意点と賢い返済方法

スポンサードリンク

複数の消費者金融からの借入について

現在、日本の大手消費者金融のキャッシングでは、その最高利用限度額は500万円程度に設定されているところが多くなっています。利用限度額500万円、この数字だけを見れば消費者金融での借入は1社のみで十分賄えるように思われますよね?

ただ、消費者金融のキャッシングを利用するためには、最初にして最大の難関の審査に通る必要がありますので、審査に落ちれば利用する事が出来ませんし、また審査に通過したとしても最初から利用限度額が500万円になるという事はまずありません。

ですので、1社での利用限度額が少ない場合には、2社目、3社目と借入先を増やしながら借入金額を増やしていく事になりますが、事はそう簡単には運ばない可能性があるのです。

スポンサードリンク

消費者金融には総量規制があります

当サイトで何度か説明してきましたが、消費者金融は貸金業法によって規制されていますので、消費者金融からの借入には常に総量規制を意識する必要があります。

■借入金総額→年収の3分の1
この借入限度額は、消費者金融1社の借入金額ではなく、消費者金融や信販系金融会社など、貸金業法によって規制されている金融会社からの借入合計金額になります。

■限度額50万円超→収入証明書提出
50万円超の限度額申請や総量規制の範囲を上回る借入を申請した場合は、収入証明書(源泉徴収票・給与明細・確定申告書等)の提出が必要になります。

ちなみに、これが銀行カードローンの場合には、総量規制の対象外になっていますので、収入証明書の提出も200~300万円までは不要という会社もあります。

スポンサードリンク

複数の消費者金融からのキャッシング

申込者の属性や信用情報、さらには年収などによっては、1社からの借入が20~30万円程度になる可能性がありますので、もう少しお金が必要な方は2社目を探すことになります。

ただ、消費者金融のキャッシング審査では複数の借りれ先があると審査で不利になる可能性があるため、あまり複数の消費者金融からの借入は得策とは言えませんので、こういった場合には、1社目の消費者金融へ限度額の増額申請を行った方が良いのです。

しかし、この増額の際にも審査がありますので中々思うような借入が出来ない可能性がありますので、増額審査に落ちた場合には2社目を探した方が良いかも知れません。

そして、2社目に申し込む際には、1社目の利用状況はもちろん総量規制の範囲内なのかも確認してから申し込んだ方が良いでしょう。申し込む前にいろいろとチェックしておかないと、その申込自体が無駄になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

スポンサードリンク

複数の消費者金融からの借入は多重債務の危険があります

現在キャッシングを利用している方の中には、1社ではなく複数の消費者金融と契約をしてキャッシングを利用している方がいるようです。

もっとも、1社からの借入限度額が多い方であればわざわざ複数の消費者金融と契約をして借入をしなくても特に問題は無いように思えますので、複数の消費者金融と契約、利用している方は多重債務の危険が高まるため注意が必要になります。

ちなみに、この多重債務ですが、複数の金融会社から借金を繰り返して、その結果どの借金も返済不能に陥る事を言います。そして、この多重債務に陥ってしまうと、そこから抜け出すことはなかなか難しくなってしまうのが現状なので、そうなる前に何か対処する必要があるのです。

スポンサードリンク

複数の消費者金融への賢い返済方法

ここからは、多重債務にならないための、複数の消費者金融への賢い返済方法について説明します。

1.返済期日お知らせメールの活用

キャッシングの利用代金の返済が遅れてしまうと、金融会社から督促の電話が入る事になります。この督促の電話はあまり良いものではありませんので、そうなる前にしっかりと対処する必要があります。

その対処方法としては、現在多くの消費者金融で導入されている返済期日お知らせメールを活用する事です。

この返済期日お知らせメールとは、毎月の返済日間近になったら消費者金融から登録されたメールアドレス宛に、今月の支払日は〇日ですといった内容のメールが届くシステムの事で、消費者金融に登録すれば利用する事が可能です。

2.返済は口座振替を利用する

毎月の返済日忘れを防ぐにあたって一番効果的なのが、口座振替による自動口座引き落としになります。ただ、口座振替の場合には消費者金融からの引き落とし履歴が通帳に残ってしまいますので、通帳に残るのが嫌だという方は提携ATMでの返済をお勧めします。

提携ATMでの返済では、消費者金融のキャッシングを利用しているという履歴は残りませんが、返済日忘れの可能性がありますので、毎月の返済日までにはきちんと支払う必要があります。

3.借入先を減らす

多重債務への近道となるのが、現在複数の消費者金融からの借入になります。ですので、現在複数の消費者金融からの借入がある場合には、なるべく借入先を減らすことを考えて下さい。そして、この借入先を減らすことに役立つ方法が、おまとめローンの活用になります。

おまとめローンとは、その名の通り複数の借入先を1つにまとめるローンの事ですが、このおまとめローンを活用する事が出来れば複数の借入先を減らすことが可能になります。

ただ、おまとめローンは誰でも利用する事が出来るという金融商品ではありませんので、おまとめローンの利用を考えている方は利用条件を満たす必要があります。

スポンサードリンク

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA