文在寅が大統領になったら朝鮮統一!日韓関係という言葉が無くなる!

おっさんフォース管理人のみつーです。

 

次期韓国大統領選は大方の予想通り
文在寅(ムン・ジェイン 64)氏が当選しました。

 

文在寅と言えば、反米反日、新北新中
つまり日本の価値観とは

まったく真逆の存在です。(@_@;)

もちろん日韓合意なんて破棄。

アメリカ立会のもとでの不可逆的な
合意なんて、反米の文氏にとって

なんのクサビにもなりませんでした。

さて、
このムン氏が大統領になったら
いったい朝鮮半島はどうなるのか。

また、日韓関係はどうなるのか。

そんなの当然決まってますよ。

朝鮮半島は北主導で統一。

韓国がなくなるので
『日韓』という言葉すらなくなります(-_-;)

スポンサードリンク

文在寅が大統領になったら朝鮮統一!

文氏が大統領になったら、
おそらく金日成が提唱した

高麗連邦創設にのってくるでしょう。

詳しい記事はこちら→文氏が当選すると米軍撤退!

 

高麗連邦とは

正式な名称は「高麗民主連邦共和国」

一民族・一国家・二制度・二政府の下で
連邦制による統一を主張したもの。

もともとは、
韓国国内に共産党の結党を容認させて、
在韓米軍の撤収を求めた提案でしたが、

今までの韓国では
到底受け入れられない提案でした。

 

しかし、
北朝鮮からの長期間の工作活動
みごとに成功したため、

このたび文在寅が大統領になりました。

文在寅氏の政治思想だと十分に
合意できる提案でしょう。

朝鮮半島統一のシナリオ

高麗連邦のスローガンは、

「先統一、後同一感回復」

簡単に言うと、
まず、先に統一させて、後で国民の感想を聞いて
政府をひとつにしましょう。

と言うことです。

先に連邦を組んで、一国二制度でやって、
あとで国民投票でどちらの政府がいいか
決めましょう。

 

 

と、いうことなのですが、
北朝鮮は一枚岩なので、全国民が
金王朝をのぞむでしょう。

ひるがえって韓国は
国民の意見がバラバラです。

そんな中、ムンジェイン新派が
がっつり固まって金王朝を選べば

平和裏の国民投票により金王朝が
選ばれることになるでしょう。

スポンサードリンク

文在寅が大統領になったら日韓関係という言葉すら無くなる!

先ほど述べた通り、

朝鮮半島は平和裏の元に
統一されるでしょう。

 

まず高麗連邦を組んで、
数年ほど2制度で内政をやって

国内の報道を制限させる工作をして、
「金王朝で、いいじゃね?」

という雰囲気を作っていくでしょう。

そして平和のもと、国民投票で
金王朝が選ばれて、国名も

『大金王朝国』もしくは
『大金民主主義っぽい社会主義国』

もしくは『黒電話リンリン共産主義国

になるでしょう。

つまり日韓関係という言葉すら
なくなるでしょう。

今後は、『日黒リンリン関係』
になると思います。
(なんじゃそれ!(-_-;))

 

まとめ

韓国は残念ながら、
国が消滅するでしょう。

そういえばロシアも、
元はソビエト連邦でしたよね。

国って無くなっちゃうんですね。
(@_@;)

とは言え、

国交が断絶するわけじゃないですから、
何とか統一した暁には

拉致被害者の救出を何とか
成し遂げて欲しいです。

みつーは、そこだけが気になります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

この記事も合わせてどうぞ⇒韓国の運命を占う

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA