キャッシングの審査に通過する方法がこちら

スポンサードリンク

キャッシング審査に通るためには事前準備が必要になります

今日、何気なくインターネットの検索キーワードを調べていたら、キャッシング審査通過 出来るという、現在キャッシング審査に通らないもしくは困っている人が検索しているであろうキーワードが出てきました。

確かに、金融機関からお金を借りたい方は消費者金融系や信販系のキャッシング(クレジットカードに付随しているキャッシング機能)か銀行のカードローンを利用する事が便利になります。

ただ、このキーワードで検索してきているあなたは、信販系のキャッシングや銀行カードローンでは無く、消費者金融系のキャッシング審査に通過したいと考えていると思います。

その理由として、これら金融機関の中で一番身近で借りやすい金融商品が消費者金融系のキャッシングになるからです。

ですので、このキーワードで検索しているあなたは、キャッシング審査に通過出来る方法を探して1日でも早くお金を借りたいと考えていると思いますので、今回の記事で説明します。

スポンサードリンク

キャッシング審査に通過出来る方法の前に

インターネットの検索キーワード、キャッシング審査通過 出来るで直接当記事にきたあなたは、当研究所の他の記事を読んでいないかも知れませんので、ここでキャッシング審査について重要な事を話しておきます。

それは、キャッシング審査には絶対や100%、確実という概念は存在しないという事です。詳細は下記の記事を読んでいただければ分かりますが、審査の合否は実際に申し込んでみないと分からないのです。

ただ、これもはっきりと言っておきますが、キャッシング審査に絶対や100%はありませんが、申込前の対策(事前準備)をきちんと行っていれば審査に通過する事は十分可能になります。

ですので、あなたがキャッシング審査に通過したいのであれば、まずはこれから説明する審査前の対策をしっかりと行った上で審査に申し込む事をお勧めします。何事でもそうですが、右も左も分からず突き進んでもあまり良い結果は付いてこないのです。

スポンサードリンク

審査に通過するためには事前の対策が重要

ここからは、キャッシング審査に100%や絶対はないものの、事前の対策次第では審査に通過する事が十分可能だという観点から、審査前に行うべき事前対策について説明します。

属性情報の面から

■年収が審査基準に達しているかの確認

キャッシング審査では今後の支払い見込みを予測するために現在の年収が重要な役割を果たしますので、現在の年収が300万円以上、最低でも200万円以上あるのか?確認して下さい。

そして、ここで言う年収には、毎月の税込みの給料はもちろんですが、年金や不動産の賃貸収入、個人事業の事業所得になります。ちなみに、副業で得た収入は毎月の安定した収入には含まれないため、年収には含まれませんので注意が必要です。

■勤続年数の審査基準に達しているのかの確認

この勤続年数もキャッシング審査では重要な役割を持っていますので、3年以上、最低でも1年以上の勤続年数があるのか?確認して下さい。

また、雇用形態がパートやアルバイトだからと言う理由で審査に通らない可能性は低いのですが、さらに勤続年数が半年以下の場合には審査に通らない可能性が高くなりますので、パートやアルバイトの方は最低でも半年以上勤務してから審査に申し込んで下さい。

■居住年数の審査基準に達しているのかの確認

この居住年数ですが、あまりに短期間での転居が続いていると万が一の時に連絡が付かない=審査で不利になる可能性がありますので、最低でも1年以上が欲しいところです。

スポンサードリンク

信用情報の面から

もしあたなが、先程の属性情報面での審査基準をクリアしているにも関わらずキャッシング審査に通らないという事であれば、属性よりも信用情報に問題を抱えている可能性がありますので、まずは個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行って下記の項目についてチェックして下さい。

■他社借入件数が2件以内

キャッシング審査申込時に、すでに他社借入件数が3件以上あると一部の金融機関を除いて審査に通らない可能性が高くなりますので、現在の他社借入が3件以上ある場合には2件以内にしてから審査に申し込む事をお勧めします。

■他社借入総額が年収の1/4以下

キャッシングは貸金業法による総量規制の制限を受けますので、他社借入総額が年収の1/5以下になっているのが望ましいのですが、最低でも1/4以下に抑えておいた方が良いです。

というのも、現在の他社借入総額がすでに年収の1/3になっていたら、いくら総量規制の範囲内とはいえ新たな借入が出来ないからです。

■過去1ヶ月間での申込情報が2件以内

キャッシング審査では、短期間での複数申し込みを嫌う傾向がありますので、過去1ヶ月間での申込件数は2件以内に抑えて下さい。そして3件以上ある場合には、少し間を置いてから審査に申し込む事をお勧めします。

■良好なクレヒスが登録されているのか?

キャッシング審査では、金融商品利用に関して全く利用履歴(クレヒス)の無い方よりも過去に、それも良好なクレヒスがある方が有利になりますので、良好なクレヒスが登録されていない方は良好なクレヒスを積み重ねてから審査に申し込む事をお勧めします。

っと、ここまでキャッシング審査に通過出来る方法というか、通過するために行うべき対策について説明してきました。

もちろん、ここで説明した事前対策を実行したからと言って、キャッシング審査に必ず通るという約束は出来ませんが、少なくても何も対策を行わない場合と比べれば格段に審査に通る可能性は高くなります。

ですので、あなたがもし現在審査に通らない、困っているというのであれば、ここで説明してきた事を是非実践していただければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA