クレカキャッシング枠の確認方法と消費者金融のキャッシングを比較した

スポンサードリンク

キャッシング枠の確認は行った方が良いです

消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠には、審査の際にあらかじめ決められた利用限度額が設定されており、この利用限度額の範囲内であれば何度でも利用する事が可能となっています。

利用限度額の範囲内での利用が可能となっていますので、キャッシング枠を利用する際にはあらかじめ現在の利用残高がどの程度残っているのか?について確認しておく必要があります。

ちなみに、この利用限度額の確認を行わないまま提携ATMで借り入れを行おうとしたら、残高不足で借り入れ出来なかったという経験をした人もいるのではないでしょうか?

特に、急な出費でお金が必要になった時、残高不足で借り入れが出来なかったという事態になってしまうと、とても困ると思いますので、今回の記事ではキャッシング枠の確認方法について説明します。

スポンサードリンク

キャッシング枠の確認方法について

ここからは、いくつかあるキャッシング枠の確認方法について説明します。

1.金融会社のマイページ内で確認する
消費者金融のキャッシング審査やクレジットカード審査に通ると、消費者金融やクレジットカード会社からカードと一緒に自社サイト内のマイページへの案内が記載された書類が届きます。(マイページが無い場合には届きません)

そして、このマイページでは毎月のカード利用状況や利用者の登録情報、さらにはカードの利用残高などの情報を確認する事が可能となっていますので、キャッシング枠の利用残高をこのマイページ内で確認する事が可能です。(対応している金融会社のみ)

そして、あらかじめこのマイページでキャッシング枠の利用残高を確認しておけば、現在の利用残高がどのくらいあるのかを把握する事が出来る=今後の利用計画を立てる事が可能になります。

2.金融会社の専用ダイヤルに電話して確認する
マイページにてキャッシング枠の利用残高の確認ができなかった場合には、金融会社の専用ダイヤルに電話をして現在の利用残高や利用可能額の確認を行う事が可能です。

そして、この場合には、電話の自動音声によって案内される事が多いため、金融会社のオペレーターと会話せずに利用残高の確認が可能です。

3.提携ATMの残高照会で確認する
事前にキャッシング枠の利用残高の確認ができなかった場合には、キャッシング利用当日に提携ATMにてキャッシング枠の利用可能額の確認が可能です。

ただ、この場合にはキャッシング当日の確認になるため、思っていたより利用可能額が少ない可能性があるため注意が必要です。

スポンサードリンク

クレカキャッシングと消費者金融キャッシングは微妙に違います

銀行が提供しているカードローンを除けば、私たちがお金に困った時、気軽に利用することが可能な金融商品は消費者金融が提供しているキャッシングと、クレジットカード会社が提供しているカードに付随しているキャッシングの2通りになります。

そして、この消費者金融のキャッシングとクレジットカードのキャッシングですが、どちらもキャッシングには変わりありませんが、キャッシング審査の段階から利用限度額など、この両者を比較すると細かい部分ではいろいろと違いがあるのです。

さらに、返済方法や年会費の有無など、私たちがこれらキャッシングを利用するにあたってその違いを押さえておかないと、利用後にあっちのキャッシングの方が良かったというような事態が起こりかねません。

そこで、今回の記事では、クレカキャッシングと消費者金融キャッシングの比較について説明します。

スポンサードリンク

 

 

クレカキャッシングと消費者金融キャッシングの比較

ここでは、クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングについて、簡単な比較表を掲載しておきます。

名称 クレジットカード 消費者金融
利用限度額  10万円~50万円程度 10万円~500万円程度
上限金利  18% 18%
返済方法  一括・リボ払い(口座引落) 一括・リボ払い(振込や口座引落など)
審査 必要 必要
即日融資 可能 可能
年会費 カードによって有料・無料がある 無料

 

スポンサードリンク

クレジットカードのキャッシング枠のについて

クレジットカードのキャッシングですが、これはカード審査申込時にキャッシング枠を設定するのか否か?についての選択を行う事が可能であり、利用するを選択した場合には審査に通ればクレカでキャッシングを行う事が可能です。

また、審査申込時にキャッシング枠の設定をしなかった場合でも、後日キャッシング枠の設定を申し込む事が可能で、審査に通過すればキャッシングを利用する事が可能です。

※クレジットカードの利用限度額

利用限度額=ショッピング枠の限度額+キャッシング枠の利用限度額

なお、クレジットカードの限度額はショッピング枠とキャッシング枠両方での合計額になるため、すでにショッピング枠での利用金額が多い場合には、例えキャッシング枠の利用限度額が残っていたとしても限度額一杯までキャッシングを利用する事は出来ませんので注意が必要です。

これに対して、消費者金融のキャッシングは当たり前ですが最初からキャッシング枠が付いており、その利用限度額もクレカのキャッシングよりも多くなっているため、使いやすさという点においては消費者金融のキャッシングの方が良いです。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA