キャッシングの利息を減らす方法がこちら

スポンサードリンク

利息はなるべく減らした方が良いですよね?

私たちがキャッシングを利用する際には、金融機関へ毎月利息を支払って借りる事になります。まあ、お金を借りるのであればそれに掛かる利息を支払う事は当然だと思います。

ただ、私たちはお金に困ってお金を借りていますので、元金以外の利息はなるべく少ない方が良いに超した事はありませんよね?

ですので、キャッシングを利用する場合には、元金に掛かる利息も考慮した上でどの金融商品を利用するのかを決める必要があるのです。

しかし、あなたはそうは言ってもキャッシングの金利って、どこも似たようなものばかりと思っているかも知れませんので、今回の記事ではキャッシングの利息を減らす方法について説明します。

毎月支払う利息は少ないに超した事は無いのですから、是非利息を減らす方法を実践していただければと思います。

スポンサードリンク

キャッシングの返済例

支払利息を減らす方法を説明する前に、比較対象が無いと比較が出来ませんので、キャッシングの返済方法について簡単に説明しますね。

借入額:10万円
金利:18%
返済方式:元利定額リボルビング
毎月の返済額:1万円

下記の一覧表は、この条件で「支払回数」、「毎月返済額」、「利息」、「元金充当額」、「残高」別にまとめたものになります。

支払回数 毎月返済額 利息 元金充当額 残高
初回 10,000円 1,479円 8,521円 91,479円
2回目 10,000円 1,353円 8,647円 82,832円
3回目 10,000円 1,225円 8,775円 74,057円
4回目 10,000円 1,095円 8,905円 65,152円
5回目 10,000円 963円 9,037円 56,115円
6回目 10,000円 830円 9,170円 46,945円
7回目 10,000円 694円 9,306円 37,639円
8回目 10,000円 556円 9,444円 28,195円
9回目 10,000円 417円 9,583円 18,612円
10回目 10,000円 275円 9,725円 8,887円
11回目 9,018円 131円 8,887円 0円

合計 109,018円 (利息:9,018円)

スポンサードリンク

繰り上げ返済を利用する

先程のキャッシング返済例を見ていただければ分かりますが、利息は借入残高に対して掛けられている事が分かりますよね?という事は、借入残高が少なければ少ないほどそれに掛かる利息も減るという事になります。

つまり、借入残高を減らす事=利息を減らす事につながりますので、少しお金に余裕が出てきたら繰り上げ返済を利用して債務残高を減ら事が結果利息を減らす事につながるのです。

例えば、先程も使った例で2回目に繰り上げ返済2万円を入れた場合の利息を計算してみましょう。

借入額:10万円
金利:18%
返済方式:元利定額リボルビング
毎月の返済額:1万円

下記の一覧表は、2回目に繰り上げ返済2万円を入れた条件で「支払回数」、「毎月返済額」、「利息」、「元金充当額」、「残高」別にまとめたものになります。

支払回数 毎月返済額 利息 元金充当額 残高
初回 10,000円 1,479円 8,521円 91,479円
2回目 30,000円 1,353円 28,647円 62,832円
3回目 10,000円 929円 9,071円 53,761円
4回目 10,000円 795円 9,205円 44,556円
5回目 10,000円 659円 9,341円 35,215円
6回目 10,000円 520円 9,480円 25,735円
7回目 10,000円 380円 9,620円 16,115円
8回目 10,000円 238円 9,762円 6,353円
9回目 6,446円 93円 6,353円 0円
10回目
11回目

合計 106,446円(利息: 6,446円)

そして、この繰り上げ返済を行った場合と、繰り上げ返済を行わなかった場合を比べると

返済額の合計 109,018円-106,446円=2,572円

つまり、2,572円の利息を節約する事が可能になってくるのです。さらに、支払い回数も11回-9回=2回分短くなっています。

さらに、繰り上げ返済の金額が大きければ大きいほど支払い回数と元金に掛かる利息は減ってきますので、お金に少し余裕が出来たら繰り上げ返済を使って利息を減らせるという事を頭の中に入れておいていただければと思います。

スポンサードリンク

低金利カードローンの利用

低金利カードローンを使えば、毎月の利息を減らせるのは当然ですが、それではどのくらい利息を減らす事が出来るのか?について下記の条件で見てみましょう。

借入額:10万円
金利:14%
返済方式:元利定額リボルビング
毎月の返済額:1万円

支払回数 毎月返済額 利 息 元金充当額 残 高
初回 10,000円 1,150円 8,850円 91,150円
2回目 10,000円 1,048円 8,952円 82,198円
3回目 10,000円 945円 9,055円 73,143円
4回目 10,000円 841円 9,159円 63,984円
5回目 10,000円 736円 9,264円 54,720円
6回目 10,000円 629円 9,371円 45,349円
7回目 10,000円 521円 9,479円 35,870円
8回目 10,000円 412円 9,588円 26,282円
9回目 10,000円 302円 9,698円 16,584円
10回目 10,000円 190円 9,810円 6,774円
11回目 6,851円 77円 6774円 0円

合計 106,851円(利息 6,851円)

そして、金利14%のカードローンを使った場合と、金利18%のカードローンを使った場合を比べると

返済額の合計 109,018円-106,851円=2,167円

つまり、2,167円の利息を節約する事が可能になってくるんですよね。もっとも、低金利のカードローンを使うためには審査に通る必要がありますので、この審査が最初にして最大の難関になる事は言うまでもありません。

ただ、低金利のカードローン審査に通ってしまえば毎月の利息を減らす事が可能になりますので、キャッシングで支払い実績を作りつつ属性情報や信用情報を整えてカードローン審査に申し込む事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA