キャッシングの返済方法あれこれ

スポンサードリンク

キャッシングの返済方法にもいろいろあります

キャッシング審査に通らなくて困っている方が、事前対策をして審査に通って金融機関からお金を借り入れる事が出来た場合、毎月金融機関へキャッシング利用代金の支払いを行う必要があります。

そして、この支払いは毎月延滞なくきちんと行わないと、今後新たな借入が出来なくなる、契約を解除される、今後キャッシング審査に通らなくなるなど、いろいろな面で不利になる可能性が高くなります。

ですので、キャッシングでは、今後の支払いをきちんと行っていけるよう計画的に利用する必要がありますが、実はキャッシングの支払い方法にはいくつかの方法があるのです。

そして、この支払い方法によって今後の毎月の支払額や支払い総額などが変わってくることが多々ありますので、今回の記事ではキャッシングの支払い方法について説明します。

スポンサードリンク

キャッシングの返済方法の一覧

■翌月一括払い

これは読んで字のごとく、キャッシング利用月の翌月に元金と利息を一緒に支払う方法になります。

例えば、

借入額:10万円
金利:18%
利用日数:30日

という条件の場合、30日間の利用では

10万円×18%÷365日×30日=1,479円(利息)

となり、利息が1,479円なので30日後の支払い金額は

10万円(元金)+1,479円=101,479円

となります。そして、キャッシングでは無利息期間内に返済する方法を除けば、この翌月一括支払いが一番利息を節約する方法になります。

スポンサードリンク

■元利定額リボルビング払い

この元利定額リボルビング払いですが、金融機関によっては残高スライド元利均等返済方式という名称で呼ばれている支払い方法になります。そして、この元利定額リボルビング払いですが、毎月の利用残高に応じて毎月一定額(元金と利息)を支払っていく方法になります。

例えば、

借入額:10万円
金利:18%
返済方式:元利定額リボルビング
毎月の返済額:1万円

という条件の場合、1回目の支払額は10,000円ですがその中で元金に充当される額や支払後残高は

10万円×18%÷365日×30日=1,479円(利息)

となり、利息が1,479円なので

10,000円(毎月の返済額)-1,479円(利息)=8,521円(元金充当額)

となり、結果

100,000円(元金残高)-8,521円(元金充当額)=91,479円(支払後残高)

になります。そして、2回目の元金充当額や支払後残高は

91,479円(元金残高)×18%÷365日×30日=1,353円(利息)

となり、利息が1,353円なので、

10,000円(毎月の返済額)-1,353円(利息)=8,647円(元金充当額)

となり、結果

91,479円(元金残高)-8,647円(元金充当額)=82,832円(支払後残高)

になります。その後の毎月の利息と元金充当額、元金残高は下記の一覧表にまとめてあります。

支払回数 毎月返済額   利息 元金充当額 残 高
– – – 100,000円
初回 10,000円 1,479円 8,521円 91,479円
2回目 10,000円 1,353円 8,647円 82,832円
3回目 10,000円 1,225円 8,775円 74,057円
4回目 10,000円 1,095円 8,905円 65,152円
5回目 10,000円 963円 9,037円 56,115円
6回目 10,000円 830円 9,170円 46,945円
7回目 10,000円 694円 9,306円 37,639円
8回目 10,000円 556円 9,444円 28,195円
9回目 10,000円 417円 9,583円 18,612円
10回目 10,000円 275円 9,725円 8,887円
11回目 9,018円  131円 8,887円 0円
合計 109,018円 9,018円 100,000円 –

スポンサードリンク

■元金定額リボルビング払い

この元金定額リボルビング払いですが、毎月決められた元金に利息を加算した金額を支払う方法になります。先程の元利定額リボルビング払いとの違いは、毎月の支払額が一定なのか否か?の違いになります。

例えば、

借入額:10万円
金利:18%
返済方式:元金定額リボルビング
毎月の返済額:1万円+利息

という条件の場合、1回目の支払額は

10万円×18%÷365日×30日=1,479円(利息)

となり、利息が1,479円なので

10,000円(毎月の返済額)+1,479円(利息)=11,479円(支払額合計)

となり、

100,000円(元金残高)-10,000円(元金充当額)=90,000円(支払後残高)

になります。そして、2回目の元金充当額や支払後残高は

90,000円(元金残高)×18%÷365日×30日=1,331円(利息)

となり、利息が1,331円なので、

10,000円(毎月の返済額)+1,353円(利息)=11,353円(支払額合計)

となり、結果

90,000円(元金残高)-10,000円(元金充当額)=80,000円(支払後残高)

になります。その後の毎月の利息と元金充当額、元金残高は下記の一覧表にまとめてあります。

支払回数 毎月返済額   利息 元金充当額 残 高
– – – 100,000円
初回 11,479円 1,479円 10,000円 90,000円
2回目 11,331円 1,331円 10,000円 80,000円
3回目 11,183円 1,183円 10,000円 70,000円
4回目 11,035円 1,035円 10,000円 60,000円
5回目 10,887円 887円 10,000円 50,000円
6回目 10,739円 739円 10,000円 40,000円
7回目 10,591円 591円 10,000円 30,000円
8回目 10,443円 443円 10,000円 20,000円
9回目 10,295円 295円 10,000円 10,000円
10回目 10,147円 147円 10,000円 0円
合計 10,8130円 8,130円 100,000円 –

スポンサードリンク

結局どの返済方法がお得なのか?

これに関して言えば、翌月一括払いが圧倒的に利息が少なくてお得になります。ただ、借入金額が多ければ多いほど翌月一括払い額も大きくなりますので、高額な借入の場合にはあまり現実的ではないかも知れません。

そうなってくると、元利定額リボルビング払いと元金定額リボルビング払いになりますが、先程の一覧表から

元利定額利息9,018円-元金定額利息8,130円=888円

つまり、借入金額10万円で金利18%で比較した場合、元金定額リボルビング払いの方が支払い回数も支払利息も少ないことが分かります。そして、これは借入金額10万円での話であって、借入金額が増えていけばいくほど利息も増える=この両者の差が大きくなります。

ただ、毎月の支払額が一定の方が良いのか?毎月の支払額が多少多くても利息が少ない方が良いのか?は人の現状によって異なりますので、あなたが希望する支払い方法を採用しているキャッシングを利用していただければと思います。

スポンサードリンク

  





スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA